過去の記事一覧

  • 意外?乾杯の際にグラスをぶつけるのはマナー違反

    #グラスをぶつけるのはマナー違反?乾杯にまつわる失敗事例 社会人になると、お酒を飲む機会が増えます。友人との気軽な飲み会であるならば、マナーにもあまり気をつかう必要はないのかもしれません。しかし、社会人である以上、テー…
  • 自分の箸の反対側を使って取り分けた!これって正しい?

    #なぜ?大皿から取り分けるときに注意された…… 気を遣ってしたことが、実はマナー違反、間違っていたということはありませんか?日常生活でよくやることが、ルールに背いていたと分かったときには、思わず恥ずかしくなってしまうも…
  • お歳暮の時期を間違えて大失敗!知っておきたいマナーについて

    ☆お歳暮を早すぎるタイミングで贈ってしまった! お中元やお歳暮を選ぶ時には、いつもお世話になっている感謝の気持ちを伝えるべく好みや使い勝手について考える時間を大切にしています。カタログやインターネットから注文して先方へ…
  • 継ぎ足しはNG?意外と知らないワインのルール

    #継ぎ足ししたら怒らせてしまった! 先日、取引先の方々を招いた食事会に参加しました。参加したメンバーは歳上ばかりだったので、お客様のグラスにお酒を注ぐ役割を率先して引き受け、張り切っていました。お客様が飲むお酒の種類は…
  • 正座をするときは要注意!足がしびれて動けなくなったときは?

    #正座で多い失敗とは 日本料理などの食事で和室を使う場合は正座をすることが一般的です。その結果、足のしびれにより立てなくなることも少なくありません。正座をするときは足を折りたたむ必要があります。また、座った状態で上半身…
  • 高級レストランへ行くときは要注意!ドレスコードのポイント

    #場違いな服装のためレストランで浮いてしまった事例 彼女の誕生日祝いも兼ねて、いつもは利用しない高級な三ツ星クラスのレストランで食事をすることになりました。何を着ていけばよいか少し悩みましたが、そのままお店へ向かいまし…
  • 知ってる?食べかけの皿を下げられないためのテーブルマナー

    #食べかけの皿を下げられてしまった 家族でレストランにフランス料理を食べに行ったときのことです。上品な盛りつけのコース料理がテーブルに並べられ、盛りつけも味もとても楽しみながら食事をしていました。メインディッシュに差し…
  • 懐石料理をいただく際に知っておきたい香水のマナー

    #香水で料理の匂いが台無しに 彼氏との結婚が決まって両家の顔合わせ食事会を行うことになった場合、誰もが素敵な会場で和やかに顔合わせが進むことを期待するのではないでしょうか。しかし、食事会の会場は懐石料理を楽しめるお店な…
  • 向かい席の友人がスープ皿をひっくり返したときの対応

    #失敗の内容について 先日、大学時代の同級生4人で、久しぶりに会って話をしようということになり、都内のフレンチレストランに食事の予約を入れました。約束当日は、懐かしさもあってお店に入った直後から大いに話が盛り上がりまし…
  • 注文して大丈夫?外国人の友人との食事で気をつけたいこと

    #友人が食べられなくて気まずい空気に! 職場で外国人の同僚と友人になりました。話も弾んだので仕事のあと居酒屋に誘って一緒に夕食を取ることにしました。日本人の友人と食事をするときと同じように、彼の意見を聞かずいくつか私の…
  • フィンガーボウルって何?知っておきたい洋食のテーブルマナー

    #フィンガーボウルの水を飲んでしまった_x000d_ 初めてフランス料理を食べに行ったとき、テーブルに置かれたフィンガーボウルが何に使う物かわからずに中の水を飲んでしまいました。わからなかったとはいえ、とても恥ずかしい…
  • 立食パーティーで山盛りはNG!少量ずつ取り分けて

    #参加費分のモトはとらなきゃ!と欲張りすぎて失敗 立食パーティーでは話が盛り上がってしまい、いつも少量しか食べられないため、しばらく取りに行かなくていいように好きな料理をお皿いっぱいにのせました。特にバランスなんて気に…
  • えっ、これってヌーハラ!?外国人と麺類を食べるときのマナー

    #外国人と麺類を食べたときの失敗エピソード アメリカ人の友人が初めて日本に遊びに来たので、日本の食文化を紹介すべくラーメン屋さんへ連れて行きました。しかし、一緒にラーメンを食べていたとき、明らかに友人が驚いたような表情…
  • 連名でもらった結婚式のお祝いのお返しをまとめても大丈夫?

    ☆結婚式のお祝いのお返しに新婚旅行のお土産を配って大失敗! 1カ月前に親族のみの結婚式を海外で行いました。結婚式直前に職場の同僚6人から連名で3万円相当の商品券を結婚式のお祝いに頂きました。気心しれた同僚なので、そ…
  • 病気見舞いをいただいたのに、当人が亡くなってお返しを忘れた!

    ☆当人が亡くなってしまい、病気見舞いのお返しを忘れていた! 父が入院したことで、父の友人が病気見舞いに駆けつけてくれました。お見舞い時には体調も良く元気に過ごしていた父ですが、容体が急変し、帰らぬ人となってしまいました…
  • 宗教によって不祝儀袋の表書きが異なることを知らずに失敗

    ☆キリスト教式の葬儀で、不祝儀袋の表書きの書き方を間違えた 近所の人が亡くなり、葬儀に参列することになったのですが、キリスト教式の葬儀に出るのは初めてでした。そのため、献花のマナーなどは周囲の人に聞いて把握していたもの…
  • 日本では意外と知られていない!中華料理のターンテーブルマナー

    ♯中華料理のターンテーブルを反時計回り回転させる 得意先の中国の方と会食をする機会がありました。食事をしたのは中華料理の店で席は回転テーブルになっていました。テーブルの上に大皿が置かれ、テーブルを回転させながら順番に取…
  • 高すぎるプレゼントは重い!?喜んでほしかった気持ちが裏目に…

    ☆高価すぎるプレゼントで思わぬ反応 大学生のAさんは初めて彼氏ができたのが嬉しくて、同い年の彼氏の誕生日に20万円近くする時計をプレゼントしました。Aさんは彼の誕生日当日、喜んでくれるだろうと期待していましたが、彼の表…
  • 誕生日プレゼントを宅急便で贈って失敗!

    ☆誕生日プレゼントを宅急便で発送 親しくしている友人の誕生日に、誕生日プレゼントを宅急便で発送しました。直接行けない距離ではなかったのですが、仕事で当日渡しに行くことができないと思ったからです。誕生日に曜日指定をして発…
  • 目上の人に靴下を贈るのは失礼!その理由と対策

    ♯お世話になっている上司への贈り物として靴下を選択 日頃お世話になっている職場の上司が転勤することになりました。転勤先は北国です。そこで、足もとから暖かくなるようにと靴下を贈ろうとしました。ところが、そのことを祖母に話…
  • 新築祝いに赤いアロマキャンドルを贈ってしまった!

    ☆新築祝いに赤いアロマキャンドル 学生時代から親しくしている友人が結婚して新居に引っ越したので、新築祝いとしてアロマキャンドルを贈りました。新居での生活が始まったのがちょうどクリスマス前だったので、夫婦で素敵なクリスマ…
  • 慶事の贈り物の数を縁起の悪い数にしてしまった

    ☆結婚式の引き出物の個数を偶数してしまい失敗 長年付き合っていた彼氏との結婚が決まり、式場やドレス選びなど結婚式の準備が始まりました。特に料理と引き出物はゲストが注目するポイントなので手は抜けません。念入りに担当者と打…
  • ナンを両手でちぎって食べたらマナー違反!?

    #ナンを手でちぎっただけなのに……なんでマナー違反なの? インド人の教授が来日した際に、友人とインド料理屋に行ったときのことです。そのお店の名物であるカレーとナンを注文し、両手でナンをちぎり、カレーをすくって3人で美味…
  • 口の中に魚の骨が入ったが懐紙を持っていない

    #会食中に魚の骨が口に入ってしまった 取引先との会食があり、上司と2人で高級料亭に向かいました。料亭では魚の焼き物が用意されていましたが、細かい骨が多く、箸ですべて取りきることができませんでした。食べ進むうちに取りきれ…
  • 不祝儀袋をふくさで包まずに持って行った時の失敗例

    ☆ふくさを用意しなかったばかりに恥ずかしい目にあった失敗例 勤務先の同僚の親族が亡くなったため、他の同僚とともに葬儀へ参列した時の話です。香典の金額については一緒に参列した同僚と事前に打ち合わせてしており、5,000円…
  • 喪中の叔父に古希のお祝いで新茶を贈ってしまった!

    ☆叔父に古希のお祝いとして新茶を送付 春先に1年間の海外赴任を終えて、静岡にある本社に帰任しました。赴任前に立ち寄った都内在住の叔父が、「来年は古希を迎える」と話していたことをふと思い出し、何かお祝いを贈ろうと思い立ち…
  • 届いてガッカリしたくない!贈り物には二重包装が必須な理由

    ☆予想外のトラブルで贈り物が台無しに! 友人への誕生日プレゼントに箱詰めのお菓子を購入しました。化粧箱には綺麗な絵がプリントされていて、中身だけでなく箱もプレゼントの一部として考えていました。以前、友人がこの箱の絵を気…
  • 小型冷暖房家電をプレゼントする際の注意点

    ☆安物の冷暖房器具には要注意 家電をプレゼントとして送る人が増えていますが、冷暖房器具をプレゼントする際は注意が必要です。例えば、小型の扇風機や足元におけるファンヒーターなど、近年ではプレゼントとして最適な小型の冷暖房…
  • 失敗例から学ぼう!香典返しにお礼状は送るべからず

    ☆香典返しへのお礼状を書いてしまった失敗例 直属の上司の奥様が亡くなってお葬式に行ったところ、しばらくしてから香典返しにオーガニックタオルのギフトをいただきました。それが素敵な品だったことと、やはり上司から贈り物をいた…
  • ご祝儀をいれるふくさの包み方を左右逆にしてしまった!

    ☆ふくさの包み方によって、祝儀・不祝儀が変わる? 友人の結婚式に参加することが始めてだったので、これまで結婚式に行ったことがある別の友人に話を聞いてご祝儀袋を用意しました。ご祝儀袋にいれる金額の相場やふくさで包むという…
  • 水引には種類があった!?祝儀袋で失敗!

    ☆友人の結婚式、知らずに失礼なことをしていた! 友人の結婚式に招待されたのですが、結婚式の出席が初めてだったので「一生に一度のお祝いだから、祝儀袋は可愛らしく印象に残るデザインのものにしよう!」と、華やかな花柄の封筒に…
  • 友人の出産祝いは、みんなで相談してから贈ろう

    ☆出産祝いの失敗事例_x000D_ 友人に赤ちゃんが生まれたので、出産祝いのプレゼントはどんなものにしたらよいかと悩み、インターネットで情報収集をしました。そして、当時流行していた育児グッズとベビー服を選んでプレゼント…
  • 親しい友人の葬儀、弔意を示すため供花を贈ったものの…

    ☆親しい友人のためと思い贈ったものの… 親しい友人が亡くなり、弔意を表すために供花を贈ることにしました。葬儀に間に合わせなければいけないと焦っていたこともあり、事前相談などはせずに、個人で手配をして贈ったのですが、会場…
  • 婚約を解消したけれど、もらった結婚祝いや金品はどうする?

    ☆実際にあった失敗事例 同じ職場で知り合い、5年ほど付き合って婚約した男性がいました。しかし、実は過去に婚姻歴があるということを彼の知人から聞き、今まで黙っていた彼を信じることができなくなり、婚約を解消することにしまし…
  • 亡くなった家族宛にお中元が届いた…どうすればいい?

    ☆亡くなったご主人の元同僚からお中元が届いた…! 贈り物で気まずい思いをしたことはありませんか。亡くなった家族宛の贈り物が届いたという事例を紹介します。2月に定年を迎えて退職したご主人が急な病気で倒れ、春に亡くなったと…
  • 紙書籍 税理士が見つけた(本当は怖い)不動産業経理の失敗事例55

    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロがポイントを解説。…
  • 紙書籍 税理士が見つけた(本当は怖い)会社設立~はじめての決算の失敗事例55

    創業期の社長は、営業や事業企画担当であるとともに、人事も庶務も法務も経理も全てに関わらなくてはならないケースがほとんど。間接業務はできるだけ手早く正確にこなしたいところです。本書で会社設立からはじめての決算までの「やって…
  • 紙書籍 税理士が見つけた(本当は怖い)相続の失敗事例55

    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや最高税率の引き上げとなり、より多くの人々が相続税の課税対象となりました。また、相続税の課税対象にならない場合も、資産が少…
  • 紙書籍 税理士が見つけた(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55

    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10作目。「飲食業経理」、「不動産業経理」に続き、業種特有の経理にスポットをあてました。基本的な経理処理から決算や経営事項審…
  • 紙書籍 社労士が見つけた!(本当は怖い)労働時間・休日・休暇の失敗事例55

    割増賃金や休憩時間・休暇の定め方、労務管理に失敗してしまうと瞬く間に社内の雰囲気が悪くなり、生産性の低下に繋がってしまいます。従業員が実力を大いに発揮できる職場を作るためにも「失敗」を知って、正しい事前準備と対応を進めま…
  • 紙書籍 税理士が見つけた(本当は怖い)医療法人設立・運営の失敗事例55

    「もしかしたら法人化した方がいいのかもしれない・・・。」確かに、節税や資金繰りの面でメリットが多い医療法人。しかし、法人化するとなるとトラブルが生じやすいのも事実!医療法人経営を正しく理解して、リスクは最小限に!実務面で…
  • 紙書籍 社労士が見つけた!(本当は怖い)採用・労働契約の失敗事例55

    採用活動の失敗は 「良い人材を採れなかった」場合だけではありません。 募集の日から、内定者以外にも、不採用者、内定辞退者、 身元保証人等多様な関係者に対応しなければな…
  • 一人医師医療法人

    私は歯科医師であり、歯科クリニックを経営しています。医療法人にすると節税面で効果的であると聞きました。しかし、医師は私1人で、とても「法人」と称するような経営はできないのではないでしょうか? 紙書籍 電子…
  • 基金拠出型医療法人

    2年前に、クリニックを医療法人にしました。法人設立の際に、5,000万円を拠出しています。 急に、1,000万円プライベートな理由で必要となり、基金拠出した5,000万円のうち、1,000万円を返金してもらいたいと社員…
  • 医療法人の社員

    今年、医療法人の設立を申請し、数ヶ月後には、設立の予定です。現在は、内科クリニックを経営していますが、クリニックの血液検査を委託している株式会社を社員として考えていましたが、専門家から、それは無理だと言われてしまいました…
  • 医療法人の社会保険

    今年になって、歯科クリニックを医療法人にしました。スタッフが3人しかいないので、法人化する以前のまま、社会保険の手続きをしませんでした。その後、医師会の会合で他の先生から「法人になった場合はスタッフ数に関係なく、社会保険…
  • 役員への資産の低額譲渡

    4年前に法人名義で購入し、現在あまり使われなくなった車を理事長個人が格安で引き取ることにしました。 しかし、専門家から「車の使用状況に関係なく、時価よりも低額で引き渡してしまうと、価格の差が個人の経済的利益になってしま…
  • 設備投資による節税対策〜資本的支出と修繕費

    医療法人で使用しているMRIのオーバーホール費用300万円をすべて修繕費として処理しました。ところが、オーバーホール費用の全額を修繕費として計上するのは問題があると税理士に指摘を受けてしまいました。…
  • 医療法人のリスクマネジメント

    最近個人のクリニックを医療法人にしました。最新の医療機器を導入、スタッフも増員し、地域に求められる医療機関としての社会的責務を果たしていこうと考えています。理事長として医師としての私の責任も増大するものと考え、今まで加入…
  • 医療法人と寄附

    法人として理事長の母校である医大に100万円の寄附をしました。これまで、その医大と法人との間に取引関係はありません。その寄附金を損金として計上しましたが、税理士に、「そもそも寄附金の損金算入要件は、事業との関連性は必要な…
  • その他医業外収入

    当クリニック内には、自動販売機が5基あります。自動販売機を置くことで、毎月数万円の販売手数料が入金されてきます。医業の収入ではないことから収入として申告をしていませんでしたが、税理士に、「たとえ月に数万円の収入とはいえ、…
  • 就業規則で社内恋愛を禁止する

    アパレル商社の人事担当をしています。イケメンの若手営業マンAと店舗スタッフBとが恋人関係になり、他のスタッフのモチベーションが下がったり、ちょっとしたトラブルになったりしているようです。痴話喧嘩でBも仕事が手につかないよ…
  • パートタイマーの就業規則がない

    小さな制作プロダクションを経営しています。当社では、パートタイマー用の就業規則をとくに作成していません。パートタイマーの労働条件は、労働条件通知書によって知らせています。先日、パートタイマーのAから「結婚したのだが、慶弔…
  • 就業規則を従業員に見せたくない

    従業員10名ほどの会社を経営しています。従業員の労働条件は、採用時に書面で渡しています。先日、新たに採用した従業員から「就業規則のコピーが欲しい」と言われました。コピーを渡さなければなりませんか。当社の就業規則は通常、金…
  • インターネットで入手したモデル就業規則をそのまま使う

    設立してまだ1年の会社の代表をしています。従業員が10名以上になったので、就業規則を作成して届け出なければならなくなりました。インターネット上で、モデル就業規則を手に入れて、少し加工しました。事業立ち上げから一緒にやって…
  • 従業員の同意なく就業規則で労働条件の変更をする

    全国に20店舗ほどを持つリサイクル店の人事担当をしています。当社の所定労働時間は1日7.5時間なのですが、店舗の営業時間を延長するのに伴って、所定労働時間を8時間に変更したいと思います。従業員の個別同意を得るのは大変なの…
  • 「賃金一律20%カット」を朝礼で伝えた

    印刷業を営んでいます。従業員は20名です。取引先の倒産もあって経営回復の見込みもなく、従業員の賃金をカットせざるを得なくなりました。来月から一律に20%カットする旨を朝礼で伝えましたが、その場でとくに異議を唱える者はいま…
  • 更新時に契約社員の契約期間を変更したかったが諦めた

    当社には1年の期間を定めて雇用している契約社員がいます。この者の契約を更新する(1回目)にあたり、今度は1年ではなく3ヶ月の契約で提示をしました。会社の状況が変化しているときで、先がわからないからです。しかし、本人は1年…
  • 「業務に支障のない副業は認めるべきだ」と従業員に言われた

    WEB製作会社の人事担当をしています。従業員Rが副業でネットショップをやっているという話を聞きました。当社の就業規則には副業禁止の旨を規定していますので、懲戒処分の対象となります。Rを呼んで真偽を確かめようとしたところ、…
  • 業務委託に切り替えた在宅スタッフがケガをした

    美容系の会社で人事担当をしています。数か月前にWEBまわりを担当している従業員のTが、在宅で仕事をしたいということだったので業務委託に切り替えました。仕事の内容としては社内でやっていたことと基本的に同じで、サイトの更新と…
  • 元請け都合の休日出勤を従業員に抗議された

    従業員5人ほどの広告制作会社を経営しています。当社の仕事の90%はA社から受注しています。最近またA社から大きな仕事が入りました。納期も短く、作業量もあることから契約社員を一人採用しました。「素材の撮影を〇日の日曜日にど…
  • 「転勤なし」の募集で採用した従業員を転勤させる

    輸入家具卸の会社で人事担当をしています。東京に本社、大阪に支社があるのですが、このたび東京の情報管理部のエンジニアRを大阪に転勤させることになりました。Rを中途採用した5年前は、エンジニアについては転勤の可能性はないと考…
  • 転籍を拒否されたので解雇する

     ITコンサルの会社を経営しています。当社で行っている事業はいくつかあり、効率化のため、その一部門を子会社化することにしました。 現在その部門に所属している従業員を転籍させることになりますが、転籍を命じた従業員4名のう…
  • 営業職として採用したが配置転換を考えている

    通信講座の企画販売をしている会社の代表です。営業職として20代のMという男性を中途採用しました。しかし、半年経っても一度も予算を達成できていません。このまま営業手当や営業の費用を支払い続けるのは妥当でないと思い、事務職へ…
  • パートタイマーから正社員に登用する際、試用期間を設ける

    病院を経営しています。3年ほどパートの看護師として勤務していたKを正社員看護師として登用することになりました。Kに対し、試用期間6か月の間は各種手当がつかないことを説明したところ、「私はすでに3年も働いてきたのですから、…
  • 正社員をパートタイマーへ契約変更しようと考えている

    不動産関連の会社を経営しています。業績不振で余剰人員を抱えることができず、今後の対応を検討しているところです。現在正社員として働いている者数名を、パートタイマーへ契約変更したいと考えています。正社員は日給月給制で1日8時…
  • ギャラを1割上乗せして従業員を請負契約へ切り替えようと考えている

    精密機器メーカーの人事担当をしています。調子のいいときに一気に組織を拡大したのですが、ここのところ売上が落ち込み、厳しくなってきています。そこで、社員を請負契約に切り替えることを検討しています。請負ならば、労働基準法にし…
  • 従業員が出向先でメンタルヘルス不全になった

    通信系の会社で人事担当をしています。当社では従業員を数名、関連会社に出向させています。そのうちの一人が、出向先でメンタルヘルス不全になってしまったようです。出向先の会社は非常に忙しく、従業員の健康に配慮するようなことはし…
  • 「私は正社員じゃないんですか?」とパートさんに言われた

    マーケティングリサーチ会社で人事担当をしています。  当社のパートタイマーRが慶弔金について聞いてきたので、「パートさんは慶弔金の規定がありませんよ」と伝えると、「私は正社員じゃないんですか?」と言います。確かにRは正…
  • 派遣社員にいろいろな仕事を頼んだ

    当社にはデータ入力業務を行う派遣社員Nがいます。営業担当の社員が、Nに対しお茶出しや後片付け、プレゼン資料のコピーを頼んだということでNから苦情がありました。契約外の仕事だというのです。営業事務の社員と同じように扱ってし…
  • 派遣社員にかれこれ3年働いてもらっている

    専門商社の人事担当をしています。当社には派遣社員が数名いて、一般事務の仕事をしてもらっています。そのうち1名は、当社に派遣されるようになってまもなく3年になります。  先日、派遣社員を長期間使用していた会社に行政指導が…
  • 派遣社員の面接を派遣会社に頼んだ

    従業員20名ほどの会社を経営しています。ベテランの事務員が家庭の事情で急に退職することになり、事務能力の高い従業員を雇う必要が出ました。退職の日が迫っていることもあり、派遣を活用することにしました。派遣会社に連絡をして、…
  • 2つの会社に所属しているが片方だけ社会保険の手続きをした

    2つの会社で代表取締役をすることになりました。社会保険は、もともと私が代表取締役をしているA社で入っています。2か所以上から報酬を得る場合、主たる勤務先で社会保険に入ると聞いたことがあったので、新たに代表取締役に就任した…
  • 外国人の従業員は社会保険に加入させなかった

    飲食店を数店舗経営している者です。当社では外国人労働者を雇用しています。本人からは、いずれ帰るつもりだということを聞いていたので、社会保険に入っても掛け捨てになってしまうと思い、加入させていません。ところが先日、年金事務…
  • 本人が希望するので社会保険に加入させなかった

    スーパーを経営しています。パートタイマーのRが、「夫の扶養に入っていたいので、社会保険加入させないでください」と言っていたので、加入させていませんでした。Rの労働時間は一日6時間で週に4日勤務しています。年収は130万円…
  • パートタイマーは社会保険に加入させていない

    コールセンターの人事担当をしています。当社では、正社員のみ社会保険完備としており、パートタイマーとアルバイトは社会保険に加入させていません。採用時にもそのように説明しており、納得のうえで入社してもらっています。これまでと…
  • 海外赴任者の労災保険がわからない

    衣料品メーカーの人事担当をしている者です。このたび海外に工場を設立し、従業員を数名、現地に赴任させることになりました。赴任予定の従業員から、現地の工場でケガをした場合はどうなるのか聞かれました。海外出張のときと同じように…
  • 「アルバイトだから労災は適用されない」と伝えた

    設立したばかりの会社です。当社はパート・アルバイトが5人しかいませんので、労災に加入していませんでした。アルバイトのTが、会社に来る途中に転んでケガをしてしまい「労災はおりるのか」と聞かれました。「アルバイトだから適用さ…
  • 採用した外国人が不法労働者であることが発覚した

    製造業の会社を経営しています。先日、外国人労働者Dを従業員として採用したのですが、Dは不法就労者であることがわかりました。採用時、本人が不法就労ではないと言っていたのでそれを信じ、在留資格等を確認していませんでした。不法…
  • 10時以降も働きたいという高校生のアルバイトがいる

    イベント会社で人事担当をしています。夏にイベントがあり、高校生のアルバイトを数名雇うことになっています。イベント自体が午後5時から10時までなので、スタッフは深夜0時近くまで仕事をするのですが、高校生は10時であがっても…
  • 一度定年退職後再雇用したので有給休暇をリセットした

    メーカーの人事担当をしています。先日、60歳で定年退職した従業員を、嘱託として再雇用しました。新たな労働契約を結びましたので、年次有給休暇はいったんリセットし、新たに最低日数を付与しています。  電子書籍のお買…
  • 5年間の雇用契約をする

    学習塾を経営しています。他の学習塾で評判のよかった講師Uが、当塾に入社してきてくれました。少なくとも5年間は勤務してもらいたいので、労働条件通知書に雇用契約の期間を5年間として記載し、本人に渡しました。すると、「面接のと…
  • 試用期間中にケガをして休んだので試用期間の延長を伝えた

    デザイン事務所を経営しています。他業界でディレクションの経験があるというKを、ディレクターとして採用しました。当社では試用期間を2カ月と定めています。この期間中にKの適格性があるかを判断しようと思っていたのですが、入社1…
  • 「試用期間中は残業代はないよ」と伝えた

    従業員10名程度の小さな会社を経営しています。当社では試用期間を3か月と定めています。新卒で入社2か月になる従業員Sが、給与明細を持って「残業代がついていない」と抗議してきました。確かに忙しい時期に残業させましたが、まだ…
  • 面接の結果、求人広告とは異なる条件で採用した

    建築設計事務所の人事担当をしています。建築士を中途採用するにあたり、ハローワークに「基本給30万円」という条件で求人票を出していました。実際に採用することになった若手のTは、まだ経験が浅いため基本給を25万円で設定しまし…
  • 労働条件は口頭で伝えている

    従業員10人未満の小さな会社を経営しています。先日、あらたに正社員Nを採用しました。労働条件については、面接の最後に私がホワイトボードに書きながら説明をしました。Nはメモをとっていました。  いつも口頭とホワイトボード…
  • 雇用契約書は交わしていないが労働条件通知書は交付している

    設計事務所で総務人事をしています。当社では「労働条件通知書」により、賃金の額や就業時間等の条件を知らせています。先日中途採用した従業員Tにも、条件を口頭で説明したほか労働条件通知書を交付しました。しかし、入社1ヶ月ほど経…
  • 入社前の研修で内定者の一人が怪我をした

    化学メーカーの人事担当をしています。当社では毎年3月に、採用内定者全員を集めて丸一日の入社前研修を行っています。本社の会議室にて人事担当者がビジネスマナーや商品知識を教えるものです。  この入社前研修で職場を見学させて…
  • インターンシップの学生には賃金を支払っていない

    製造業の会社で人事担当をしています。当社では、昨年からインターンシップ制度を実施しており、数名の学生を職場に受け入れています。施設の見学や製造工程の説明のほか、従業員の補助的な業務を体験させています。  教育活動の一環…
  • 横領が発覚し音信不通になった従業員の身元引受人に連絡した

    従業員10名ほどの会社を経営しています。経理を担当している入社4年目の従業員Tが突然会社に来なくなりました。少し調べたところ、Tは会社のお金を横領していたことがわかりました。金額は300万円程度ですが、そのままにしておく…
  • 入社時に必要な書類として「住民票の写し」を求めている

    ホテル運営会社の人事担当をしています。当社では以前から入社時に必要な書類として「住民票の写し」を従業員に依頼していました。就業規則にもそのように記載しています。先日、中途で入社した者から「個人情報なので問題があるのでは」…
  • 入社20日後に提出された必要書類で学歴詐称が発覚した

     WEBマーケティングの会社で人事担当をしています。新入社員のR君が入社時に必要な書類をなかなか提出せず、入社20日が経過してからようやく提出しました。就業規則では、「入社後1ヶ月以内に必要書類を提出する」となっていたの…
  • 不採用だった応募者の履歴書をシュレッダーにかけて破棄した

     企業の人事担当をしている者です。当社では、採用選考をした結果の通知を採用内定者にのみ行っています。不採用の場合はとくに連絡を入れず、応募書類の返却も行っていません。シュレッダーにかけて破棄しています。しかし、応募者から…
  • 経営悪化のため、内定取り消しをした

    広告系の会社で人事担当をしています。当社では新卒の採用選考を行い、今春卒業予定の学生2名に対し、12月1日に内定を出していました。ところが、年末に取引先の倒産があり、経営状況が悪くなったため内定を取り消さざるを得なくなり…
  • 内定誓約書を書いたのに内定辞退を申し出てきた

    情報サービス業の会社で人事担当をしています。今春卒業予定の新卒学生Aに採用内定の通知を行い、Aを迎え入れる準備をしていました。資料の送付や備品の購入等です。  ところが、入社日直前になってメールで「申し訳ありませんが他…
  • 「営業マン募集」の広告を出そうと考えている

    商社の人事担当をしています。当社では営業職は主に男性、営業事務は主に女性を採用しています。営業職の男性が退職することになったので、「営業マン募集」という原稿を作成して就職情報誌に掲載しようとしたら、担当者に「営業マンとい…
  • 採用面接で親の職業を尋ねた

    建築事務所で総務人事を担当しています。新たに従業員を採用することとなり、5名ほど面接をしました。身元のしっかりした人を採用したいと思い、応募者に両親の職業や兄弟の職業を尋ねたところ、後日匿名で「面接で親の職業を聞くのは違…
  • 私傷病の後遺症で将来にわたり労務不能と診断された従業員を解雇した

    金融系の会社で人事をしている者です。勤続6年の従業員で、私傷病で後遺症が残ってしまったRという者がいます。3か月欠勤していたのですが、主治医から将来にわたって労務不能との診断が出され、就業規則に基づいて普通解雇しました。…
  • インフルエンザにかかった社員の自宅待機の期間の賃金を払わなかった

    ソフトウェア開発会社の人事担当をしています。先日、従業員Hが季節性インフルエンザにか かったとのことで本人から電話がありました。当社は非常に忙しい時期であり、他の従業員に感染しては大変です。5日間の自宅待機を命じました…
  • パートタイマーに、雇用者都合の休業中の手当てを求められた

    皮膚科の診療所経営をしています。先月、クリニック増改築により、2週間ほど診療を休むことになりました。月給者にはそのまま給与を支払い、パートタイマーは時給なのでとくに給与を支払いませんでした。すると、パートタイマーの一人か…
  • 私傷病で1年ほど休職予定の従業員に、休職中、給与の半額支給することにした

    建築資材メーカーで総務人事をしています。健康診断の結果、私傷病で1年ほど休職予定の者が製造部門にいます。医療費もかかるし、とても不安そうです。当社のような中小企業で休職中の従業員に賃金を満額出すことはできませんが、10年…
  • 休職していた社員の復職にあたり詳しい状況を聞こうとしたが説明してくれない

     食品加工業を営んでいるJ社の代表をしています。私傷病で欠勤が続いた従業員Aに休職を命じました。当社の就業規則では、休職期間は6か月となっています。  休職3か月目に入ってAは突然会社にあらわれ、復職したいと言ってきま…
  • 久しぶりに新入社員を採用したが、入社後すぐに休職した

    印刷業をやっているP社の代表をしています。従業員は20名ほどです。久しぶりに新入社員を1名採用したのですが、その新入社員Tが1か月もしないうちにうつ病により休職することになりました。詳しくはわかりませんが、入社前からその…
  • ケガで休職中の従業員が出社してきたが完治していないので休職期間満了退職扱いにした

    運送業をしているA社の人事担当です。当社のドライバーをしている従業員のRが休日に交通事故にあい、全治3か月の重傷を負いました。当社の就業規則では、私傷病による休職期間を2か月としています。Rは正社員で、特定の職務に就かせ…
  • ケガで休職した従業員が「もう大丈夫」と言うので復職させたらケガが悪化し再度休職した

    製造業の会社を営んでいるDと申します。当社の従業員Jが休日に足をケガしてしまい、休職していました。就業規則では休職期間は6か月で、6か月が経過しても復職できない場合は退職することになっています。  Jは休職期間満了とな…
  • 海外留学のための休職を許可した従業員が音信不通になった

    語学学校の経営をしています。経理事務を担当している従業員Iが、オーストラリアに半年間留学をしたいということで休職を願い出ました。当社ではとくに自己啓発のための休職制度を定めていなかったのですが、仕事にも役立つだろうと考え…
  • 退職規定ギリギリで復職しては休職を繰返す従業員を解雇したい

    システム開発会社で人事担当をしているNと申します。開発部門にいる5年目のエンジニアSが、入社3年目からうつ状態により休みがちになりました。当社の休職期間は6か月と規定されており、6か月経過しても復職できなかった場合には自…
  • 断続的に欠勤を繰り返す従業員に休職を命じた

    WEB制作会社Aの代表をしています。数か月前より、20代の従業員Rが短期間の欠勤を繰り返しており、会社に来ても1日中ボーっと過ごしていたりして、まともに仕事ができていません。 理由を尋ねると「体調が悪い」と言うばかりで…
  • ボーナス支給日の10日前に退職した従業員にはボーナスは払う必要はないと考えていた

    玩具メーカーの人事担当をしています。当社では賞与の支給日を7月10日と12月10日にしています。6月末に自己都合で退職した従業員Sが、自分も夏期賞与をもらう権利があるはずだと言ってきました。賞与の支給日に在籍していないの…
  • 評価の低い60歳の従業員の再雇用を拒否した

    電機製造会社の人事担当をしています。高年齢者雇用安定法の改正に際し、当社では再雇用制度を導入しました。労使協定を結んで、対象となる従業員の基準を定めています。先日、60歳になる従業員Tが再雇用を希望してきたのですが、Tは…
  • 60歳以降も働きたいという従業員の申し出を断った

    食料品販売をしている会社の人事担当をしています。当社は定年を60歳と定めています。60歳になる従業員Kが、定年後も働きたいと申し出てきました。しかし、賃金の高いKを雇い続ける体力がありません。「残念だけれどウチでは働けな…
  • 退職したアルバイトスタッフが制服を返却しないので未払い給与から差し引きたい

    アミューズメント会社の人事担当をしています。先日退職したアルバイトスタッフで、会社が貸与した制服を返却しないOという者がいます。返却がまだであることにあとから気づき、何度か電話をしたのですがつながらず、留守番電話に伝言を…
  • 退職した元従業員が、かつての取引先の秘密を外で話しているようだ

    ソフトウェア開発会社Fの代表をしています。当社の従業員Tが半年前に退職し、自ら経営コンサルティング会社を興しました。Tは当社の取引先企業A社のデータや内情を、A社の競合であるB社に話しているようです。 当社では就業規則…
  • 「同業他社に転職するなら退職金は払わない」と伝えた

    健康食品を販売する会社で人事を担当しています。当社の従業員Aは、10年近く販売促進を担当していましたが、最近新たに上司になったRとそりが合わないようで、退職届を提出してきました。Aは優秀な従業員なので引き留めようとしまし…
  • 入社後営業成績ゼロのまま退職する社員に研修費用を返還してもらいたい

    生命保険を扱う会社を経営しています。当社では新たに採用した営業担当の従業員には3か月の研修を受けてもらっています。従業員Yは、3か月の研修後、営業成績ゼロのまま1か月後に退職を申し出てきました。雇用契約を結んでいるので、…
  • たった半年で辞めると言い出した従業員に資格取得支援にかかった費用の返還を求めた

    航空運輸業のA社を経営しています。半年前にJという従業員を採用しました。Jは職務を遂行するために必要な資格を持っていなかったため、会社の費用で資格取得させました。通学費・試験料などで20万円ほどです。無事にJは資格を取得…
  • 懲戒解雇の対象になる不祥事の調査中に当事者が退職願を提出してきた

    サービス業を行っている会社の人事担当をしています。  明らかに懲戒解雇事由に相当する不祥事を起こしたAという従業員がいます。調査を行う必要があるため、5日間の自宅待機を命じました。すると、Aはこの自宅待機期間中に退職願…
  • 退職願を撤回したいとの申し出を拒否したら抗議してきた

     私は商社の人事部長をしています。先日、入社3年目の従業員Kから退職願が提出されました。退職希望日は来月末とのことだったので、30日以上はありました。所属長と社長を含め後任の件などを話し合い、会社としてKの退職を承諾する…
  • パート社員に正社員と同等の退職金を払うことになった

    雑貨店を経営しています。店舗のスタッフにはパート・アルバイトが多く、正社員である店長がマネジメントをしています。先日、6年もパートタイマーとして働いてくれたSさんが退職しまし た。Sさんは当社の就業規則を調べたらしく、…
  • 業務引き継ぎが終わるまで退職日を延ばしたい

    不動産会社を経営しているIといいます。退職について当社の就業規則では、退職希望日の少なくとも30日前に退職届を提出することになっています。当社の従業員Kが、退職日の30日前に退職届を出してきました。やむなく承諾し、新たな…
  • 就業規則で定めた期間を置かずに出された退職届を受理したくない

    アパレルショップを経営しています。ベテランのパートタイマーOさんが退職願を出してきたのですが、代わりをできる者もおらず、「受理できない」と言いました。Oさんは期間の定めのある契約ではなく、8年間このショップに勤めています…
  • 従業員からメールで退職届が送られてきた

    私はWEB制作会社の代表をしているAといいます。昨年入社したデザイナーのMさんから、「退職届」というメールが私のパソコンに届き、驚きました。「一身上の都合により、〇月×日にて退職したく、お願い申し上げます」とあります。当…
  • 自ら退職した従業員が「自分は解雇された」と主張している

    建設業の会社の人事担当をしています。55歳になる従業員Rに、力仕事を伴う従前の職務ではなく他の軽微な業務へ配置転換をする旨伝えたところ、Rは退職を申し出ました。  退職の手続きをし、自己都合による退職として離職票も発行…
  • 派遣社員を解雇することにした

    私はファッション小物のインターネット通販会社を経営しています。当社には派遣社員が数名いるのですが、その中のTさんがトラブルを起こしました。伝票の送信先を大量に間違え、取引先や顧客からクレームが届き、たいへんな騒ぎとなって…
  • 2回遅刻したら1日欠勤扱いと就業規則で決めている

    飲食店の経営をしています。当社では以前より遅刻2回を欠勤1回として扱うことを就業規則に定め、そのように扱っています。遅刻とは、4時間未満の遅れのことを言っています。  先月、従業員Nが5分程度の遅刻を2回したので、1日…
  • ペナルティとして従業員の月給を10万円減給した

    精密機器メーカーの人事担当をしています。先日、従業員Jが個人的なブログに会社や取引先の悪口を書きこんでいることが発覚しました。実名ではありませんでしたが、見る人が見れば特定できてしまいます。懲戒処分として今月の賃金を10…
  • 始末書を提出しない従業員を懲戒処分にする

    WEB制作会社を経営しています。従業員Tが取引先に契約を結びに行く途中、契約書を入れていた封筒を紛失しました。始末書を提出させて、反省を促そうとしたのですが、「まだ契約を結ぶ前だったのだから、それほど悪いわけではない」と…
  • 不祥事をおこした従業員の自宅待機の間を無給とした

    都内で小売店を経営しています。先日、レジの現金から約20万円がなくなるという不祥事が発生しました。その日レジを担当していたのは従業員Kで、他の従業員は触っていません。Kの身内の者が出入りしたのを目撃したという情報はありま…
  • 諭旨解雇で退職に応じないので懲戒解雇に変更したい

    通信講座の教材制作をしているY社の代表をしています。編集を担当している従業員Dが、他社の教材やWEBサイトからコンテンツを盗用していたことがわかりました。当社の信用を著しく傷つけましたので懲戒解雇に相当しますが、社内のチ…
  • 一度解雇を言い渡したが、話合いの結果、1か月後に撤回した

    サービス業の会社を経営しています。当社の従業員Sは勤務態度が悪く、何回注意しても遅刻します。取引先との約束の時間も守らず、一度始末書を書かせたのですが改善が見られないため、即日解雇を言い渡しました。しかしSは「解雇は困る…
  • 就業規則に定めた休職期間を過ぎても復職できない社員を解雇する

    従業員5人の印刷会社です。長年勤めてくれていたNさんが病気で入院することになり、休職しました。就業規則に定めている休職期間は6か月で、復職できない場合は解雇としています。Nさんは6か月を過ぎても復職できないことがわかった…
  • 無断欠勤、音信不通になったアルバイトを辞職したものとして扱った

    リサイクルショップを経営しています。アルバイトのT君が、突然出てこなくなりました。電話を何回かけても留守電になってしまい、話をすることもできません。仕方なく、1週間後に辞めたものとして扱い、別のアルバイトを採用しました。…
  • 契約社員の雇用契約期間中に契約解除をすることにした

    システム開発会社を経営しています。契約社員のKさんとは、1年間の雇用契約を結んでいます。しかし、Kさんは協調性がなく、失敗があっても上司に速やかに報告をしません。連絡ミスも多いため、6か月で契約解除をすることにしました。…
  • 懲戒解雇した社員から退職金を請求された

    通信販売会社Aの人事担当をしています。従業員Mが顧客リストを不正に利用し、利益を得ていたことが発覚しました。お客さまから「個人情報の管理はどうなっているのか」とクレームが入り、謝罪広告を出すに至りました。わが社は、社会的…
  • 更新日の1週間前にパート社員の雇用契約を更新しないことを伝えた

    飲食店Aを経営しています。このたび業績悪化のため人員を削減することにしました。1年間の雇用契約を4回更新してきたパート社員Hさんの5回目の更新をしないことにし、更新日の1週間前に伝えました。Hさんからは「解雇ではないか」…
  • 解雇予告手当狙いにひっかかった

    従業員8人のデザイン会社Aの代表です。業績が伸びて忙しくなったので、事務員としてBさんを採用しました。とても感じがよく頑張ってくれそうだったのですが、入社14日を過ぎてから態度が豹変しました。挨拶や返事もせず、なかなか仕…
  • 試用期間が終わると同時に「本採用をしない」と伝えた

    コンサルティング会社を経営しているAというものです。当社では3か月の試用期間を設けています。4月に新卒のEさんとKさんが入社したのですが、Eさんが会社に馴染んでいるのに対し、Kさんはおとなしく、あまりやる気も感じられませ…
  • 産休中の経理担当者の不正を発見した

    小さな編集プロダクションをやっています。経理担当である従業員のHが妊娠し、お腹がだいぶ大きくなってきたのでつい先日産休に入りました。Hがいない間、私自身が経理を見ていたのですが、重大な不正を発見してしまいました。損害も大…
  • やむをえずリストラするにあたり育児休暇中の従業員を解雇しようと考えている

    建築資材メーカーA社を経営しています。このたび、業績不振によりやむをえずリストラを行う ことにしました。解雇の対象として、1か月後に復職予定である育児休業中のOさんを選び、その旨を伝えました。理由は、「環境が刻々と変わ…
  • 従業員全員を一旦解雇し、労働条件を引下げて改めて全員再雇用しようと考えている

     従業員15名ほどの不動産関連の会社を経営しています。不況と会社の業績悪化により、リストラせざるをえない状況です。従業員全員をいったん解雇し、賃金10%カットなど労働条件を引き下げて再雇用したいと考えています。従業員に対…
  • 何度か退職を勧めたら「パワハラだ」と抗議された

    雑貨販売のA社を経営しています。お客さまから従業員Kの評判がよくないため、退職勧奨を行いました。「向いていないのではないか、別の仕事を探したらどうだ」と言うと、「考えます」と言い、Kはその日は帰りました。翌日Kは通常どお…
  • 50人の従業員のうちから5名を選び整理解雇する

    金属加工業の会社を経営しています。  業績が悪く赤字の月が続き、回復の見込みがありません。人件費を削らざるをえず、やむなく整理解雇をすることにしました。50名の従業員のうち、5名を指名して解雇しました。すると、その5名…
  • 転勤を拒否した従業員を懲戒解雇にする

    商社の人事担当をしています。  本社と営業所との人員のバランス調整のため、本社に勤務している従業員Yを地方の営業所に配置転換させることにしました。本人に伝えると、「介護が必要な親と同居しており、別居することは難しい」と…
  • ギャンブルで自己破産しそうな従業員の解雇を考えている

     私は、従業員50名ほどのソフトウェア開発会社の人事担当者です。先日、裁判所から「給料の差押命令」が届いたKという従業員がいます。30歳のSE(システムエンジニア)です。こんなことは初めてで、びっくりしました。本人に話を…
  • 従業員が飲酒運転で事故をおこしたので解雇しようと考えている

    学習塾Aを経営しています。カリキュラム管理等の事務をやっている従業員Nさんが、休日に自宅で飲酒後、車を運転し近所のブロック塀に衝突するという事故を起こしました。被害者はいませんが、教育に携わっている者として許すわけにはい…
  • 面接ではとても好印象だったので採用したが、入社後成績が伴わないので解雇しようとした

    生命保険商品を扱うA社の人事担当です。1年前に営業として30代のMさんを採用しました。Mさんはこれまで他の業界で営業職をしており、面接でも好印象でした。即戦力になると思って採用したものの、1年たっても営業成績が芳しくなく…
  • 「就業規則を見せてもらったことがないから、解雇はできないはずだ」と言われた

    従業員15人ほどのWEB制作会社を経営しています。新たに採用した従業員Tさんの態度が悪く、遅刻も頻繁であるため、解雇することにしました。服務規律違反による解雇であると告げたところ、「就業規則を見せてもらったことがないから…
  • 不当解雇を訴える内容証明が届いた

    アパレルショップを経営しています。従業員Kの接客態度が悪いので、再三口頭にて注意をしていました。先日、お客さまが店に入ってきても挨拶をせず雑誌を読んでいたので、厳しく注意をしたら反抗的な態度をとったので、「明日からもう来…
  • 「懲戒解雇だけはやめてほしい」と言われている

    広告代理店A社の人事担当です。重大なミスをして、取引先に迷惑をかけた20代営業のBさんを解雇することにしました。しかし、このケースが普通解雇になるのか懲戒解雇になるのかがわかりません。Bさんからは「懲戒解雇だけはやめてほ…
  • 相続税に係る自社株式の納税猶予制度を活用し、母と姉と自分で自社株の相続をした

    私は、酒造会社のC社で専務取締役をしておりますが、この度、代表取締役社長である父が他界しました。  自社株式の相続においては、父の保有していた株式(持株割合は100%)の全てを私が取得し、代表取締役社長として会社の事業…
  • 相続税に係る自社株式の納税猶予制度で承継した株式の一部を譲渡しようと考えた

    私は貨物運搬会社を経営しており、その会社の代表取締役を務めております。その会社の株式の3分の2を3年前に先代の父から相続により譲り受けました。また、その株式にかかる相続税の納税猶予を受けています。  この度、資金的に余…
  • 相続税に係る自社株式の納税猶予制度で承継した株式を今度は贈与税の納税猶予制度で息子に承継しようとした

    私は、運送会社のC社で常務取締役をしており、父は同社で代表取締役をしておりました。父が他界したことにより、後継者となる私が父の保有していた自社株式の全部を譲り受けることになりました。その際に、相続税に係る自社株式の納税猶…
  • 贈与税の納税猶予制度を適用することはできないと言われてしまった

    私は、建設会社であるB社で代表取締役会長をしております。  会社の継続・発展のためには世代交代が必須であると考え、5年前より長男を代表取締役社長に就任させ、後継者として会社経営のノウハウを教えてまいりました。  いよ…
  • 従業員のリストラをしたため相続税の納税猶予の取消事由に該当してしまった

    私は、アパレルメーカーであるA社で代表取締役社長をしております。  3年前に代表取締役であった父が他界し、相続により父の保有していた自社株式(100%)の全てを取得し、そのうち3分の2について、相続税に係る自社株式の納…
  • 事業承継にあたり、会社の全株式の生前贈与を受けたため、相続時、兄弟の相続が遺留分を下回った

     私は、精密機械メーカーのB社で常務取締役をしております。父は代表取締役をしており、2人の弟も同社で取締役をしております。  年齢等の点から父が引退することになり、後継者となる私が父の保有していた自社株式の全部を贈与に…
  • 自社株式を会社に買取らせて相続税の納税資金を確保した

     私は、外食産業のA社で専務取締役をしておりますが、代表取締役をしていた父が他界したため、自社株式を譲り受けることにより事業を承継することになりました。顧問税理士に相続税を試算してもらいましたが、想像以上に多額であり、手…
  • 医療法人の相続対策を特に行っていない

    私は医療法人の理事長を務めています。この度息子が医学部を卒業し、ようやく後継者ができたと一安心しています。医療法人の出資にも相続税がかかると聞きましたが、私には子供は1人しかいないため、相続でもめる心配もないし、まだ先の…
  • 相続税の納税資金が無いので自社株を物納しようとしたが物納申請が却下された

     父は、会社の株式の30%を保有しております。このたび、後継者でもある私(長男)に、その保有する株式全てを相続させる内容の遺言を作成しました。その後、実際に相続が発生しましたが、納税資金がありません。不動産を売却し、納税…
  • 事業承継にあたり、金庫株の特例の活用を考えた

    小売業を営んでいた父に相続が発生し、父が保有していた株式を後継者である私が相続することとなりました。  しかし、株価が高額なため、相続税額も高額となったため、相続税を納税することができませんでした。  そこで、金庫株…
  • 時価の高い不動産を所有している会社の100%親会社の株価対策を特に行っていない

    私の一族は、A社(製造・販売業)の株式を100%所有しており、A社は、B社(不動産賃貸業)の株式を100%所有しています。いわゆるA社とB社は100%グループ内法人です。B社は、時価の高い不動産を多く保有しているため株価…
  • 後継者の会社へ高収益物件の移転を検討している

    甲は不動産管理会社A社を100%保有しており、後継者である乙は不動産管理会社B社を100%保有しています。B社において、高収益物件X(時価10億円、簿価1億円)の買取資金の目処がついたことと、A社で新たな資金需要が生じた…
  • 経営しているグループ会社を3社の事業承継が心配だ

    私は飲食店業のA社、ホテル業のB社及び不動産賃貸業のC社の経営者です。A社は高級食材の割にリーズナブルなメニューがお客の心を掴み好業績、社歴が長く利益の蓄積により純資産が厚く、逆にB社は最近業績が振るわずここ数年債務超過…
  • 自社の特定の事業部門が好調で株価を押上げ、相続対策を困難にしている

     私は食品の製造・販売及び不動産賃貸を行っている会社を経営しており、その株式の全てを所有しています。最近、顧問税理士に会社の株価を試算してもらったところ、食品の製造・販売事業で高収益をあげているため、株価が想像以上に高く…
  • ほぼ同じ割合で株式を相続した兄弟と経営方針をめぐり意見が食い違い関係が悪化した

    私は、兄弟3人で親から引き継いだA社を経営しております。A社の株主構成は、長男である私が34%、他の兄弟がそれぞれ33%ずつ保有しております。株式はそれぞれ3人で保有しておりますが、亡くなった父は生前から私に会社の経営を…
  • 相続財産の大半が自社株なので相続税が心配だ

    私は従業員約30名の会社を経営しており、会社の株式を全部所有しております。将来的には会社を息子に承継させたいと考えておりますが、会社の業績が良く株価が高いため、株式の移転に伴う税金の負担が心配でなかなか実行に移せません。…
  • 早目に事業承継したいが、子供に株式を買い取る資金が無い

    私は会社の株式の大半を所有していますが、当社は業績が順調に伸びてきており、今後は株価が上昇していくと考えられます。このままだと自分に相続が発生したときに相続税の負担が重くなると思い、早めに子供に株式を移転した方がよいと思…
  • 事業承継にあたり、退職金をもらって引退するが、株式を移転するのはもう少し先にしようと考えている

    私は自分の会社の社長を務めていますが、そろそろ子供に代表の座を譲ろうと考えています。会社を辞める際には退職金の支給を受け、その後は悠々自適な生活を送るつもりです。会社の代表は去りますが、子供への株式の移転はまだ先でいいか…
  • 小規模な会社なので特に事業承継対策を考える必要はないと考えている

    私は会社を経営しており、その株式の全てを所有しています。家族を含めた少人数で運営している小規模な会社であり、自分の会社の株式にはたいした価値がないと思っています。自分に万が一があった場合には息子に事業を引き継いでもらう予…
  • 医療法人の事業承継にあたり、無配なので相続に有利な株式評価が可能だと考えた

    私の父(出資持分100%)は、都内で産婦人科の医療法人(持分の定めのある社団医療法人)を経営しておりましたが、このたび亡くなりました。 法人の事業は私が引き継ぐことになり、出資の全部を私が相続します。  当法人の出資…
  • 2期連続無配なので配当還元価額により株価はゼロ円の評価になると考えた

    私は住宅リフォーム会社を経営しています。最近、2期は業績悪化により配当は実施していません。配当還元価額は、直前期末以前2年間の年配当金額をもとに計算すると聞きましたので、当社の場合には配当還元価額はゼロ円になると考えてい…
  • 自動車整備工場の敷地を保有する会社の評価を類似業種比準価額で算出した

    私は都内で自動車整備工場を経営しています。会社の敷地は、先代の社長の時代に購入したもので含み益が相当あると思います。また、社歴が長いこともあり貸借対照表の純資産に過去の利益の蓄積が進んでいます。  今年の会社の決算が悪…
  • 純資産価額による評価にあたり、最近取得した資産も含め全てを相続税評価額で算出した

    私は、飲食業を営む会社を経営しております。株式については、息子への贈与を考えていますが、当社は会社規模が小会社であるため、純資産価額による評価を行いました。その際に、土地及び建物を含む全ての財産について、相続税評価額によ…
  • 株式評価にあたり、会社の土地に含み益があるが、評価額がわからなかったため簿価により純資産額を算出した

    私は衣料品の製造会社を経営しています。息子への株の贈与を考えていますが、当社は会社規模が小会社であるため、純資産価額と類似業種比準価額の折衷により、株価を評価すると思います。土地に含み益がありますが、評価額がいくらか分か…
  • 不動産賃貸業ではなく不動産販売業として類似業種比準価額で株式を評価した

    私は、不動産販売業を営む会社を15年間経営しており、5年前からは、不動産賃貸業もスタートしました。数年前からは不動産販売の業績が極端に低迷しているため、最近の売上は、不動産賃貸によって支えられている状況です。  今回、…
  • 事業承継にあたり、代表権は10年後を目処に、株式はすぐにでも贈与しようと考えている

    私は卸売業を営む会社を経営しています。私もいい歳となってきたのでそろそろ会社の第一線を退くことを考えるようになりました。当初はこの先10年を目処に息子に会社の代表権を渡そうと思っていましたが、株だけは早めに渡してしまった…
  • 事業承継にあたり、類似業種比準価額により売却価額を算定した

    私は会社を経営しており、この度息子に株式の売却をしようと思っています。私の会社は売上も従業員も同業他社と比べ多い方であるので大会社であると思っています。大会社である場合の評価は類似業種比準価額によると聞いたので類似業種比…
  • 兄から配当還元価額で株式を買い取ることにした

    私は兄弟で会社を経営しており、その株式を兄弟で半分ずつ所有しています。この度、兄が会社の経営から退くこととなったので、兄から株式を買い取ることになりました。買取金額は兄と長年経営してきたことや、兄弟であるということから配…
  • 後継者である息子は自分流に会社を作り上げようとしており、新しいことをどんどんやりたがる

    私は、小売業を営むD社のオーナー経営者でしたが、そろそろ代表の座の引き際と考え、かねてからD社の常務取締役として頑張ってもらっていた息子へバトンタッチを行いました。しかし、息子は代表者になった途端に新しいことをやりたがり…
  • 後継者である長男が生え抜きの役員や従業員と折合が悪い

    私は、サービス業を営むC社のオーナー経営者です。そろそろ事業承継を考え、私の長男にC社を継がせるため、上場企業で管理職として働いていたところを当社へ呼び寄せ、専務取締役として経営の一部を任せることにしました。サービス業は…
  • 法人成りに伴い、厨房設備を個人から新設法人に移転した

    私は数店の居酒屋を営む個人事業者のXという者です。私の店舗ではここ数年、堅調に売上を伸ばしていること、個人では取引上の対外的信用度が低いことなどから、この度、法人へ移行することとしました。今回の法人化に伴い、個人で所有し…
  • 息子がいないので外資系企業へのM&Aを検討している

    私は、不動産業を営むB社の経営者です。しかし、私には子供がいません。また、他の親族内にも後継者に適した人物がいないため、外資系企業へのM&Aを検討しています。 電子書籍のお買い求めはコチラ …
  • 父親に事業承継のことを言い出せない

    私の父は、製造業を営むA社のオーナー経営者です。いわゆるワンマン経営者であり、年齢は60歳になりますが、常に生涯現役を言葉にしており、事業承継のことは一切口にしません。私は息子で専務という肩書きはあるものの経営に関する権…
  • 設立時に名前を借りた株主の遺族から株式の買取請求を受けた

    バブル経済華やかなりし1986年に脱サラして飲食業の法人を設立したAと申します。その後、経営難の時代も何とか乗り切り、おかげさまで今では地元を中心に4店舗を展開するまでに成長することができました。当期も業績は極めて好調な…
  • 相続に備え、個人所有の土地を会社に売却した

    飲食店を経営するAと申します。起業して30年、様々なことがありましたが、経営は軌道に乗り、幸いにも長男が私の店を継いでくれることも決まりました。最近は体調が思わしくなく、ちょっと気が早いかもしれませんが、長男への事業継承…
  • 長男に店の全ての資産を相続する旨、遺言を書いた

    中華料理店を経営する法人Tの代表取締役のAと申します。私には妻(B)のほか、子どもが2人(長男C、次男D)おります。このたび、長男Cは私の店を継いでくれることになりました。私が100%所有する当社(T社)の株式は、跡継ぎ…
  • 不動産を購入、既存のビルを取壊し、店舗を新築した

    私は東京23区内にて回転寿司店を営む法人の代表取締役Aという者です。私どもの法人では常々、役員会において、今後の課題としてファミリー層の獲得が議題にあがっていました。 そして、この度、手頃な物件が見つかったため、ファミ…
  • 和食店を経営する父の会社に、当社のビルを売却した

    私は焼き鳥店を経営するA社のオーナー(A社には100%出資)を務めているXと申します。 今期、A社にはかなりの利益が見込まれるため、A社の持つビル(簿価3000万円)を、私の父が100%出資しているB社(和食店を経営)…
  • 店舗買収にかかった費用全額を課税仕入れとした

    私は、飲食店業を営む会社の社長をしています。現在2店舗のもつ鍋店を運営しており、2店舗とも業績は好調ですが、季節による影響が大きいので、3店舗目はもつ鍋店ではないお店を出店したいと考えていました。 ちょうどそんな折に、…
  • 小さな店舗をたくさん出店しようと考えている

    資本金が300万円で従業員が10人のたい焼き屋を営んでいるCと申します。 たい焼き屋は原価率が低く、又、狭い場所でも出店が可能であるので、多店舗展開を視野に入れております。 今期、他県に店舗を出店しました。小さな店構…
  • 儲かっているが法人化しなかった

    私は焼肉店を営む個人事業者でAと申します。開業して6年目、当店は過去最高収益を記録したこと、店舗経営のノーハウも蓄積されてきたことから、2店舗目の出店を検討しています。 これまでは個人で確定申告を行っていましたが、いい…
  • 当社は年俸制なのにスタッフから残業代を請求された

    居酒屋を経営しているAと申します。当社は社員への給与支払いに年俸制を採用しており、毎月の給与に残業代を含んで支払っております。社員採用時には、年俸額には残業代が含まれていることを全員に伝え、納得してもらった上で雇用契約を…
  • 無断欠勤のスタッフを解雇した

    私は居酒屋を営む法人の代表取締役Aという者です。この度、当社の店舗の内装を大幅に改装するため、約10日間の内装工事を行う事となりました。内装工事の間は店舗の営業を行うこともできないため、ハワイへの慰安旅行(6泊8日)を企…
  • 「源泉所得税の納期の特例」で半年に一度、源泉所得税を納めている

    ディナーショーを催すレストランを経営しております。 通常の従業員の人数は8人ですので、源泉所得税の納期の特例を受けており、半期に一度、源泉所得税を納めております。 昨年はディナーショーが重なり、通常の人数では間に合い…
  • スタッフに決算賞与を支給した

    弊社は飲食店業を営む3月決算の法人ですが、今期の業績が好調であったこともあり、決算期末後の4月上旬に法人税を試算したところ、多額の納税が発生することがわかりました。そこで、従業員へ決算賞与という形で賞与を支給し、会社の利…
  • スタッフと海外に慰安旅行に行った

    私は居酒屋を営む法人の代表取締役Aという者です。この度、当社の店舗の内装を大幅に改装するため、約10日間の内装工事を行う事となりました。内装工事の間は店舗の営業を行うこともできないため、ハワイへの慰安旅行(6泊8日)を企…
  • 残業してくれたスタッフに夜食代を渡した

    私が経営しているレストランは24時間営業ですが、人手が足らない時には、勤務時間外まで残業をお願いする場合があり、その時にはレストランの食事(700円程度)を支給しています。 また深夜勤務者(午後10から翌日午前5時)に…
  • お客様アンケート好感度1位のスタッフに景品をプレゼントした

    私は都内で法人を設立し、焼肉居酒屋を経営しています。店で扱うお酒や食材は高級なものから安価なものまで取り扱っており、そのような経営戦略が功を奏し幅広い客層から支持を得ています。ただ食材だけではなく接客サービスにも力を入れ…
  • 会社からお金を借りた

    飲食店の会社役員です。開業から3年経ち、ようやく事業も軌道に乗ってきました。 会社にも資金的余裕ができたので、5年返済の金銭消費契約を結んで、会社から1,000万円を無利息で借りることにしました。このお金は車の購入資金…
  • 反面調査で生活費の一部を店の経費にしたことがバレた

    法人は設立せず、個人事業主として居酒屋を経営しているAと申します。当店では、基本的に特定の仕入業者から食材の仕入を行っておりますが、営業時間中に使い切ってしまった食材や調味料などは、近所の24時間営業のスーパーマーケット…
  • ツケが時効になっていた

    バーを経営しているAと申します。当店は基本的に現金またはクレジットカードで飲食代をお支払いいただくことにしておりますが、一部のお客様については、いわゆる「ツケ(売掛金)」も認めておりました。 今年に入り、売掛金扱いにし…
  • クレジットカードの売上を入金時に計上した

    私は数店のクラブを展開する法人(決算期3月31日)の代表取締役Aという者です。当社はここ数年、業績が好調に推移しており、この度、初の税務調査をうけることとなりました。 税務調査に備え、担当の税理士と過去3期分の取引の精…
  • 店の残り物でスタッフに賄いを提供している

    私の店では、従業員全員(10人)に福利厚生の一環として昼食を提供しています。 昼食は、お客様に出す食材の使用しなかったものを利用して作っており、わざわざ食材を仕入れる事はありません。 従業員の出勤日数は15日で、一食…
  • 領収書に印紙を貼らなかった

    私は都内某所で法人を設立し、和食の飲食店を経営しています。開業してから今年で約5年が過ぎるところです。開業当時は色々と大変でしたが、老舗での長い下積み時代があったため料理の味には自信があり、次第にお客様も増え経営が安定し…
  • 年払いしている家賃を全額今期の費用として落とした

    弊社は飲食店業を営む3月決算の法人ですが、地代等の費用について年間払いしているものについては、従来から支払った時の費用として処理していました。 この度、税務調査があり年間払いしているもののうち、損金に算入されないものが…
  • 回収の目途がつかない売掛金について貸倒損失を計上した

    弊社は、飲食店業を営んでいる法人です。自家製の焼きたてパンが人気を呼び、業績は好調です。パンについては、店舗での食事に出しているほか、他の飲食店にも販売しております。このたび、3年ほど前からパンを販売していた飲食店A社に…
  • 中古の店舗を大金をかけて改造して開業した

    私は都内でイタリア料理店を経営しています。 今から半年ほど前になりますが、飲食店を経営していた友人からイタリア料理店風の店舗を居抜きで買い取り(内部造作設備も含めて800万円)、そのままその店舗で開業することにしました…
  • 店舗の壁紙を張り替えた

    私は法人を設立し、自社所有の店舗で喫茶店を経営しています。 店をオープンしてから今年でちょうど5年が経過し、壁紙がかなり古くなってきたので、張り替えることにしました。 業者にどのような壁紙があるかを確認したところ、従…
  • 修繕費を全額経費にするつもりだった

    私はイタリアンレストランを営む法人の代表取締役を務めています。この度、当法人は事業も軌道に乗って来たこと、店舗の内装の傷みが激しいことから、内装を特徴の無いものからイタリア風の内装に改装(原状回復、装飾のグレードアップな…
  • 業績が好調だったので自分(社長)の報酬を増額した

    私は、飲食店業を営む会社の社長をしております。上半期の業績が予想以上に好調であったため、下期より従業員の給与をベースアップすることとしました。その際に、社長である私の給与につきましても、月額を増額し下期は増額後の額を毎月…
  • 妻に月給80万円支払った

    私は都内で飲食店を経営している者(個人事業者)です。 店をオープンした当初は社員が1名いれば十分と思っておりましたが、次第にお客様が増えてきて忙しくなってきたこともあり、今年から妻にも店を手伝ってもらうことにしました。…
  • いつもレジの現金残高があわない

    居酒屋を経営しているAと申します。小さな店なので支払いは現金のみで行っています。客単価も数千円と低めなため、細かい現金のやりとりが多く、営業も深夜に及ぶため、定休日の前日にまとめて現金を数えているのですが、現金の実残高と…
  • 原価から逆算してメニューの単価を決めたのに利益が出ない

    ステーキハウスを経営しているAと申します。開店にあたって、仕入原価率は35%と定め、仕入値に対して35%になるように料理単価も決定しました。 当店の場合、競り市で直接、枝肉(牛をと場でと畜して皮をはぎ、頭部と内臓と肘(…
  • スタッフの給与をベースアップしすぎて赤字になった

    うどん店を開業して3回目の決算を迎えたAと申します。過去2回の決算の説明を受けて財務諸表や利益の意味などは少しずつ理解できるようになりました。 当期の業績は極めて好調、従業員も忙しい中よく働いてくれましたので、従業員給…
  • 店舗の賃貸に係る諸経費のうちどれが費用として落せるのかわからない

    私は法人を設立し、居酒屋を経営しています。独立開業する前は、大手フランチャイズチェーンの居酒屋で働いており、飲食店で成功するための1つの要素である店舗の立地条件についての知識は持っておりました。 そして、条件に見合った…
  • 金融機関に事業計画を出したが、融資を断られた

    開業するにあたり、自己資金だけでは足りないため、ベンチャー企業に対する融資や育成事業を行っている知人から融資を受けたいと思いました。 知人に相談をしたところ、事業計画書を出すように言われたため、以下のような事業計画書を…
  • 居抜き物件で開業した

    開業するにあたり、物件を探しておりましたところ、居抜きの物件でちょうどよい店を紹介されました。前の店が閉店して間がなく、内装などは少し手を入れれば問題なく営業ができそうな雰囲気でしたし、厨房設備などもそのまま譲渡してくれ…
  • 開店準備の途中で自己資金が底をついた

    自己資金で店を持ちたい、と考えたのが20年以上前。メーカー勤務のサラリーマン生活を送っていましたが、ここにきて資金的に十分になった、と考えて会社を早期退職し、店を持つことを決めました。 店舗の保証金、敷金、家賃などの物…
  • 「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出しなかった

    飲食業界で働くこと15年、念願の独立を果たし、このたび小さなスペインバル(スペイン風の居酒屋)を開店したAと申します。 開業にあたり、私自身が食品衛生管理者の講習を受講し、保健所の営業許可証も取得しました。また、消防署…
  • 決算期を3月にした

    10年前から飲食業界で働いており、いずれは自分の店を持ちたいと考えていたAと申します。今年1月、大変に良い物件が出たことを機に、法人を設立し起業しました。(この物件、「春は花見と春祭り、夏は花火、秋は紅葉が美しい公園」の…
  • 黒字会社と赤字会社の損益通算による法人税負担の軽減を図るため連結納税を導入し、実際に決算処理を行った

    連結納税制度を導入すると黒字会社と赤字会社で損益を通算でき、法人税の負担が減少するとのことを聞きました。そのため、当社も財務内容の改善のため連結納税制度を適用し、(図1)のようにグループ全体での税負担の減少とそれに伴う損…
  • グループ会社間で無対価による株式交換を行った

    不動産業を営むグループ会社です。グループ内のI社及びO社の間で無対価による株式交換を行いました。O社の株主であるH社はO社株式の帳簿価額をI社株式へ付け替えました。グループの株式の保有関係は(図1)のとおりです。 …
  • 株式等を交付しない、いわゆる無対価合併により適格合併としてグループ会社の資産・負債を簿価で引継いだ

    建設業を営むグループ会社です。J社はK社を吸収合併しました。J社とK社は株主構成が全く同じであったため、株式等を交付しないいわゆる無対価合併により、適格合併としてK社の資産・負債を簿価で引継ぎました。J社とK社の株主関係…
  • 連結納税制度を採用している企業グループに新たに買収で子会社を加えるに当たり、株式引渡日ではなく月末までをみなし事業年度とした

    S社は日用雑貨の卸売業を営む法人であり、関東各地に同種の事業を営む100%子会社を数社有しており、連結納税制度を採用しています。 この度、新たに関西圏に進出するため、平成22年10月に関西にある同業他社であるA社を買収…
  • 多額の含み益があるグループ会社と連結納税を開始しようとした

    金属製品販売業を営んでいるS社は、金属加工業を営んでいるA社を100%子会社として有しています。S社はA社の製造品の他、外部より製品を調達し、販売を行っています。 S社は毎期安定的な収益を上げていますが、A社は過去の過…
  • グループ再編の一環として100%子会社を清算することにしたので連結納税の対象から除外して申告を行った

    S社は連結納税制度を採用していますが、グループ再編の一環として、100%子会社のA社を清算することとしました。A社は、平成22年12月28日で解散しましたが、清算は結了しておらず残余財産の確定も終わっていません。 S社…
  • 毎年赤字続きの連結子法人を売却した

    グループ法人間で所得の通算を行い、法人税の負担を軽減するため連結納税制度を選択しました。その後、グループの不採算事業を整理するため、毎年赤字続きの子会社を他社に5,000万円で売却しました。(子会社株式の帳簿価額1億円)…
  • 中小法人である子会社を連結子法人とし、連結納税制度を導入することにより課税所得通算による節税を図ろうとした

    課税所得通算による節税効果を図るため、平成22年11月1日に親会社A社を連結親法人、子会社B社を連結子法人とし連結納税制度を導入しました。資本金は、A社が4億円、B社が1億円です。 ところがB社は連結納税を導入すること…
  • ややこしい適格分社型分割を避け、事業譲渡による事業移管を図った

    P社は、生鮮食品事業部を子会社であるS社に移管することにしました。S社はP社の100%子会社です。生鮮食品事業部の資産には、老朽化した倉庫や冷蔵庫、また倉庫用土地などが含まれますが、これらは含み損を抱えています。なお、P…
  • 適格分社型分割では一括評価金銭債権にかかる貸倒引当金を引継ぐことはできないと判断した

    P社は、冷凍食品事業部を適格分社型分割により100%子会社であるS社に移管することにしました。 P社では、前期末において冷凍食品事業部の売掛金について個別評価金銭債権にかかる貸倒引当金3,000および一括評価金銭債権に…
  • 分割型分割で含み益の繰延べによる法人税の節税を図った

    小売業を営むA社は、事業上の都合から、分割型分割により事業の一部をグループ内のB社に移転させることにしました。この分割は株主に金銭交付を行うなど税制適格の要件に合致しないため、非適格の分割となりました。しかし移転する事業…
  • 適格分割は余計な税金がかからないと考え、事業承継を見越して不動産管理業を営む別会社を設立した

    A社はサービス業を行う傍ら、不動産管理業による収入がある個人甲が100%株式を所有するオーナー会社です。将来的な事業承継などを考え、会社分割により不動産管理業を別会社(B社)として設立することにしました。 不動産管理業…
  • 含み益を有する資産を保有し、共同で事業を営むための合併には該当しない子会社との合併で、支配関係事業年度前の欠損金額を引き継がなかった

    A社は製造業を営む会社です。このたび、販売子会社(B社)を吸収合併することとしました。B社は2年前に他社から株式を取得して子会社化した会社で、当該合併は共同で事業を営むための合併には該当しません。 また、B社には未処理…
  • 以前吸収合併した会社の子会社も合併することにしたが、継続的支配関係にないと考え、繰越欠損金の引継ぎに制限があると考えていた

    A社は不動産管理の会社です。A社は2年前に卸売業を営むX社と小売業を営むY社を子会社に持つB社を吸収合併しましたが、このたび、X社とY社を合併することとしました。X社とY社は10年前からB社の子会社でした。 Y社は繰越…
  • 子会社との適格合併において、受入れ資産及び負債を時価で処理し、利益積立金額を先に計算し、その次に資本金等を計算して合併の受入れ処理を行い、申告した

    製造業のグループ会社です。平成22年10月1日付けで親会社A社は子会社B社を吸収合併しました。A社は、B社からの受入れ資産及び負債を時価で引継いだものとして処理し、資本金等の額と利益積立金額の引継ぎ処理については、利益積…
  • 非適格合併をした子会社の譲渡損益調整資産もそれに該当しない資産も同様に簿価で受入れ処理を行い、申告調整しなかった

    飲食店のグループ会社です。平成22年10月31日付けで親会社A社(合併法人)と子会社B社(被合併法人)は非適格合併により合併をしました。 B社の合併直前の貸借対照表上には、譲渡損益調整資産に該当する資産C(簿価1,80…
  • 解散をした子会社の繰越欠損金の引き継ぎを行わず当社の決算申告をした

    親会社A社のグループ会社である子会社B社は、平成22年12月に解散をし、平成23年3 月末に残余財産を確定しました(A社及びB社はともに3月決算法人)。 ただし、A社は平成23年3月期においてB社の繰越欠損金5億円の…
  • 親会社の株式を株式市場から購入、親会社に売却、「自己株式として取得されることを予定して取得した株式に係るみなし配当の取扱い」に基づいて申告をした

    親会社A社は、自己の株式の公開買付けに関する公告を行いました。この公告期間中に、100%子会社B社は株式市場よりA社株式(自己株式)を購入し、親会社A社は当該A社株式を子会社B社より取得しました。 A社株式を売却した子…
  • 所有する親会社の株式を同社に売却、申告時、みなし配当の加算調整と受取配当等益金不算入の減算調整はしたが、資本金等(譲渡損)の調整はしなかった

    親会社A社は、100%子会社B社からA社株式(自己株式)を購入しました。子会社B社のA社株式の売却に関する会計上、及び税務上の仕訳は以下の通りです。そのため、子会社B社は、別表四でみなし配当150万円(200万円−50万…
  • 子会社を清算し、所有する株式の帳簿価額と残余財産の分配額との差額を子会社株式消滅損として計上した

    A社は子会社を複数抱える不動産管理関連の株式会社です。A社の子会社で、貸金業を営むD社(当社及び当社のグループ法人の保有割合は70%)は、継続的に利益をあげておりましたが、法改正による事業環境の変化により、業績の好転が見…
  • みなし配当の金額の計算にあたり、会計上の資本金及び資本剰余金の合計額を基礎とした

    S社は子会社を複数抱える情報通信関連の株式会社です。グループ内の子会社の株式は、S社が100%保有することを基本としておりますが、折からの不況の中比較的好調であった飲食関連の子会社(C社)についてのみ、S社の保有比率は約…
  • 対価が株式のみの非適格合併だったため源泉徴収等の手続きは考慮しなかった

    A社は子会社・関係会社を複数抱える建設関連の株式会社です。先般、意思決定の迅速化の観点から、広告業を営むB社(A社の出資比率50%)を吸収合併することとなり、合併対価として、A社の新株を予定していました。A社とB社とでは…
  • 100%子会社として中小法人を設立し、交際費の損金不算入制度における定額控除額制度を適用することにより節税を図ろうとした

    A社は資本金額が10億円で中小法人の特例規定の適用を受けることができません。そこで子会社B社を設立しB社で申告の際に中小企業の軽減税率、貸倒引当金の法定繰入率、交際費の損金不算入制度における定額控除額制度を適用することに…
  • 当社の期首に100%子会社にした法人からの期中の配当金を全額益金不算入とした

    A社は3月決算法人です。平成24年3月期の申告時に、6月決算法人のB社から平成23年9月に受取った配当金につき、期末時点で100%支配しているため、完全子法人株式等にかかる配当金として全額益金不算入として処理しました。 …
  • 子会社からの配当金の益金不算入額を、原則法ではなく簡便法を用いて算定した

    A社は3月決算法人です。平成25年3月期の申告時において、関係法人株式等に該当する子会社S社からの配当金の益金不算入額を、原則法ではなく簡便法を用いて算定しました。なお、平成23年4月1日にA社を合併法人とし、平成22年…
  • 親会社に剰余金の配当として遊休資産を交付した

    S社は、親会社P社に剰余金の配当として、遊休資産を交付しました。当該遊休資産は過去に減損損失が計上されており、S社は税務上も適切に処理していました。S社は現物分配にともない、直前の会計上の帳簿価額に相当する金額を利益積立…
  • 外国法人である親会社から内国法人の子会社に対して現物配当により資産を移転した

    外国法人である親会社P社は内国法人S1社およびS2社を下図のように支配していました。また、内国法人S2社は、親会社P社および内国法人S1社に対して、現物配当により資産を移転しました。 そして、現物配当により移転した資産…
  • グループ会社に資産を帳簿価額で譲渡したところ税務調査で寄附金認定された

    A社は時価1,000万円、帳簿価額500万円の資産をグループ内の子会社(B社)に対して帳簿価額の500万円で譲渡したところ、税務調査で寄附金認定されてしまいました。(図1) 電子書籍のお買い求めはコチラ …
  • 個人で株式を所有する2社間の資金移動のために現金を寄付し、それぞれ損金不算入、益金不算入として申告した

    個人でA社とB社の2社の株式をそれぞれ 100%保有していますが、A社からB社に資金を移動させるため現金を寄附し、A社では寄附金を全額損金不算入として処理する一方、B社では受贈益を全額益金不算入として申告しました。 …
  • 土地を譲渡した法人が解散したので繰延べていた譲渡損を計上した

    P社が以前にグループ会社のB社へ土地を譲渡した際、譲渡損2,000万円が発生しましたが、譲渡損益の繰延制度によりその譲渡損を繰延べていました。 その後、B社はもうひとつのグループ会社であるA社による適格合併の吸収合併に…
  • 適格合併により解散するので繰延べていた譲渡益を当社で計上した

    A社が以前にグループ会社のB社へ株式を譲渡した際、譲渡益500万円が発生しましたが、譲渡損益の繰延制度によりその譲渡益を繰延べていました。 その後、A社は親会社P社による適格合併の吸収合併により解散することになったため…
  • 譲渡損益調整資産の判定で、減価償却費を考慮しなかった

    建築業を営むA社は、この度、建築用機械(会計上の期首帳簿価額900万円、期首減価償却超過額150万円)を完全支配関係のある会社に対し1,500万円で譲渡しました。 税法上の期首帳簿価額(900万円+150万円=1,05…
  • 親族の会社をグループ法人と認識していなかった

    社長一族が経営権を握るP社グループは、現在社長一族を頂点とし、持株会社であるP社を始め多くの子会社がP社グループに所属しています。 他者との合弁で設立した会社や、P社から会社分割により設立した会社もあります。またP社グ…
  • グループ会社から購入した土地を転売したことを、通知しなかった

    A社は以前にグループ会社のB社に土地を譲渡しており、グループ内法人間の譲渡損益の繰延制度の適用によりその譲渡損1,000万円を繰延べています。 現在、譲受法人B社は既にA社から購入した土地を他社に譲渡していますが、その…
  • 飲食店を居抜きで譲渡しようと考えている

    長年、洋食店を営んでおりましたが、高齢を理由に引退をすることになり、料理長が店を引き継ぐ事になりました。私同様に、料理長も今のところ法人成りを考えておらず、個人事業者として飲食業を続けていこうと考えているようです。 厨…
  • 含み益を抱えているグループ会社の売却にあたり、寄附を行うことで株価を下げようとした

    P社は子会社A社・B社を保有していて、そのうちA社については外部への売却を検討しております。A社は含み益を抱えているのですが、売却前にA社からB社に対して寄附を行うことによりA社株の売却価額を下げ、P社ではA社株式の売却…
  • 紙書籍 税理士が見つけた!(本当は怖い)飲食業経理の失敗事例55

    新規開店、新装リニューアル、新メニュー開発・・・・。 時として失敗を恐れぬチャレンジが必要な飲食店経営。 でも、だからこそ、「経理」で失敗してはいけません。 本書はあらか…
  • 親族ではない料理長に店を譲りたい

    和食店を経営するT社の社長を務めるAと申します。親族からお金をかき集めて起業したのが30年前。そろそろ私も引退を考えています。後継者には、起業した当初から当店で料理長を務めるB氏を、と考えています。B氏は私の親族ではあり…
  • 個人所有不動産の購入

    個人で所有する土地(時価1億円)を私が理事長を務める医療法人に譲渡することにしました。この土地は近年急に高騰して時価で取引すると私への課税が高額になるので、それを避けるため、4,000万円で譲渡することにしました。 こ…
  • 消費税

    これまで30年以上、個人開業医として地域医療に携わってきましたが、このたび医療法人として新たな一歩を踏み出すことにいたしました。新しい法人に対しては、代表者である私が個人診療所を経営していた際に有していた資産など1,30…
  • 医療相続と相続時精算課税制度

    現在、医療法人の理事長をしています。まだ数年間は、理事長として、クリニックを運営していきたいと考えておりますが、出資持分を相続時精算課税制度により、長男に移すことにしました。しかし、顧問税理士から、「理事長が65歳以上に…
  • 膳越し・手皿はマナー違反!知っておきたいテーブルマナー

    #大皿から小皿に移してから食べるというマナー 食事の席で大皿に盛りつけてある料理を食べたいと思い、小皿に取り分けずにそのまま食べてしまいました。マナー違反になることを知らなかったのでとても恥ずかしかったです。箸の使い方…
  • ビジネスの場ではかかせない!上座・下座の常識

    #上座と下座を間違えて座ってしまった 会社の取引先の相手を招いて、日本料亭で食事会を行ったときのことです。上司、自分、取引先の会社の方二名の計四名で料亭に到着しました。店に入ると四人掛けの座敷に通され、先方が「お先にど…
  • コピーブランドを買ってしまったら?ハワイ旅行の失敗事例

    ☆コピー商品の持ち込みは違法になる ハワイ旅行で多い失敗はコピー商品を購入してしまうことです。ブランドによっては本物ではなかなか手が届かない価格のものがあるので、海外旅行でコピーブランドを購入する人は少なくありません。ハ…
  • ハワイ旅行の時差ボケの失敗事例

    ☆ハワイの時差ボケの失敗例 女友達とハワイ旅行に行った際、日本を離陸した後に約7時間のフライト中ずっと起きていました。大好きなコーヒーを飲みながら、ハワイの雑誌を読んだり、映画を見たりと気ままに時間を過ごしていると気がつ…
  • 学生旅行で気をつけたい!ハワイでは20歳の飲酒はNG

    ☆バーに入ろうとしたら止められた 初めて学生旅行でハワイを訪れたとき、バーに入ろうとするとパスポートの提示を求められました。当時は20歳で、日本では飲酒が認められている年齢だったので大丈夫だろうと思っていたのですが、バー…
  • ハワイ旅行の海辺の貴重品管理

    ☆意外と大変!海辺の貴重品管理 ハワイといえば「海」ということで、ひたすら海を満喫するためのスケジュールを立てる人もいることでしょう。特にワイキキビーチは絶対に外せない必見のスポットと言えます。 しかし、ビーチでの貴…
  • ハワイの人気ツアーに参加したい

    ☆人気ツアーは予約必須! ハワイで人気のツアーには、キラウエア火山観光や星空観測、イルカとの海中遊泳などがあります。せっかくハワイに行くなら、こういった話題のツアーに絶対参加したいと思う人も多いでしょう。しかし、日本人…
  • 日本食を持ち込みたい場合は要注意

    ☆空港での失敗談 海外旅行で現地の食事を楽しみにする人は多いと思いますが、毎日3食が外食になるのは、お財布にも胃腸にもきついものです。その負担を少しでも軽くするために、インスタントラーメンやインスタント味噌汁、パックの…
  • ハワイならでは!子連れ旅行で要注意したいこと

    ☆スーパーで買い物をしているあいだ、11歳の子供を一人外で待たせた 旅行も後半になると、スーパーで家族や友人などへのお土産を買うこともあります。買い物をしている間、「スーパーの前から絶対に離れない」という約束で子供にしば…
  • ハワイのお土産を頼まれた時

    ☆指定されたお土産を買うのは手間がかかる! ハワイは日本人に人気の高い観光地の1つです。ハワイを訪れた経験がある人は多いため、ハワイ旅行に行くことを話すと、しばしばお土産を頼まれることがあります。親しい友人や同僚からの…
  • ビーチでは飲酒禁止?ハワイでの飲食で気をつけたいこと

    ☆よく晴れた日にビーチでお酒を飲もうとした お酒が好きなのでハワイ旅行でもお酒を楽しもうと思っていました。滞在先のビーチのサンセットが美しいと聞いていたので、夕方に海でお酒を飲んだら、なおさら美味しく感じるだろうと思いビ…
  • 旅行を台無しにしない!ハワイ旅行で気をつけるべきこと

    ☆意外な落とし穴?!常夏ならではの失敗… 豪華な冬休みを過ごそうと、年末年始に思い切って海外旅行に行こうとハワイ旅行のプランを立てました。ワイキキビーチからすぐ近くのホテルを予約、ショッピングや観光がたっぷり楽しめるよう…
  • 移動時間がかかりすぎたハワイ旅行

    ☆ひたすら移動!時間を浪費したハワイ旅行 はじめての海外旅行ということもあり、事前に申し込めるオプショナルツアーを探し、ほとんど毎日何らかのツアーに申し込んでいました。その甲斐もあり、滞在中大きなトラブルに巻き込まれるこ…
  • ハワイ旅行の日焼けによる失敗事例

    ☆ハワイでの日焼けで肌が真っ赤に! ハネムーンで初めてのハワイを訪れたときのことです。ホノルル空港に到着してまず驚いたのがハワイの紫外線の強烈な強さ。ジリジリと刺すような日差しの強さに慌てて日焼け止めを塗りました。紫外線…
  • 楽しいはずのハワイ旅行のツアーが台なし!

    ☆あれ?どうして? 「せっかくハワイに行くのだから、マリンスポーツをしてみよう」と、オプショナルツアーを事前に申し込まれてくる日本からの訪問者が多くいます。シュノーケル、ジェットスキー、サーフィン、バナナボート、体験ダイ…
  • ハワイ旅行での荷物の失敗例

    ☆旅行にやってしまいがちな例 初めてのハワイでやってしまいがちなことのひとつは、出発時に着替えで荷物がいっぱいになることです。荷物が多すぎるだけではありません。半袖に短パンのような同じような服ばかりに偏ってしまうのも失敗…
  • 旅行のテンションでやりがち?!ビーチでの失敗

    ☆ビーチでオウムを肩に乗せる ハワイに行ったことのある人なら高い確率で遭遇しているのではないでしょうか。カラフルなオウムを数羽連れた男性がワイキキビーチをウロウロしていることがあります。海外旅行ではテンションが上がりがち…
  • 穏やかな海に見えても存在する危険!ハワイビーチの要注意エリア

    ☆シュノーケリングの最中に沖まで流されそうになった 普段はあまり海には行かないのですが、せっかくのハワイ旅行ということで世界的に有名なビーチでシュノーケリングを楽しむことにしました。海の中には色彩豊かな熱帯魚が泳いでおり…
  • タクシー料金が違う?ハワイ旅行での失敗事例

    ☆タクシー料金のトラブル 海外旅行で割と多いのはタクシーでのトラブルです。同じ距離で同じ場所なのに、行きと帰りでは料金が違っていたという話は珍しくありません。ハワイでも同様のことがあります。なかには帰りの料金が行くとき…
  • ハワイで雨が降ってきて失敗!どうすれば防げたのかも解説

    ☆予想外の雨天になって失敗! 夏のハワイは非常に人気があるので、ホテルを予約できませんでした。そのため冬休みを利用して、ハワイ旅行をすることにしました。ハワイは常夏で天気が良いイメージがあったので、冬でも問題ないと思っ…
  • 知らなかったではすまされない!飲酒に関する法律違反

    ☆ハワイで経験したお酒の販売拒否 ハワイ旅行に行った際、ビーチでお酒を飲もうと考え、近くのお店に行きました。そして、レジにお酒を持っていったところ、年齢確認のために身分証明書の提示を求められたので、パスポートを店員に見…
  • 飲酒に厳しいハワイ!同乗者の飲酒にも要注意

    ☆飲酒運転にはならないからと、助手席でお酒を飲んでいた ハワイでは海沿いのドライブを楽しみましたが、現地の飲酒の法律を知らなかっただけに失敗したこともありました。レンタカーを借りてドライブをしていたとき、道路で交通違反…
  • ハワイで路上駐車をして後悔!レンタカーを借りたときの失敗事例

    ☆路上駐車をして失敗! ハワイの滞在中に路上駐車の取り締まりにあってしまいました。ハワイのワイキキにあるホテルに宿泊していたのですが、ノースショアに行きたかったのでレンタカーを借りました。ノースショアまでのドライブは楽…
  • 洗濯物を外に干してはいけない場所がある

    ☆ワイキキのホテルで洗濯物をベランダ干しした 海外旅行でハワイに行ってワイキキのリゾートホテルに宿泊したとき、ホテルの部屋にはベランダが付いていました。3日ほど滞在するとさすがに洗濯物も溜まってきます。そこでTシャツや…
  • チップはどう渡すべき?ハワイ旅行の失敗事例

    ☆チップを渡す習慣が無い日本らしい失敗 海外旅行でも国によって異なりますが、チップを渡すのが習慣の国があります。ハワイもサービスに対してチップが必要な地域です。しかし、普段チップを渡す習慣の無い日本人にとって馴染みにく…
  • カメラを持ってシュノーケリング

    ☆カメラ片手に海で溺れかけました 同僚のすすめで海外旅行した際、シュノーケリングツアーで恥ずかしい思いをしました。ハワイの美しい海を満喫したいという一心で、旅行中シュノーケリングツアーを申し込みました。人数に空きがあっ…
  • 財布を失くした!海外では羽目を外し過ぎないように

    ☆財布を失くして大慌て 初めての海外旅行でかなり浮かれていました。ハワイでは本来、お酒を飲んで酩酊しているときに、公園やビーチなどの公共の場所に行くことは禁じられています。しかし、そのときは、お酒を飲んで気分が高揚して…
  • ハワイも夜は危険がいっぱい?

    ☆危険がいっぱいだった夜の外出 ハワイは日本語の通じる場所も多く、ビーチも観光地も整備されていて、とてもきれいです。また日本人向けのサービスも充実しているため、ついつい安心しがちです。しかし、ハワイの夜は危険がいっぱい…
  • チップの支払いでトラブルに?マナーを確認しよう

    ☆チップの相場は理解していたのに…… ハワイもアメリカの一部なので、旅行の際はチップを支払うのが一般的ということは知っていました。しかし、具体的な支払いのマナーについてはそれほど詳しく理解していませんでした。ハワイのと…
  • 日本とは違う?ハワイでの有料駐車場の使い方

    ☆有料駐車場の使い方がわからずに 国際免許を持っているので、ハワイで車を借りてドライブしていました。小腹がすいたので食事をしようと思い、駐車場を探したのですがその日は日曜日で無料のパーキングはいっぱい。仕方なく有料の駐…
  • 任せきりはNG!自分できちんと計画を立てよう

    ☆初めてのハワイで失敗…… 初めてのハワイでした。旅行会社にツアーで申し込み、空港や荷物の手配をすべて任せきりにしていました。旅行会社には預けてある荷物を宿泊するホテルへ届けてくれるサービスを行ってくれるところもありま…
  • 冬のハワイ旅行は機内での空気感染に要注意

    ☆ハワイに着くと同時に風邪で寝込む 寒さ真っ盛りの冬の日本を飛び立って、常夏の島に降り立つのというのはハワイ旅行ならではの醍醐味です。しかし、せっかく南の島にたどり着いたのに風邪を引いて寝込んでしまいました。 ☆…
  • 名刺交換するときの失敗事例!渡すタイミングを誤って後悔

    初めて取引を行うクライアントとは、名刺を交換するのが一般的です。しかし、ただ交換すれば良いというものではありません。受け渡しの方法にはビジネスマナーが存在するからです。そこで今回は、名刺の交換に関する失敗事例や正しい対応…
  • 恥をかかないために!正しい席次を知っておこう

    ビジネスでは、自社の応接室や会議室にお客様を招いたり、お客様と一緒に車やエレベーターに乗ったりするシーンがよくあります。その際に、正しい席次を理解していないと恥をかいてしまうおそれがあるのです。席次はビジネスマナーの基本…
  • 電話応対での失敗事例、気を付けたいポイントとは?

    仕事をする上でビジネスマナーをきちんと身につけていないと、相手側に迷惑をかけたり恥をかいたりすることがあります。とは言え、ひと言でビジネスマナーといってもたくさんあり、ミスすることで身についていくこともあるでしょう。今回…
  • お客さんとは目を見て話そう!

    商談に必要なのは「用意したことを正確に話すこと」と考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、それだけだと失敗してしまうということを体験談から学んでみましょう。 ☆オドオドしていて頼りないね 昔、お客さんと商談をし…
  • お客さんに渡す書類が折れ曲がっていた!

    挨拶や礼儀作法は大切なマナーですが、それ以外にもお客さんの心象を悪くしてしまうポイントがあります。たとえば、書類の管理をきちんとできているかどうかです。 ☆見積書の端が折れていた ある日、お得意先のお客さんに見積書を渡…
  • 独りよがりになるべからず!コミュニケーションは綿密に

    ビジネスマナーの基本はコミュニケーションにあると言えます。上司や部下とのコミュニケーションがうまくいっていないと、お互いの意志や言動に食い違いが生じがちになり、ビジネスパーソンとしてやってはいけないミスにつながってしまい…
  • ビジネスマナーの失敗!電話対応はどうすれば正解なのか?

    新入社員が企業に勤めるようになって、最初に起こしやすいビジネスマナーの失敗が電話での対応です。取引先相手から電話がかかってきても、新入社員であれば顔も見たことがない相手であることから、失礼な対応をしてしまうことがあります…
  • お客様のところに遅刻してしまったエピソード

    遅刻をしないと気をつけているビジネスマンでも、急な用事でスケジュールが遅れてしまうことはありえます。そんなとき、どんな対応をすればよいのか失敗談から学んでみましょう。 ☆遅刻して門前払いにされた お客様の元に向かう途中…
  • メールの文面でお客様を怒らせた失敗談

    メールやLINEでのメッセージは日常的に行われている習慣ですが、その延長線上でビジネスシーンのメールを作成するとたいへんなことになります。ここでは、失敗例から言葉の大切さを確認してみましょう。 ☆メールの文面が間違って…
  • 昼食時間にもマナーは存在する!

    昼食時間はゆっくりとくつろぎたいものですが、多くの会社では数人で一緒に食べに行く習慣があるようです。そして、そんな習慣を無視してしまうと思わぬ失敗に繋がってしまうこともあるでしょう。 ☆昼食時間を一人で過ごしていたら …
  • 取引先を車に乗せて大失敗した体験談

    仕事を覚えてきた頃に新人はミスをする傾向があるといいます。それは自分自身の実力を見誤り、準備を怠ってしまうからです。社会人に必要な心構えについて、ここでは学んでみましょう。 ☆道に迷って遅刻する事態に ある商品のデモス…
  • 電話対応に関する失敗事例!原因や防ぐ方法なども紹介

    会社で働いていると、電話対応を任されることがあります。電話のビジネスマナーについて把握していないと、電話の相手に失礼な印象を与えかねません。そこで今回は、電話対応に関する失敗事例や原因などを紹介します。 ☆電話を取り次…
  • 退勤するときに一言をかけていれば

    定時になると帰宅するのは当たり前、そんな考え方をしていると大きな失敗をしてしまう可能性があります。ここでは仕事から帰るタイミングについて体験談から考えてみましょう。 ☆周囲が忙しいのに帰ってよかったのか? 新人時代、周…
  • 上司を飛び越えて仕事の相談をしてしまった

    会社は複雑な人間関係で成り立っている場所です。しかし、若手ほどそのことに鈍感で失敗をしてしまいがちです。ここでは体験談をもとに会社の上下関係をないがしろにしないコツを学んでいきましょう。 ☆仕事の相談をいきなり部長…
  • クッション言葉を使わなかったことで注意された事例

    社会人になったら、「クッション言葉」を使わなければ、相手にきつい印象を与える可能性があります。クッション言葉とは、どのようなものなのでしょうか。クッション言葉を使わなかった失敗例とともにご紹介します。 ☆クッション言葉…
  • 電話応対の失敗が大きなクレームへ

    社会人として働くうえで欠かせないビジネスマナーの1つに、電話応対が挙げられます。電話応対は配属直後から任されることが多く、緊張と相まって、小さなミスが起こりやすい仕事でもあります。ここではそんな電話応対での失敗例とその対…
  • 大切な商談でのラフすぎた服装

    社会人として働くうえで、ビジネスマナーは欠かせません。けれども社会人経験が短いと、どうしても失敗というのはしてしまうものです。ここでは、ビジネスマナーでの失敗談とその対策を紹介していきます。 ☆大切な商談でのラフすぎる…
  • 要注意!電話取次ぎ時のビジネスマナー

    初めて企業に就職したばかりの新入社員にとって、電話での応対はどうしても緊張してしまうものです。緊張のあまり思わず発してしまった言葉が、相手にとって失礼な表現になってしまっていることもあります。今回は実際にあった失敗例を参…
  • 電話対応で気をつけたい!取引先相手に上司を敬う表現はNG

    営業職、事務職、技術職などいずれの職種に就くにしても、会社にかかってくる電話の応対は必須になります。応対では適切な言葉使いで受け答えできるようにしたいものです。今回は失敗例や失敗のポイントを挙げて、正しい対応について考え…
  • 体調管理も仕事のうち

    社会人になったら、仕事を早く覚えて任せてもらえるようになりたい、とがんばりすぎてしまうことがあります。しかし、ときにはそのがんばりが空回りし、失敗してしまうこともあるので気をつけましょう。自己の体調管理ができていないと周…
  • 同じ間違いを繰り返さない

    得意なこと、苦手なこと、人それぞれありますが社会人になると少しずつ苦手なことは克服していく必要があります。一度の失敗なら大目にみてくれても、二度、三度続けば上司や先輩などは時間を割いて同じ説明を繰り返さなければならないこ…
  • メールで失敗しないために

    学生のころからずっと個人でもメールを使っているから大丈夫、と注意を怠ってしまいがちなのが会社のメールです。社外に送信するときはもちろん、社内メールも気をつけないと基本的なビジネスマナーを疑われてしまいかねません。メールの…
  • 名刺交換での失敗事例

    名刺交換にはさまざまなマナーがあり、慣れないうちは緊張がともなうものです。しかし慣れたからといって油断は禁物。そのようなときにこそ、思わぬ失敗をしてしまうことがあるのです。 ☆名刺交換でのまさかの失敗 社会人になりたて…
  • 丁寧なのに失礼?電話応対でありがちな失敗

    取引先の要望や要件などを直接受ける電話応対は、ビジネスマナーにおいて非常に重要です。一つの電話応対の失敗が取引先を失うことになりかねません。どんなに丁寧でも、相手にとって不快に感じたらそれはマナー違反です。では、どんな電…
  • 新入社員は要チェック?メールでやりがちな失敗とは!

    ビジネスメールでは友人や家族とのメッセージのやりとりとはまったく異なるマナーが求められます。マナーに反したメールは相手に不快感を与えることもありますから、事前によくありがちな失敗について学んでおきましょう。 ☆やりがち…
  • 上司とタクシーに同乗する際の失敗事例!理由や対策などを解説

    上司とタクシーに乗車するときのビジネスマナーをご存知でしょうか。普段そのような機会がない人は、急にそういった状況になると困ってしまうでしょう。そこで今回は、上司とタクシーに乗車する場合のビジネスマナーについて、失敗事例や…
  • 学生の時とは違う!社会人の遅刻は大きな損失と迷惑をかける行為

    就職して社会人デビューした新卒の方が気を付けるべきビジネスマナーとはどのようなものがあるでしょうか。学生の時よりも、一層やってはいけないことは「遅刻」です。今回は遅刻の失敗事例について考えてみましょう。 ☆連絡なしに会…
  • 体調不良のときの失敗事例

    社会人たるもの、無遅刻無欠勤はあたりまえ、どんな時でも万全の体調で仕事できることが理想です。しかし、人間ですから、気持ちが落ち込む時もありますし、風邪をひいて体調不良になってしまうこともあるでしょう。なにごとも完璧にこな…
  • 気付かないうちに大変なことに!情報の取り扱いに注意

    新入社員研修のとき、会社の業種によっては社内情報取り扱いに関する時間を多くとり注意喚起することがあります。しかし、頭では理解していたつもりでも、気付かないうちにビジネスマナー違反のみならず、懲罰の対象にまで発展する可能性…
  • お茶を出すときに緊張しすぎて大失敗!

    新卒で入社した場合や入社してからまだ年数があまり経っていない人の中には、ビジネスマナーに自信がないという人も少なくないでしょう。仕事をこなしていくにつれて、ビジネスマナーも自然に身についていく場合が多いのですが、できるだ…
  • 出身地が異なる新郎新婦の場所選び

    概要 出身地が異なる新郎新婦が結婚式の開催場所をめぐって失敗しました。 今回の事例では、新郎の出身地と新婦の出身地、さらには現在のふたりの居住する東京の3ヵ所が候補地として考えられましたが、最終的には新郎の出身地で開…
  • 披露宴の時間帯選びで後悔‥結婚式の失敗事例

    概要 ☆タイトなスケジュールに後悔 結婚式はホテルの結婚式場で行いました。披露宴の時間帯を、ゲストがディナーを楽しみやすい土曜日の夕方に決めた私達。しかも、そのままホテルに隣接するカフェで2次会、夜はホテルの…
  • 席次には注意!結婚式の座席の決め方

    ☆披露宴の座席の席次を間違えた 結婚式の披露宴の席次について、後日友人から指摘を受けました。私自身、席次についてはほとんど知識がなかったために起こった失敗でした。席次を考えるのは私の担当で、両親や親戚、旦那の意見を聞くこ…
  • 結婚式はゲストの気持ちも考えて!

    ☆ゲストの気持ちを無視したものに… 結婚式の企画段階で、何か面白いことをひとつ取り入れたいと相談すると、プランナーさんから最近は「サプライズスピーチ」が流行りだしていると提案されました。通常のスピーチというと、事前にお願…
  • 一方通行な結婚式の打ち合わせは後悔の元

    ☆やりたいことを詰め込みすぎて失敗 昔から結婚に強い憧れをもっていたので、自分の式ではやりたいことを全部やってやろうと意気込んでいました。結婚式場のプランナーさんとの打ち合わせでは、とにかくこういうことがしたい、あれもし…
  • 持ち込み料がかかるなんて知らなかった‥結婚式の失敗事例

    ☆持ち込み料を知らずに安易に決定 結婚式を挙げることが決まったとき、行きつけの美容院のスタイリストさんととても仲が良く、挙式や披露宴でのメイクとヘアセットを頼むことにしました。このとき、式場以外のスタイリストのサービスを…
  • 虫だらけで台無し?屋外での結婚式の失敗事例

    ☆虫だらけの結婚式になりました ガーデンウエディングに憧れていたので、夏場の屋外で挙式しました。そこで問題となったのが虫です。結婚式の最中、虫がドレスに付かないか気になり、式に集中できませんでした。きれいに整えられた芝生…
  • 結婚式の感謝の手紙で失敗してしまった

    ☆照れくささから感謝の手紙をふざけてしまった 今でも後悔しているのは、花嫁として迎えた結婚式での失敗です。私は式の終盤、両親に感謝を綴った手紙を読む段取りになっていました。しかし、いつも顔を合わせている両親に感謝を伝え…
  • 流行の海外挙式にまつわる失敗談

    ☆理想とはかけ離れた海外挙式 結婚式をするなら海外で、私と花嫁はずっとそう話していました。そのため、本格的に式の準備を始めたときもハワイの結婚式場を押さえ、海外挙式を計画したのです。ハワイの美しい自然のなか、当然ながら友…
  • 結婚式の計画は新郎新婦二人で行おう

    ☆今になって妻から言われること 当時は気にも留めていなかったのですが、今になって妻からよく言われることがあります。結婚式の準備をしていた頃、私は男らしく妻をリードしなくてはいけないと思い、率先して結婚式場や招待客、演出な…
  • せっかくの結婚式の写真が失敗してしまった!

    ☆写真撮影を家族に任せたが… 私の結婚式で起こしてしまった失敗談です。以前から、式でカメラマンを雇う人の気持ちが分かりませんでした。最近のカメラは性能が良いため、正直なところアマチュアが撮影しても美しい写真が撮れるだろう…
  • 結婚式の余興で失敗してしまった体験談

    ☆すてきなサプライズのつもりだったのに 結婚式で、新郎の私は新婦を喜ばせたくて、何かサプライズ演出ができないかと友人たちと計画していました。そこで思いついたのが、フラッシュモブです。事前に何も告げず、突然に音楽がかかり踊…
  • 豪華なだけじゃダメ?結婚式の料理

    ☆みんなに喜んでもらおうと豪華なメニューに! 自分の結婚披露宴にて、一生に一度のことなのでゴージャスに演出しようと、料理も披露宴で一番人気と教えてもらった高級な食材をフルに使用した高級フランス料理にしました。ほとんどの参…
  • 結婚式の演出を詰め込みすぎて失敗

    ☆タイトな進行で失敗!演出が流れ作業状態に すてきな結婚式を挙げるのが小さい頃からの夢だったこともあって、披露宴の進行を考える段階になると、やりたい演出がたくさん浮かんできました。結婚式場のプランナーさんからは、あらかじ…
  • 身内だけの結婚式にして後悔した失敗談

    ☆後日、呼ばなかった親友に怒られた 花嫁と話し合った結果、自分の結婚式は身内だけを招待するささやかなものにしようと決めました。ほかの人の式に出席していて、人数の多い場合は知らない人に気をつかってしまうし、何より私も花嫁も…
  • メンテナンス大丈夫?結婚式の失敗事例

    ☆自分の外見が気になった 結婚式の準備に加え仕事が忙しかった影響で、肌の調子が悪くメイクがうまくのりませんでした。顔をシェービングしていなかったため、なおさらメイクがのりづらかったです。ウエディングドレスは背中が開いたタ…
  • 結婚式の定番、ブーケトス!

    概要 ブーケトスという結婚式の定番イベントによって場の雰囲気が微妙になってしまった事例をお伝えします。 失敗事例 結婚式といえばブーケトス。Aさん夫妻は躊躇なくプランナーからの提案を受け入れ、多くの参加者が楽し…
  • メイクリハーサルの重要性

    概要 zさんは式前のメイクリハーサルを怠ったことにより、後悔の残る結婚式となってしまいました。 失敗事例 予算的に十分な余裕がなかったzさんと夫は、プランナーと綿密な打ち合わせをし、絶対に必要な費用、余裕があれ…
  • 10年後にも語り継がれる長時間の結婚式

    概要 xさんとyさん夫妻の挙式・披露宴は、10年が経った現在も友人たちの間で「長すぎた結婚式」として語り草となっています。 挙式と披露宴を合わせて6時間かかったこともあり、結果的に多くの参加者の負担となってしまいまし…
  • 結婚式の準備に追われてテーブルマナーについて考えてもいなかった

    概要 一生に一度の晴れ舞台と結婚式の準備をプランナーと念入りに進めてきたVさんとWさん。 演出や飾りつけ、料理や衣裳に力を入れていましたが、披露宴におけるテーブルマナーを身に付けておくことが頭に浮かんできませんでした…
  • ガーデンウエディングの季節を考えて!

    概要 「挙式は憧れのガーデンウエディングにしたい」、Uさんの希望を叶えるべくTさんとUさんは結婚式の計画を立てていました。 式場を見学するうちに理想のガーデンウエディングを併設した会場を見つけることができましたが、困…
  • 重さも大事な基準です! 引き出物選び②

    概要 RさんとSさんは、自分たちの結婚式の引き出物について、悩んだうえに選んだものについて不満を言われてしまいました。 彼らとしては当然良かれと思って選んだのですが、いったい何が不満につながってしまったのでしょうか?…
  • 式場の交通アクセスの重要性

    概要 PさんQさん夫婦は結婚式に対する憧れとこだわりが人一倍強くありました。 しかし、式場選びにこだわりぬいた結果、ある落とし穴が待ち構えていました。 失敗事例 かねてから結婚式に強い思い入れがあったPさんとQさ…
  • 進められるがままオプションをつけて請求額がとんでもないことに

    概要 NさんとOさんは特に豪華な結婚式にしたかったわけでもありませんが、結果として費用が高額となってしまいました。 では、どうして高額になってしまったのでしょうか? 失敗事例 NさんとOさんは結婚することとなり、…
  • 披露宴の余興を友人に頼んだみたものの

    概要 結婚式を控えた新郎のKさんは、かねてからの友人であるLさんとMさんに余興をお願いすることにしました。 しかし、彼らにまかせっきりにしたことから、披露宴では失敗してしまいました。 失敗事例 Kさんは以前いとこ…
  • 食品アレルギーを確認しなかったことが披露宴の心残りに

    概要 「人生に一度の結婚式なんだから」 結婚を考えているGさんとHさんは祝ってくれる親族や友人たちに最高のおもてなしをしたいと考え、食事や引き出物はもちろん、会場の雰囲気や余興、衣裳など充実した式となるよう綿密に式場…
  • 見積書を鵜呑みにすることなかれ! 持ち込み料が含まれていなかった

    概要 結婚式の資金について不安があったEさんとFさんは、実際にどのくらい費用がかかるのか確かめてみようと結婚式場で実際に見積書を出してもらいました。 ギリギリだとはいえ現在払える予算の範囲内だったことから結婚式の準備…
  • 中身だけではなく数も大事! 引き出物選び①

    概要 スウィーツが大好きなカップル、CさんとDさんは、間近に控えた結婚式の引き出物をこだわったものにしたい考えました。引き出物の内容ばかりにこだわったふたりは、ある失敗をしてしまいました。 失敗事例 引き出物のお菓…
  • 披露宴の席次を間違えてしまった

    概要 AさんとBさんは結婚を前提にお付き合いをしてきました。付き合い始めて6ヵ月が過ぎたころ、事態が急展開します。 それは新しい命がBさんに宿ったことです。お腹が大きくなる前に! AさんとBさんは急いで結婚と式の準備…
  • トイレのリフォームの失敗事例!タンクレストイレに変更して後悔

    ☆タンクレストイレに変更したけど失敗! トイレが狭く感じられ、掃除もしにくかったのでリフォームしました。タンク付きトイレをタンクレストイレに変更したのです。またトイレ内に手洗いも設けました。タンクレストイレには、タンク付…
  • 二世帯住宅にリフォームして後悔!失敗した理由などを紹介

    ☆自宅を二世帯住宅に変えて失敗! 長年住んでいた自宅を二世帯住宅にリフォームしました。子ども夫婦や孫と一緒に楽しく暮らすためです。新しく二世帯住宅を購入するのは多額の資金が必要なので、自宅をリフォームしようと思ったのです…
  • ベランダに屋根をつけて家の中が暗くなったリフォーム失敗例

    ☆洗濯物干場の雨よけに設置した屋根の失敗 洗濯物を1階寝室のベランダに干していましたが、ベランダに屋根がないので留守中の天候悪化に考慮して屋根を設置するリフォームをしてもらいました。元々ベランダは奥行きが2メートル近くあ…
  • 憧れの対面キッチンに変更したのに失敗!原因や対策などを紹介

    ☆対面キッチンに変えて失敗! キッチンをリフォームして対面式に変更しました。対面式にすると空間的にリビングと繋がるので、開放感が得られると思ったからです。のびのびと楽しい気持ちで料理ができそうだし、広くなって作業の効率が…
  • システムキッチンのリフォーム失敗事例

    ☆キッチン器具の並びに失敗した_x000d_ キッチンのガスコンロや冷蔵庫などが古くなったので、思い切ってキッチンのリフォームをしました。今までは冷蔵庫はキッチン入り口の近くに置いていたのですが、ガスコンロの横に冷蔵庫を…
  • 浴室の窓が開かない!リフォームの失敗事例

    ☆広過ぎる浴室の窓が開かない! Aさん宅では浴室のリフォームをすることにしましたが、浴室の場所が隣の家の駐車場の位置になっていることが気になっていました。幸い、浴室の外側は塀までの距離も十分にあったので、大きめの出窓を作…
  • 2階リビングのリフォームで間違えた!失敗事例を紹介

    ☆リビングを2階に移して失敗! リフォームによって、リビングを1階から2階に移しました。2階リビングにすると日当たりが良くなったり、外から見えにくくなったりするメリットがあったからです。その一方で、以前より移動が大変にな…
  • ダイニングリフォームの失敗事例

    ☆ダイニングルームのリフォーム失敗 クローズドタイプのキッチンから、家族とのコミュニケーションが取りやすいようにとオープンタイプのキッチンにすることに。一緒にダイニングもリフォームすることにしました。テーブルや椅子も、今…
  • キッチンにありがちなリフォームの失敗事例

    ☆お洒落なキッチンが大失敗!_x000d_ キッチンリフォームであった失敗です。スパイスやジャムなどが並べられるようなお洒落な出窓のあるキッチンを希望していたため、システムキッチンの導入に伴ってキッチン全体をリフォームし…
  • 和室リフォームの失敗事例

    ☆両親のために和室を作ったのは良かったが 両親と一緒に暮らすことになり、一部屋をリフォームして和室にしました。バリアフリーのことは考えましたが、隣の部屋とまったく段差をなくしてしまうとゴミは入り込んでしまいます。また区切…
  • 玄関を考えていなかった!リフォームの失敗事例

    ☆車椅子が通れなかった玄関扉の失敗 高齢の母親が入院し、退院後は車椅子が必要になりました。リハビリを兼ねたデイサービスを利用することになったため、介護に向けて、車椅子でも通りやすいように玄関を中心にリフォームしました。玄…
  • リビングリフォームの失敗事例

    ☆おしゃれなリビングを目指した結果 今までは、家族でこたつを囲むリビングでしたが、おしゃれな暮らしを目指して、リフォームをしました。新しくソファのセットも購入したのはいいのですが、なぜか冷たい雰囲気に。家族の会話が減って…
  • 玄関リフォーム失敗事例

    ☆バリアフリーのつもりがかえって不便な玄関に 子どもたちが成長するにつれ、靴の数が増えて収納場所も狭くなってきたので、思い切って玄関をリフォームすることに。自分たちの将来を考え、バリアフリーな玄関がいいだろうと上がりかま…
  • 壁紙選びの失敗を減らす方法

    ☆壁紙の色が想像していたものと違うものだった 業者さんと打ち合わせのときに、サンプルを見せてもらいながら壁紙を決めます。しかし、サンプルにある壁紙はどれも小さく、部屋がどのようなイメージになるか想像がつきにくいものです。…
  • お風呂のリフォーム失敗事例

    ☆掃除がしづらく、滑りやすいお風呂になってしまった お風呂をリフォームするなら雰囲気もこの機会にかえてみよう、と普段選ばない濃い色を選び、カビが生えないように新たに窓をつけました。床もデザインが気に入った素材で一新しまし…
  • 体が不自由なお年寄りにとってのリフォーム失敗事例

    ☆お年寄りが困るリフォームとは? 自宅に体が不自由なお年寄りがいる場合、リフォームによって暮らしやすくしてあげたいと考える人もいるでしょう。しかし、改築することが逆にお年寄りを困らせてしまうケースも存在します。たとえば、…
  • エアコンが原因で壁紙補修!壁紙リフォームの失敗を防ぐには?

    ☆エアコン取り換えに伴い壁紙の補修費用が発生_x000d_ 全面壁紙張り替えリフォームを実施しましたが、その翌年エアコンが故障してしまいました。エアコンの修理費が思いのほか掛かることがわかったので、エアコンを買い替えるこ…
  • デッドスペースに収納をつくり有効活用のはずが

    ☆無理に収納を作るのは失敗のもと 少しでも家の中をすっきり見せたい、気がつけば子どものおもちゃが転がっている、書類や本は床におきっぱなし、冷蔵庫に入れる必要がない食品もキッチンの横に山積み、これらはリフォームで収納を新し…
  • トイレのリフォームは簡単に考えると後で後悔することも

    ☆トイレは最新の多機能なものが一番? リフォームでお馴染みなのはトイレです。毎日必ず利用する場所ですし、家族の人数が多ければ多いほど水道料金もかかり掃除も大変です。トイレなんてみな同じと考える方もいれば、この機会に最新の…
  • 対面式キッチンは壁付けのキッチンよりも多く面積を取ってしまう

    ☆失敗事例 家族の顔を見ながら料理ができる対面式キッチンに憧れ、壁付けのキッチンから対面式のキッチンに改装しました。しかし家族の顔は見えるようになったものの、以前よりもキッチンスペースが狭くなってしまいました。そしてキ…
  • ここに窓があればいいのにと思ったけれど

    ☆大きすぎる窓は開放的? リビングの窓がもう少し大きかったら部屋も広く見えるし、日当たりもよくなるし、いいなと思うこともあるでしょう。しかし、一方で大きな窓にはデメリットもありますので注意が必要です。今まで見えなかった景…
  • リフォームでキッチンが使いにくくなるかも

    ☆冷蔵庫を置くスペースは大丈夫? キッチンは水周りで劣化しやすいので、ある程度の期間が経過すると交換が必要になる場所です。設備も常に新しくスタイリッシュに使いやすくなっていますし、デザインにも流行があります。そのため、キ…
  • リビングリフォームの失敗事例

    ☆リビングリフォームの失敗例 リビングは家族が集まる憩いの場です。開放的な空間でコミュニケーションもとりやすく、家屋において欠かせない生活スペースといえますが、この空間のリフォームでは思わぬ失敗をおかしてしまうことがある…
  • リフォームの失敗事例、ペットの事情も考えよう

    ☆ペットが住みにくいリフォームをしてしまった 家を改築するとき気をつけたいのは人間だけではなく一緒に暮らしているペットの存在です。改築を行ったことでペットの元気がなくなってしまった、という事例が存在します。ペットにとって…
  • リフォームに欠かせないのはコミュニケーション

    ☆プランや予算も大切ですが 新しいキッチンやバスルーム、収納も新しくつくりたい、リフォームを考え始めると次から次へとやりたいことがでてくるものです。その他に気になるのは費用の面。ほとんどの場合には、プランやお金について家…
  • キッチンリフォーム失敗事例

    ☆人気の対面キッチンにしたら使いづらくなってしまった 開放感があって、料理をしていても孤立感のない対面キッチン。家族との対話を楽しむこともでき、幼い子どもがいても、いつでも目が届くので安心です。料理をリビングに届けるのに…
  • 部屋を明るくするためのリフォーム失敗事例

    ☆窓を大きくしすぎて失敗してしまった 以前はリビングが暗かったので、明るい部屋にしたいと考えて、思い切ってリフォーム。窓を大きくしてみたのはいいけれど、日が差し込みすぎて夏場はかなり暑くなってしまいました。逆に冬場は、ガ…
  • フローリングの色で家の中の色合いがちぐはぐな印象に

    ☆納得するまで妥協しない リフォームで失敗はしたくないものですが、床をリフォームするときに予算の関係で一部の部屋だけを替えてみようかと考えることもあるのではないでしょうか。また、和室をフローリングに変更する場合なども新し…
  • キッチンリフォームの失敗事例

    ☆キッチンリフォームの失敗事例 キッチンにおける家具の機能的な配置は、効率のよい調理を行うためには必要不可欠な要素です。この部分をおろそかにしてしまったがために、調理に時間と手間がかかるようになった例があります。まず、…
  • リフォーム業者の訪問営業に対する失敗事例

    ☆好条件を提示された工事が手抜きだった事例 リフォーム業者の営業マンが訪ねて来て「外壁の状態が悪そうなので気になって声をかけさせてもらいました。費用は結構ですので、点検をさせてもらってもよろしいでしょうか」と言うので無料…
  • ちょっと待って! 最後まで梱包してはいけないもの

    概要 本当にこれで大丈夫? 初めての引っ越しは分からないことだらけ。たくさんの手続きに荷物の梱包、新居に合わせて必要な物を購入しなければならいなど、期日までに完了させなければいけないことは山ほどあります。だいぶ余裕を…
  • 想定外の事態が頻発! Aさんがしてしまった引っ越しでの失敗3点

    概要 Aさんは大学院へ通っていた時に借りていた部屋から実家へ引っ越す際、多くの失敗を重ねてしまいます。大別して、①生活に必要な家財道具まで先に業者に運んでもらった点、②粗大ごみ回収のスケジュールが合わずに自分の手で処分…
  • こんなはずでは! 破損や紛失は意外と多い失敗

    概要 引っ越しの経験をしたことのある人であれば、一番大変な作業として荷造りを挙げる人が多いかもしれません。普段はあまり意識することのない自宅の荷物。クローゼットや押入れに収納されていたり、見せる収納として飾られていたり…
  • 無責任な業者にはご用心! 荷物の取り違えに気を付けよう!

    概要 アパートで一人暮らしをしていたAさんは仕事の都合で引っ越しをすることになりましたが、時間の都合がつかないほどに忙しい生活だったので荷物の梱包ができない状態でした。そのため、引っ越しに関係する作業のすべてを任せるこ…
  • 都道府県を跨いで引っ越す時に気を付けたいこと

    概要 Aさんがとある県から別の県へと家族で引っ越した時のことです。県内で完結する引っ越しではないため、全国で引っ越し事業を行っている会社に依頼しました。今までも県を跨いで引っ越しをしたことはありますが、仕事の都合だった…
  • 新居が傷と汚れでいっぱいに! 粗雑な引っ越し業者に気を付けよう

    概要 Aさん夫婦は長く住んでいたアパートから新居の一戸建て住宅への引っ越しを予定していました。新しい生活をスタートするにあたり、すでに家具や家電製品を複数買い替えていたため、居住しているアパートの部屋は手狭な状態になっ…
  • 余裕のある引っ越し計画を! 不用品の処分にも手間と時間がかかる

    概要 引っ越しをするかどうか決める際、物件のリサーチや新居に置きたいインテリアなど、新しい生活に向けた準備には熱がこもるものです。こんな生活がしたい、あんな憧れの部屋にしてみたい、そうしたことを考える時間はとてもわくわ…
  • その大型家具や家電、引っ越し先に入りますか?

    概要 引っ越しが決まると、事前にしなければならない事柄がたくさんあることに気付くでしょう。様々な手続きや不用品の処分、荷造りや近隣への挨拶など、要領良く物事を進めないと、あっという間に引っ越し当日を迎えてしまいます。準…
  • 失敗に学べ!満足のいく引っ越しに必要なこと!!

    概要 妊娠中や育児中の転勤や転居。その際、できだけ楽するために利用されることが多いのが「おまかせパック」や「らくらくパック」などと呼ばれるプランです。このプランは荷造りから荷解きまでフルコースでしてくれるとても便利で快…
  • 荷物の確認や顔合わせは必須条件!引越業者選びはここに注意!

    概要 実家暮らしをしているAさんは就職を機に一人暮らしをすることになりました。Aさんは親元で暮らしていたこともあって私物が多く、特に子供のころから愛用しているエレクトーンは引っ越し先でも使い続けることを考えていました。…
  • ちょっとしたコツで引っ越し後が劇的に楽になる荷造り!

    概要 気に入った物件へ引っ越すということは、新しい環境での生活の第一歩であり、とてもワクワクするものです。これからどんな生活が始まるのか、家具の配置や部屋のインテリアはどうしようか、そうしたことを悩むのも楽しいものです…
  • 前日までの準備が肝!不測の事態にも対処できるゆとりを持つ

    概要 引っ越しの際に引っ越し業者に依頼する人は多いと思います。現在では多くの業者が様々なサービスを提供しており、予算や目的にあったサービスの選択が可能となりました。荷造りから搬出・搬入すべてを業者に任せるコースや、荷造…
  • 安いだけで選んでその業者大丈夫? 大切なピアノは専門業者に

    概要 「引っ越し貧乏」という言葉があるように、引っ越しはなにかとお金がかかるものです。できるだけ費用を節約したいと考える人も多いですが、安いだけで業者を選んで失敗した人も見られます。特にピアノの運搬に関しては、ピアノ専…
  • 引っ越しで失敗しやすいインターネットの手続きの解決法!

    概要 引っ越しの手続きの中で多いトラブルがインターネットの回線継続の手続きです。引っ越し先の下調べを十分に行わず回線が使えなかった、金額が高くなったという失敗事例が多数報告されています。今回は、そんな引っ越し時のちょっ…
  • その後が大切! 出産と引っ越しが重なった時の注意点と対策

    概要 若かりしころ、新しい場所に引っ越すときというのは、当然少しの不安も抱えつつ、それ以上にどこかわくわくするような、その状況を楽しむ余裕さえあったような気がしませんか。 ところが、人は年を重ねるごとに、新しいことへ…
  • 引っ越しトラブルは準備不足が原因? 正しい対処で切り抜けよう!

    概要 アパートに長く住んでいた会社員のAさんは仕事の都合で別の街にある支店に異動することが決まり、居住地も異動先の支店がある街に変更する必要がありました。Aさんは一人暮らしだったので、家財道具や衣類の数が少なく自分で引…
  • 一人で大丈夫? 女性が引っ越しを行う時の注意点

    概要 夫の勤務先の都合で、現在の自宅から約20キロメートル離れた隣の市へ引っ越すことになった家族の事例です。夫婦と生後3ヵ月の子の三人暮らしで、夫は平日の仕事が忙しいので、引っ越し作業のすべてを専業主婦である妻に任せる…
  • 引っ越し先のお隣さんとの関係は重要です!

    概要 Aさんが生まれて初めて引っ越しを経験したのは、1年付き合った彼と結婚を決めた2ヵ月後のことでした。その時、お腹の中にはすでに新しい命が宿っていました。Aさんも夫も結婚するまではお互いずっとそれぞれの実家で暮らして…
  • ケアレスミスが招いた引っ越しの大惨事

    概要 夫婦の長年の夢であった新築のマイホームへ引っ越す時ほど、こころがウキウキ躍る日はありません。お天気予測カレンダーで大安吉日と重なる晴天の休日を慎重に選んで転居の日を決定し、引っ越し業者も早めに手配しました。1ヵ月…
  • 思い出の品を台無しにしないために! 引っ越し作業は事前準備が大切

    概要 親元を離れて長らく一人暮らしを営んでいたAさんは、Bさんとの結婚が決まり、今まで住んでいた集合住宅からBさんの実家でもある一戸建て住宅に引っ越すことになりました。Aさんが住んでいた部屋は一人暮らしなので荷物は少量…
ページ上部へ戻る