ハワイで路上駐車をして後悔!レンタカーを借りたときの失敗事例

☆路上駐車をして失敗!
ハワイの滞在中に路上駐車の取り締まりにあってしまいました。ハワイのワイキキにあるホテルに宿泊していたのですが、ノースショアに行きたかったのでレンタカーを借りました。ノースショアまでのドライブは楽しかったです。特にトラブルはありませんでした。問題が起こったのはワイキキに戻ってきたときです。ホテルで食べるおやつを買おうとして、小さなショップの前の路上に駐車しました。隣の区画にコインパーキングがありましたが、疲れていたし少しの間だけなので、構わないと判断したのです。ノースショアで路上駐車をしたときは、取り締まられなかったので大丈夫だと思いました。しかしショップの外に出ると、警官がいて反則切符を切られてしまいました。

☆失敗の原因は?ハワイは路上駐車に厳しい!
ハワイは路上駐車の取り締まりが厳しいことを、認識していなかったのが大きな原因です。少しの間だけならレンタカーから離れても大丈夫だろうと判断したのも間違いでした。また、ノースショアで取り締まられなかったからといって、油断してしまったのも問題です。

☆コインパーキングに駐車すれば良かった!
少しの間だけでも、ハワイでは駐車場に駐車するように心がけましょう。特にワイキキ周辺は交通量が多いので、取り締まりが非常に厳しいことを認識しておく必要があります。コインパーキングはたくさんあるので、積極的に活用すると良いです。ただし、使い勝手が日本のものとは異なります。レンタカーを借りるときに、一般的な使用方法について確認しておいたほうが良いでしょう。

☆路上駐車のリスクについて解説!
海外旅行をしてレンタカーを借りるなら、前もって現地の交通ルールや自動車マナーについて調べておいたほうが安心です。ハワイは交通機関が充実していません。島全体を満喫したいと思ってレンタカーを借りる人も多いでしょう。日本人が多い観光地とはいえ、交通ルールや自動車マナーは日本と大きく異なります。ハワイでは僅かな時間の路上駐車でも、反則切符を切られるだけでなく、レッカー移動されてしまうことが珍しくありません。そのような目に遭うと、多くの場合は自分でレンタカーを引き取りに行く必要があります。レッカー移動の費用も請求されますし、貴重な旅行の時間も大きく浪費することになるでしょう。そういう事態を避けるためにも、ハワイでは路上駐車をしないように徹底するのが得策です。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る