タクシー料金が違う?ハワイ旅行での失敗事例

☆タクシー料金のトラブル
海外旅行で割と多いのはタクシーでのトラブルです。同じ距離で同じ場所なのに、行きと帰りでは料金が違っていたという話は珍しくありません。ハワイでも同様のことがあります。なかには帰りの料金が行くときの倍だったという驚きの金額を請求されたという話まであります。慣れない観光地では、行き先を告げれば真っ直ぐ向かってもらえるタクシーは便利ですが、毎回料金が違っていたら不安です。

☆行き先でタクシーを拾うと?
タクシー料金で失敗した人の多くは、帰りのタクシーをその場で拾っているというケースが見られます。目的地に行く時にはほとんどの人はホテルの前で待機しているタクシーを利用するでしょう。ホテル前で待機しているタクシーは、ほぼ安全なタクシーと言われているので、法外な料金を請求されるというリスクは少ないでしょう。稀に目的地以外の土産店などをすすめられることはありますが、断れば無理に寄ることはないので大丈夫です。どのタクシーでも必ずそうだというわけではありませんが、外出先で拾ったときには料金が高めになっている場合が見受けられます。

☆こんな方法もおすすめ
旅行の自由行動で観光地やショッピングを回るときには、ホテルで呼んでもらった安全なタクシーをチャーターするほうがいいでしょう。ちょっと贅沢な気分を味わうならリムジンタクシーのチャーターもおすすめです。数人の家族やグループで回るなら料金を出し合えるので驚くほどの料金にはなりません。チャーターは抵抗があるというなら、ハワイはトロリーバスを利用してみましょう。観光地を巡るのに便利ですし、観光客はたくさん利用しています。列ができてしまい並ぶのを面倒に感じるなら、次のバスを利用すると良いでしょう。バスの本数は多くありますから問題はなさそうです。ホテルから遠い場所はオプショナルツアーを利用すれば送迎バスでピックアップしてもらえるので安全です。

☆周囲の反応も参考にしよう
タクシーは客を乗せるのが仕事なので、声をかけてくることももちろんあります。トロリーバスの乗り場が長蛇の列になっていたり、観光地から外れた場所を歩いていたりすると声をかけてくることがありますが、周囲の反応を参考にしましょう。他の観光客が乗るのを拒否している場合や無視している場合は、怪しいタクシー会社である可能性が高いからです。そして、治安が良くて歩けるところはできるだけ歩くのもいいでしょう。ハワイは離島でなければ通り沿いにはさまざまなお店が並んでいます。お店を覗いたり、綺麗な景色を楽しんだりしながら散策するのもハワイの楽しみ方のひとつです。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る