ハワイ旅行の日焼けによる失敗事例

☆ハワイでの日焼けで肌が真っ赤に!
ハネムーンで初めてのハワイを訪れたときのことです。ホノルル空港に到着してまず驚いたのがハワイの紫外線の強烈な強さ。ジリジリと刺すような日差しの強さに慌てて日焼け止めを塗りました。紫外線対策をばっちりしたつもりで、その後ハワイを満喫したのですが、日本へ帰国後に会社で周りに驚かれるほど日焼けしていました。元々アトピー性皮膚炎もあり肌が人一倍弱いこともあって、肌がヒリヒリと痛くなり顔や身体、頭皮まで日焼けで赤くなってしまったほどでした。

☆日焼けしてしまったポイント
ハワイについての事前リサーチが、観光スポットやグルメなどがメインとなってしまい、ハワイの温度や気候、それに応じた服装などの紫外線に関する具体的なリサーチが不十分でした。また、紫外線対策についてよく知らなかったことも原因でしょう。肌が人一倍弱いにも関わらず「日焼け止めさえ塗っていれば大丈夫」という紫外線に対する認識の甘さも問題でした。

☆ハワイの日焼けで失敗しないための対応とは!?
ハワイは日本と比べて紫外線が非常に強いので、日焼けには十分に注意するようにしましょう。そして紫外線対策として「日焼け止め」「服装」などの準備も万全にしておきたいところです。具体的には、日焼け止めはSPFの数値の高いタイプを選ぶようにし、顔と体以外にも手の甲なども女性は指輪の跡など付かないよう忘れずに塗るようにしましょう。また、数時間毎に日焼け止めを塗り直すことも大きなポイントです。服装では「ラッシュガード」という日焼け防止の服を選ぶのもオススメ。旅行中ずっとラッシュガードを着ていると、日焼けのリスクを軽減できます。それ以外にも、強い紫外線から守るために「サングラス」や「帽子」もぜひ準備するようにしましょう。

☆ハワイ日焼け止め対策の解説
海外旅行の際は、気候や温度なども入念に調べることが大切です。また、日焼け止めの対策として、服・帽子・日焼け止めローションなども出発前に準備しておいたほうが、旅行中も有意義に時間を過ごせることに繋がります。もし、現地で日焼け止めなどを購入する際は、成分などが日本と違う場合も想定されますので、自分の肌に合うタイプを選ぶようにしましょう。万が一、旅行中に日焼けで皮膚にトラブルが生じた場合には、ビーチなど特に紫外線の強い場所に行くのは避けるようにして、現地の病院に行くようにしましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る