トイレのリフォームの失敗事例!タンクレストイレに変更して後悔

☆タンクレストイレに変更したけど失敗!
トイレが狭く感じられ、掃除もしにくかったのでリフォームしました。タンク付きトイレをタンクレストイレに変更したのです。またトイレ内に手洗いも設けました。タンクレストイレには、タンク付きトイレのように手洗いが付属していないからです。これでタンクがなくなった分だけ余裕ができて、広く感じるようになると期待しました。しかし、タンクレストイレに変えても、依然として狭く感じられ、掃除も楽になりませんでした。

☆なぜ失敗したのか?手洗いを設けたから!
トイレ内に手洗いを設けたことが原因です。タンクレストイレの場合はトイレ内に手洗いを設けるのが一般的です。トイレの空間が広ければ、手洗いを設けても特に問題ありません。しかし狭い場合は、手洗いによって空間が圧迫されることになります。タンクがなくなっても、手洗いにスペースを割いたことにより、広くなったように感じられないのです。掃除の際も手洗いが邪魔になってしまい、特に楽になったようには感じられません。

☆防ぐ方法はあったか?2つの選択肢がある!
手洗いを設ける前に余裕の有無を十分検討しましょう。余裕がない場合は2つの選択肢があります。1つ目は、トイレ内に手洗いを設けないことです。一般的な住宅ではトイレの近くに洗面所があります。手洗いを洗面所で兼用すると良いでしょう。2つ目は、タンクがコンパクトなタンク付きトイレを選ぶことです。付属の手洗いを利用しやくするなどの目的で、タンクをコンパクトにしたタイプが存在します。そのようなタイプを選べば、手洗いを別途設ける必要がありません。タンクレストイレほどではありませんが、空間に余裕ができるでしょう。

☆タンクレストイレの留意点を解説
トイレをリフォームするときに、タンクレストイレに交換するケースがよく見られます。しかしタンクレストイレにも、デメリットがあることを知っておきましょう。タンクレストイレはタンクに水を溜められないので、基本的には水道から水を直接供給することになります。そのため水圧が低いと、流しきれなかったり詰まったりするケースがあります。変更前に水圧を確認しておくことが大切です。
タンクレストイレは流すときに電気を使用します。停電対策が施されているタイプが多いですが、それでも停電時は特別な操作が必要です。タンク付きトイレと比べると、停電時は不便に感じられるでしょう。また一般的には、タンクレストイレはウォシュレットと一体になっています。そのためウォシュレットだけが故障した場合、それだけを買い替えることはできません。メーカーに修理や部品交換を依頼する必要があります。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る