その大型家具や家電、引っ越し先に入りますか?

概要

引っ越しが決まると、事前にしなければならない事柄がたくさんあることに気付くでしょう。様々な手続きや不用品の処分、荷造りや近隣への挨拶など、要領良く物事を進めないと、あっという間に引っ越し当日を迎えてしまいます。準備は完璧にこなしたから大丈夫、そんな風に思っていても、新居で思いもよらないトラブルが発生することも。ここでは事前に確認することで回避することができるトラブルの事例を紹介します。

失敗事例

Aさんは大の家電マニア。新しい家電が出るとその都度どうしても欲しくなり、冷蔵庫や洗濯乾燥機など、常に最新の家電を購入し、使用しています。買い替えを重ねるたびに冷蔵庫は大型のものとなり、洗濯機は乾燥機能がついた縦置きドラムを購入しました。新しい家電は使い勝手が良く、本当に便利です。しかし現在の住まいは狭い賃貸アパート。空間には限りがあります。出入りするスペースも狭く、いつも大型の家電を購入すると、その搬入が問題となってきました。玄関から搬入できない時もしばしば。しかしAさん宅は1階だったため、部屋の窓ガラスを取り払うことができ、そこから搬入したこともありました。
そんなAさん、現在のアパートは手狭になってきたため、引っ越しを検討することに。収納が少ないため、大量の荷物の置き場所に困るようになったのです。幸い近隣に手頃な賃貸マンションを見つけることができ、無事に契約も済ませました。今回の住まいは2階です。部屋も現在の数より1部屋増え、周辺環境も申し分なし。新しい住まいに期待を膨らませ、引っ越しの準備を進めました。大型の家電もあり自分一人で作業をすることは困難だと判断したAさんは、C社に引っ越しの作業を依頼。営業員がAさん宅を訪れて見積もりが行われ、やはり荷物の量の多さから、引っ越し料金は予想していた金額よりも高いものとなる結果に。この時ばかりは、大型の家電を購入したことを少しばかり後悔しました。
時は流れ、引っ越し当日を迎えます。これまで数回引っ越しを経験しているAさん、今回も何の問題もなく、作業はすぐに終了するだろうと考えていました。引っ越し業者のスタッフが到着し、着々と荷物が運び出されていきます。問題の冷蔵庫は玄関からの搬出ができず、窓から搬出することに。しかし、ここはプロ。少々のトラブルがあっても的確に対処しながら荷物を運び出し、あとは新居へ荷物を搬入するだけとなりました。
新居に到着し、あとは荷物を搬入するだけの状態。Aさんは事前に大型の家具や家電をどのスペースに搬入するのか、大まかなレイアウトは決めていたので、搬入を行うスタッフにテキパキと指示を出します。次々に荷物が運びこまれ、何のトラブルもなく引っ越しが終わると思った矢先、とんでもない事実が発覚したのです。なんと冷蔵庫と洗濯機が予定していたスペースに入らないことが分かったのです。新居にはそれぞれ、冷蔵庫と洗濯機が置けるスペースが確保されており、それぞれ3方向が壁で囲まれた作りとなっていました。大型の家電を設置しても居住スペースを邪魔することなく配置でき、収まりの良い見た目の美しさもこの新居に決めた理由でした。しかしAさんは、一つの失敗を犯していたのです。新居のスペースのサイズ確認を行っていませんでした。忙しかったAさんは、一度清掃とカーテン設置のために新居を訪れたのですが、ぱっと見た感じの印象で冷蔵庫も洗濯機も搬入には問題ないと判断し、正確なサイズの確認をしなかったのです。Aさんの所有している冷蔵庫と洗濯機は新居のスペースにあと1センチほどのところで入らず、行き場を失ってしまいました。収まらないものを収めることはできませんから、部屋の空いているスペースに仮置きしてもらい、引っ越し業者のスタッフは次の引っ越しへ向かうためにAさん宅から帰っていきました。部屋の中は大型の冷蔵庫と洗濯機が陣取り、新居での楽しい生活を楽しみにしていたAさんの期待は見事に打ち砕かれる結果となったのです。

正しい対応

フリーなスペースに搬入する場合には問題にならない場合でも、決められたスペースに搬入しようとすると収まらないといった問題が生じることがあります。特に大型の家具や家電の場合、事前のサイズ確認が重要です。Aさんも事前にしっかりと確認さえしていれば、こうした失敗は避けられたはずです。そのひと手間が明暗を分けるのです。その後、Aさんは洗濯機をスペースに合わせて買い替え、冷蔵庫は置き場所の変更を余儀なくされました。

解説

Aさんは手持ちの家電が入らないという経験をしましたが、新居への引っ越しに合わせて家電を購入する人もいるでしょう。そうした場合でも、設置する場所のサイズをしっかりと確認しないと、洗濯機が防水パンよりも大きく設置出来ないというようなトラブルもあり、せっかく購入した家電を使用できないといった悲しい事態にもなりかねません。
冷蔵庫や洗濯機は、本当に予定しているスペースに収めることができますか? 大型のベッドは大丈夫? サイズの大きな荷物こそ、置き場所のスペースをしっかりと確認しましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る