ハワイ旅行の時差ボケの失敗事例

☆ハワイの時差ボケの失敗例
女友達とハワイ旅行に行った際、日本を離陸した後に約7時間のフライト中ずっと起きていました。大好きなコーヒーを飲みながら、ハワイの雑誌を読んだり、映画を見たりと気ままに時間を過ごしていると気がつけばもう到着。ハワイの現地時間は朝8時頃だったため、体を十分に休めないまま旅をスタートさせることになりました。当然、身体はすぐに疲れ19時間の時差にノックアウト状態となり、3泊5日のハワイ旅は時差ボケのまま不完全燃焼で終わることになってしまいました。

☆ハワイの時差ボケ失敗のポイント
日本とハワイとの間には19時間の時差があり、到着後にハワイの朝がスタートすることの認識不足が1番の敗因でしょう。具体的には、仲の良い女友達との海外旅行で機内でも話が盛り上がってしまい、ハワイの旅行雑誌を読みながら旅のプランを立てていましたが、出発前に前もってプランを立てておくべきでした。また、まだ観たことのない映画を観たりする時間も仮眠しておくべきでした。さらに、機内での飲み物は覚醒作用の高いカフェインのコーヒーを選んでしまったことも問題です。

☆ハワイの時差ボケの正しい対応
一般的にハワイ便の飛行機は日本を夜に出発するため、離陸前に軽食を済ませるようにし、出発後はすぐに仮眠するようにしましょう。充分な仮眠が取れれば約7時間のフライト後、時差ボケになりにくくなります。特に短期間の旅行の場合には、旅の初日はできるだけ1日中起きていたほうが時差ボケになりにくいといわれています。また、機内での飲み物はカフェインを避けるようにし、ハーブティやアルコールなどを選ぶことも時差ボケには効果的です。

☆ハワイの時差ボケについての解説
ハワイと日本の間には19時間の時差があるため、時差ボケになりやすい傾向があります。時差ボケを予防するためには、機内に入ったタイミングでハワイの現地時間に身体を合わせるようにしましょう。そのためにはフライト中に眠ることが鍵になります。質の良い睡眠のために、耳栓やアイマスクを利用して音と光を遮断するのもベターです。服装は締め付けの強いタイトジーンズや脱ぎ着しにくい羽織るものは避けるようにして、ワンピースなどゆったりとした服を選ぶようにしましょう。飛行機ではなかなか眠れないタイプの人は、出発前日に睡眠時間を少し減らすなど上手くコントロールしてから飛行機に乗ることもおすすめです。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る