解散をした子会社の繰越欠損金の引き継ぎを行わず当社の決算申告をした

親会社A社のグループ会社である子会社B社は、平成22年12月に解散をし、平成23年3
月末に残余財産を確定しました(A社及びB社はともに3月決算法人)。
ただし、A社は平成23年3月期においてB社の繰越欠損金5億円の引継ぎを行わず申告をしました。
なお、A社とB社は5年前の日から継続して支配関係にあります。(図1)

電子書籍のお買い求めはコチラ



解散をした子会社の繰越欠損金の引き継ぎを行わず当...

解散をした子会社の繰越欠損金の引き継ぎを行わず当社の決算申告をした
価格:50円(税込、送料込)

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る