ハワイ旅行の海辺の貴重品管理

☆意外と大変!海辺の貴重品管理
ハワイといえば「海」ということで、ひたすら海を満喫するためのスケジュールを立てる人もいることでしょう。特にワイキキビーチは絶対に外せない必見のスポットと言えます。
しかし、ビーチでの貴重品管理は思っている以上に大変です。日本の海であれば、貴重品を預けるロッカーなどが設置されていますが、ワイキキビーチは違います。貴重品は自分自身で管理をするのがスタンダードとなっており、預けられる場所はほとんどありません。貴重品を管理する準備をしていなかったため、安心して海で遊べなかったという失敗はありがいです。

☆失敗のポイントは?
海で遊ぶのに、必要以上に貴重品をもっていってしまったことが失敗のポイントです。もしワイキキビーチを満喫したいのであれば、そこの近くのホテルを予約するのがベストです。ホテルから近ければ、持っていく荷物を減らすことができます。また、ワイキキビーチも魅力的なスポットですが、ホテルにプライベートビーチがあれば、そこを利用するのもおすすめです。監視員付きのビーチであれば、より安心して利用することができるでしょう。長時間海で過ごしたいのであれば、ワイキキビーチにこだわりすぎず、プライベートビーチを利用するのも1つの方法です。

☆貴重品管理はどうすればいいの?
ホテルのキーや最低限のお金など、どうしても持っていかなければならない貴重品はあります。それらをワイキキビーチで管理する方法は3つあります。1つ目は先ほど紹介した通り、荷物を見ている人を1人ビーチに残す方法です。これが最も安全で確実な方法です。2つ目はコンビニやレンタルショップのロッカーを利用する方法です。ここに預けることができればいいですが、非常に小さいロッカーのため空きがない可能性もあります。そして3つ目は防水のカバンに入れて海に持ち込む方法です。水が入らないようビニール袋に包みカバンに入れて持ち込みますが、海の中でカバンごと落としてしまうリスクもゼロではありません。

☆ハワイの海を満喫するためには
海外旅行で貴重品を失くしてしまうと、旅行を楽しめないだけでなく、日本に帰れなくなる危険もあります。ハワイは比較的安全だと言われていますが、それでもハワイの海を満喫するためには、貴重品管理について事前に考えることも重要です。他の観光地と比べて治安が良いといっても、貴重品をビーチに残し、海で遊ぶのは好ましいとは言えません。できるだけ持っていく貴重品を減らし、ビーチでの管理方法を徹底することで、ハワイの海を安心して楽しむことができるはずです。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る