日本とは違う?ハワイでの有料駐車場の使い方

☆有料駐車場の使い方がわからずに
国際免許を持っているので、ハワイで車を借りてドライブしていました。小腹がすいたので食事をしようと思い、駐車場を探したのですがその日は日曜日で無料のパーキングはいっぱい。仕方なく有料の駐車場に車をとめることにしたのですが、料金の支払い方がよくわかりません。日本と同じように後払いのシステムなのかと思い、そこへ車をとりあえず駐車しておいて食事やショッピングに出かけてしまいました。ところが、買い物を終えて駐車場に戻ってみると、フロントガラスに違反を知らせる紙が挟まれていたのです。内容はもちろん英語で書かれていましたが、どうやら罰金を支払わなければいけないようで、結局35ドルも支払わされることになってしまいました。

☆海外のルール確認をしなかった
海外旅行で車を運転する際は、もちろん外国の交通ルールを知っておく必要がありますが、駐車場の使い方を理解できていなかった点が失敗のポイントです。また、日本の駐車場のシステムと同じだと早合点し、正しい車の駐車方法を確認しなかったことも失敗の原因の一つでしょう。

☆わからないことがあったら現地の人に聞こう
海外での車の運転は日本とはあらゆる面で勝手が違います。それだけに、事前の確認が欠かせません。海外への旅行で車を使おうと考えているなら、さまざまな事態を想定してあらかじめシミュレーションしておきましょう。わからないことに直面したら、現地の人にやり方を聞くという姿勢も大切です。恥ずかしがらずに積極的に声をかけるように心がけると良いでしょう。

☆有料駐車場の使い方と罰金の支払い方を確認
ハワイの有料駐車場は、日本とは駐車のシステムが異なります。ただ、駐車方法自体は難しいものではないので、海外で車の運転を考えているなら、しっかりと事前確認しておきたいところです。ハワイの有料駐車場では、基本的に料金は前払いのことが多いです。駐車場には支払い用の機械が設置されているはずですから、まずはそこに指定の料金を支払い、出てきたレシートをダッシュボードの上に置いておきましょう。このように、支払い自体はとてもシンプルにできるので、あとで罰金を取られることがないようにしっかり前払いで駐車してください。ちなみに、もし駐車違反で罰金を命じられた場合、ハワイでは小切手を使って郵送するというのが通常です。罰金の支払いには期限があり、その期限を過ぎると追加でさらなる罰金を支払わされてしまうので、支払いはできるだけ速やかに行うようにしましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る