友人の出産祝いは、みんなで相談してから贈ろう

☆出産祝いの失敗事例_x000D_
友人に赤ちゃんが生まれたので、出産祝いのプレゼントはどんなものにしたらよいかと悩み、インターネットで情報収集をしました。そして、当時流行していた育児グッズとベビー服を選んでプレゼントしました。しかし、はやりものを選んでしまったため、プレゼントの内容が友人と同じものになってしまいました。出産した友人は「気にしなくていいよ。大切に使わせてもらうからね」と言ってくれたのですが、プレゼント選びを失敗したと後悔しました。_x000D_
_x000D_
☆流行のものが喜ばれるという訳ではない?_x000D_
「流行のものをプレゼントすれば、必ず喜んでもらえる」という考えが失敗の原因でした。流行のものでなくても「友人が喜びそうなもの」や「赤ちゃんの毎日のお世話に役立つもの」など相手の目線に立った内容のものを選んでおけば、このような失敗はなかったと思います。また、実用的なものでなくても、写真立てやアルバムなどといった赤ちゃんの成長の記録に役立つようなものであれば、いくつあっても使ってもらえるのではないかと思いました。_x000D_
_x000D_
☆出産祝いを考える時の正しい対応とは_x000D_
友人への出産祝いのプレゼントについて考える時には、仲の良い友人同士で集まったり、連絡を取り合ったりするなどして、プレゼントの内容について事前に相談しておくのが正しい対応だったと思います。そうすれば、友人同士で同じ内容のものをプレゼントするようなことは防げたでしょう。また、出産を経験した友人には「どのようなものをプレゼントされたらうれしい?」などというように、好みや欲しい物についてリサーチしておくことがおすすめです。さらに、友人同士で出産祝い相談を事前にする時は、プレゼントの予算についても話し合っておきましょう。予算はあらかじめ同程度の金額に設定しておき、その中でプレゼント選びをするのがベストだと言えます。_x000D_
_x000D_
☆本当に喜ばれる出産祝いを選ぶために_x000D_
出産祝いには流行があるため、友人同士で事前に相談をしておかなければ、プレゼントの内容が同じものになってしまう可能性が考えられます。特に、育児グッズやおもちゃ、ベビー服などは流行に左右される傾向があるため、そういったものをプレゼントする時は慎重になる必要があります。赤ちゃんが生まれて、たくさんの人が祝福してくれるという気持ちはうれしいものの、プレゼントされたものを実際に使うとなると、同じものを複数いただいてしまっては、少々困ってしまうというのが実情です。出産祝いのプレゼント選びの失敗を防ぐためにも、仲の良い友人との事前の打ち合わせはしっかりとしておきましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る