ハワイ旅行での荷物の失敗例

☆旅行にやってしまいがちな例
初めてのハワイでやってしまいがちなことのひとつは、出発時に着替えで荷物がいっぱいになることです。荷物が多すぎるだけではありません。半袖に短パンのような同じような服ばかりに偏ってしまうのも失敗と言えます。滞在日数が多ければ相応の着替えは必要ですが、似たようなものを日数以上詰め込んでしまいスーツケースを始めから満杯にするのは避けたいところです。ハワイに限らず他の海外旅行でもありがちですが、現地に行ってみると着用しないまま持ち帰ってしまう服も少なくありません。帰りにはお土産がスーツケースに入らないばかりか、予備のバッグを購入して帰ることになります。

☆着替えで荷物がいっぱい
失敗する理由のひとつは、ハワイは暑い地域というイメージだけが優先してしまって同じような服に偏ってしまうことです。その結果、服にメリハリがないだけでなく、荷物を不要に増やしてしまいます。実際に渡航するときの気温など、現地の情報をインターネットで調べることや旅行会社のガイドへの確認を怠ってしまうとこのような失敗に繋がります。現地の正しい気温や環境の情報を吸収しないだけでなく、日本から持っていく必要があるかどうかを事前にしっかり調べないことも原因です。

☆地でも購入してみよう
ハワイ旅行のときは最低限の服にして、後は現地で購入してみましょう。サイズ表記が日本と異なるので大きめのものは多いですが、試着すれば問題ありません。参考までに書いておくと日本よりワンサイズ大きいと考えておけばいいでしょう。日本でSサイズの人ならPサイズ(プチサイズ)がオススメです。ただし、ブランドでも若干差はあるので試着が原則です。実際にハワイに行ってしまうと、ホテルの中や街中にあるブティックやデパート、土産店があちこちにあります。アウトレットへ行く人もいます。滞在日数にもよりますが、ハワイに合った服を買いたくなる人は多いのではないでしょうか。

☆必要なものだけ持って行こう
ハワイは確かに暖かい地域です。春先でも日中は気温が上がり日差しも強いですが、室内は冷房が効いて寒いと感じることがあります。何より早朝のハワイは意外と冷えます。海水浴で混み合う前の静かなビーチを歩くのは気持ちいいのでオススメですが、半袖やノースリーブでは肌寒いかもしれません。薄手の着替えは少なめにして、冷房が効いた室内や早朝の散歩に重宝な羽織れるものを持って行くといいでしょう。現地でも調達は可能ですが、着いていきなり冷えてしまうことがあると初日で体調を崩すこともあります。サンダルなども現地で購入するとお土産にもなってオススメです。また、入店できない場合もあるため、レストランを予約していくなら正装が必要な場所かどうかチェックして、現地で買えないものは持って行きましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る