名刺交換での失敗事例

名刺交換にはさまざまなマナーがあり、慣れないうちは緊張がともなうものです。しかし慣れたからといって油断は禁物。そのようなときにこそ、思わぬ失敗をしてしまうことがあるのです。

☆名刺交換でのまさかの失敗
社会人になりたてのころは緊張していた名刺交換も、数をこなすうちに慣れてきて、相手の顔なども冷静に覚えられるようになってきました。そんなときに落とし穴があったのです。
いつものとおりに名刺の補充もきっちりとして、客先に臨みました。ネクタイの歪みを整え、上司の名刺交換が終わるのを待ってから相手の前に立ち、慣れた手つきで名刺を差し出したまではよかったのです。しかし差し出した名刺は、自分のものではなく、他の会社で交換した他人の名刺だったのです。しかも具合が悪いことに、相手が名刺を受け取ってから気づいたのでした。大切な客先でのことだったので慌ててしまい、間違いをわびるのもしどろもどろに。その間違いが尾を引いて、その後のプレゼンテーションも思うようにいかず、さんざんな結果となってしまいました。

☆なぜ名刺交換で思わぬ失敗をしてしまったのか
名刺入れが整理されていなかったのが原因です。忙しさにかまけて整理を後回しにしてしまい、お客様の名刺を溜め込んでしまったのではないでしょうか。そのため、自分の名刺を入れるポケットの中にお客様の名刺が混ざってしまい、運悪くその名刺を差し出してしまったのでしょう。名刺をよく見ずに差し出したのも誤りです。多少の緊張もあったのでしょうが、自分の差し出す名刺をチェックすることを怠ったのは、間違いでした。

☆正しく対応するためには
営業職ではない職種の場合、もらった名刺をすぐに整理する習慣が身についていない場合があります。しかしどんな職種であろうと、もらった名刺は当日か、少なくとも翌日には整理をするのが基本です。名刺入れから出して、名刺フォルダにきちんと整理しておく必要があるのです。
また相手に名刺を渡す際には、渡す名刺を事前にチェックするべきです。他人の名刺を渡すのは論外ですが、折れ曲がっていたり汚れていたりする名刺を渡すのも失礼です。しっかりと確認して、きれいな名刺を渡すようにしましょう。

☆名刺交換だけでなく、名刺保管にも気を配ろう
名刺を交換する際のビジネスマナーとして、おさえるべきことはたくさんあります。しかし交換さえ無事に済めばよいというものではありません。名刺本来の役目を考えれば、整理して保管するという作業が当然、必要となってきます。名刺交換後、帰社したならば名刺フォルダに入れて整理するだけでなく、相手の顔を思い出し、自分の頭の中でも記憶を整理する必要があるでしょう。その上でさらに、名刺管理ソフトなどを使っての情報管理も行っておきたいところです。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る