メイクリハーサルの重要性

概要

zさんは式前のメイクリハーサルを怠ったことにより、後悔の残る結婚式となってしまいました。

失敗事例

予算的に十分な余裕がなかったzさんと夫は、プランナーと綿密な打ち合わせをし、絶対に必要な費用、余裕があれば検討したい費用、考える余地もなく省きたい費用と仕分けし、低予算ながらも満足のいく結婚式にしたいと考えていました。
打ち合わせの中でプランナーに提案された「メイクリハーサル」。
zさんたちの予算についても把握していたからか、プランナーからも「メイクさんは経験豊富なプロなので必ずしもリハーサルをする必要はないですよ」ということでした。メイクリハーサルをしないといっても、希望のヘアスタイルやメイクは事前に写真で送ってあること、プロであることから、zさんは安心していました。
式当日は写真のようなすてきな髪型とメイクになると、zさんは待ち遠しく思っていたそうです。
しかし、式当日、記念すべき日に綺麗にメイクアップしてもらえるという期待は崩れ落ちました。
メイク担当の方はプロとして事前に写真を送った通り、完璧にスタイリングをしてくれました。けれども、zさんには絶望的に似合っていなかったのです。写真通りに仕上がると思っていたzさんは、本当にショックでした。
その後、挙式の時間が迫っていたので直すこともできず、zさんはその後も結婚式の写真を見返すことができないそうです。

正しい対応

「少しでも費用を抑えたい」という気持ちが今回の失敗を招いてしまいました。
メイクリハーサルをするだけでも、数万円という出費になったからです。
少ない予算の中で膨らみ続ける費用を少しでも抑えようと削った項目の1つがメイクリハーサルでした。
以前、友人の結婚式や晴れの舞台などで既に自分に似合う髪型、メイクであるということがわかっているのであれば、メイクリハーサルを省くことも問題ありません。
しかし、今回のように初めてする髪型やメイクである場合ならば、似合う似合わないがあるので、メイクリハーサルをした方がよかったでしょう。

解説

結婚式場によってメイクリハーサルの費用は異なりますが、だいたい1~5万円程度が相場となっています。時間は長ければ半日以上かかることもあります。
メイクリハーサルをすることによって、当日の髪型とメイクを事前に確認することができます。もちろん、式の当日も微調整はできますが、当日は想像している以上に時間がありません。
また、理想のメイクやヘアスタイルがあっても、いざやってみると似合わないといったことも多々あります。よって、式当日に満足のいく仕上がりにしたいのであれば、事前にメイクリハーサルをすると良いでしょう。
挙式や披露宴は1日限りのものですが、その思い出となる写真は一生残ります。
せっかくの晴れ舞台なので、心残りとならないよう、事前にメイクリハーサルをすることは無駄ではないでしょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る