フィンガーボウルって何?知っておきたい洋食のテーブルマナー

#フィンガーボウルの水を飲んでしまった_x000d_
初めてフランス料理を食べに行ったとき、テーブルに置かれたフィンガーボウルが何に使う物かわからずに中の水を飲んでしまいました。わからなかったとはいえ、とても恥ずかしい思いをしたことを覚えています。小さな器に水ときれい花が浮かべてあったので、ハーブティーかと思ったのですが、指先を洗うための水だと知ってとても驚きました。_x000d_
_x000d_
#料理によってマナーが異なることを知っておく_x000d_
間違ってフィンガーボウルの水を飲んでしまったのは、事前にフランス料理のマナーについて調べていかなかったことが原因だと思います。和食のマナーは小さな頃からしっかりと身につけていたので、フランス料理やほかの国の料理でも柔軟に対応できると考えていました。料理によってマナーにも違いがあることやフィンガーボウルのように用途に合わせて利用するアイテムがあることを知っておくべきでした。何に使う物なのかスタッフに聞けばよかったのですが、気恥ずかしくてできませんでした。_x000d_
_x000d_
#フィンガーボウルの正しい使い方_x000d_
フィンガーボウルは、オマール海老のような甲殻類や殻付き牡蠣などの料理のタイミングで出されます。ナイフとフォークで食べるメニューが多いフランス料理ですが、食べづらいメニューによっては手で食べられるように指先を洗うためのフィンガーボウルが用意されるのが一般的です。指先をこすり合わせるようにして汚れを洗い落とします。両手が汚れてしまったときには、片手ずつ洗ってナプキンで拭きましょう。フィンガーボウルがある場合でも、手を使わずに食べることができるのであれば無理に手で食べる必要はありません。美しく食べるために必要に応じて使用しましょう。_x000d_
_x000d_
#テーブルマナーを身につけるためには下調べが大切_x000d_
洋食を楽しむためには、ナイフとフォークの使い方だけでなくフィンガーボウルの目的や使い方も知っておくと安心です。和食よりもテーブルマナーが少ないとされる洋食ですが、最低限のマナーはしっかりと覚えておくほうが良いでしょう。フィンガーボウルの水を飲むことやナイフとフォークの使う順番に悩むことがないように、事前にテーブルマナーについて調べておくことが大切です。甲殻類や殻付きのメニューだけでなく、アスパラガスなどの料理の際にもフィンガーボウルが出されることがあるので、必要なときは遠慮なく使いましょう。ほかにもテーブルマナーについて悩むときには、スタッフに質問したり教えてもらったりすることで、マナーを守りつつ料理を楽しむことができます。また、テーブルマナーを身につけるためにも、わからないことはそのままにせずに事前に下調べをしておくことがポイントです。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る