紙書籍 税理士が見つけた(本当は怖い)アパート経営の失敗事例34

空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもかかわらず総住宅数は増え続けています(総務省統計局「平成30年住宅・土地統計調査」より)。
アパート経営は「堅実な副業」とも言われてきましたが、現在は厳しい市場環境とも言えます。
そんな状況だからこそ経理・税金の面を正しく理解しておくことは重要です。
事例を読めば失敗を回避できる、あなたを守る一冊です。また、東峰書房の「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」では「失敗の回避」というはっきりしたテーマを掲げ、「どんな場面で、どんな失敗をするのか?」のケーススタディを掲載しています。

東峰書房の失敗から学ぶ実務講座シリーズは「失敗の回避」というはっきりしたテーマを掲げ、「どんな場面で、どんな失敗をするのか?」のケーススタディを掲載しています。
貴方をサポートする実務書として、あるいはウンチクが語れる読み物として、ぜひお役立てください!

ご購入はコチラから

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る