コピーブランドを買ってしまったら?ハワイ旅行の失敗事例

☆コピー商品の持ち込みは違法になる
ハワイ旅行で多い失敗はコピー商品を購入してしまうことです。ブランドによっては本物ではなかなか手が届かない価格のものがあるので、海外旅行でコピーブランドを購入する人は少なくありません。ハワイにもスーパーコピーと言って精巧に作られたものが売っていることがありますが、違法行為になるので注意しましょう。しかし、なかには旅行のお土産品のついでに知らないまま買ってしまう人もいるようです。

☆お店をよく知らないのが失敗の原因
コピーブランドを購入する気がないのに買ってしまう人の多くは、知らずにコピー商品を扱っている店に入ってしまうことが原因です。屋台のような見た目で怪しいと感じるシチュエーションでも、欲しいアイテムを見つけたときに買ってしまう人がいます。また、現地でタクシーを利用したときに、目的地に行く前におすすめのお店として経由してくれるドライバーが稀に存在します。立ち寄る店は土産店などが多いですが、奥がコピー商品専門になっていることが多く、安さにごまかされて購入する人もいるのです。

☆買わない!持ち込まない!
ハイブランドは屋台などのような誰でも簡単に手に取れる場所では売られていません。土産店で奥に案内されたりタクシーに乗った時に怪しい店に連れて行かれたりしても購入しないことです。表向きは普通の土産店のようなところでも、日本人はコピーブランドを買ってしまう人が多いので声をかけられることがあります。しかし、コピーブランドの購入や持ち込みは禁止されているので税関で没収されます。持ち込み方や量によっては没収では済まされない場合があることも考えておきましょう。

☆安く購入したいならここで買おう!
ブランド品は正規店か免税店、またはアウトレットで購入しましょう。ホテルにも正規店が入っていることが多いですが、手頃で購入できるものは少ないのでアウトレットがおすすめです。ハワイならワイケレ・プレミアム・アウトレッツが人気で、遅くまで開いているのでゆっくり見ることができます。日中はビーチや観光で過ごして夜間になった場合でもショッピングが楽しめる時間まで開いています。お土産やブランド品など幅広いショッピングを楽しむならアラモアナセンターもいいでしょう。アラモアナセンターはハワイ最大のショッピングセンターで、ブランド店からフードコートまで揃っています。他にも街を散策しながら入れる免税店などがあるので利用しましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る