後継者である息子は自分流に会社を作り上げようとしており、新しいことをどんどんやりたがる

私は、小売業を営むD社のオーナー経営者でしたが、そろそろ代表の座の引き際と考え、かねてからD社の常務取締役として頑張ってもらっていた息子へバトンタッチを行いました。しかし、息子は代表者になった途端に新しいことをやりたがり自分独自に会社を作り上げようとしています。また自社株の移転は私の相続の時でよいと考えています。

電子書籍のお買い求めはコチラ



後継者である息子は自分流に会社を作り上げようとし...

後継者である息子は自分流に会社を作り上げようとしており、新しいことをどんどんやりたがる
価格:50円(税込、送料込)

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る