任せきりはNG!自分できちんと計画を立てよう

☆初めてのハワイで失敗……
初めてのハワイでした。旅行会社にツアーで申し込み、空港や荷物の手配をすべて任せきりにしていました。旅行会社には預けてある荷物を宿泊するホテルへ届けてくれるサービスを行ってくれるところもあります。しかしこのとき、パスポートや財布以外のすべての荷物を旅行会社に預けてしまったことが失敗の始まりになってしまいます。3月にハワイへ行ったのですが、日本ではまだ肌寒くて、長袖とジーパンで空港へ向かい、機内もその格好で過ごしていました。しかし、ハワイは常夏なので、3月でもかなり暖かいです。現地の人はほとんどがTシャツや短パンといういで立ちです。空港からすぐに宿泊先のホテルへ直行したのですが、ホテルへ到着したときにはまだ荷物が届いていませんでした。そのため、日本からやってきた格好のまま着替えることができず、暑いので外にも出られない始末に。結局、荷物が届くまでの時間、ホテルに閉じ込められることになってしまいました。

☆気候の違いを認識できていない
貴重品以外の荷物をすべて預けてしまったことがミスの原因だと言えます。また、日本とハワイの気候の違いを認識できていなかったことも問題のひとつでしょう。

☆計画を立てておけばより楽しめる
海外旅行へ行く前は、日本と外国の気候の違いをしっかりと確認しておきましょう。気候の違いを考慮に入れたうえで、そのときに身に着ける服装を考えておけば、現地に到着しても問題なく楽しめます。それから、初めての海外旅行であっても、すべてを業者に任せてしまうのではなく、きちんと自分自身で計画を立ててから臨むことも大切です。

☆業者に任せきりにせずに、自分でもしっかりと計画を立てよう
海外で重い荷物を持ち歩くのはちょっと大変なものです。そのため、業者も荷物を預かるサービスを行っているわけですが、このときすべての荷物を預けてしまわないように気をつけましょう。貴重品はもちろん、簡単な着替えや到着後すぐに必要になりそうなものなどは、できるだけ業者に預けずに自分で身に着けておくようにすると良いです。せっかくハワイですから、時間は無駄に使いたくないところでしょう。そういう意味では、荷物のことも含めて、初めての海外であっても自分で計画をしっかりと立てるということも欠かせません。ツアーで申し込んでいたとしても、すべてを任せきりにしてしまうのではなく、自分でも積極的に計画を立てて臨んだほうが、時間を有効に使うことにもつながります。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る