結婚式の感謝の手紙で失敗してしまった

☆照れくささから感謝の手紙をふざけてしまった
今でも後悔しているのは、花嫁として迎えた結婚式での失敗です。私は式の終盤、両親に感謝を綴った手紙を読む段取りになっていました。しかし、いつも顔を合わせている両親に感謝を伝えるのは恥ずかしくなってしまい、手紙を笑いが多い、少しふざけた内容にしてしまったのです。ところが、会場のムードは美しい音楽が流れたり、照明が暗くなったりして感動を煽る演出が行われていました。そんななかで読み上げたギャグは、会場の空気を凍りつかせ、花婿も両親も苦笑いを浮かべるしかありませんでした。

☆感謝の手紙を読む意味を理解していなかった
私は「いつも顔を合わせているのだから、わざわざ結婚式場で感謝を伝えなくてもいい」と、勝手に考えていました。しかし、現実は逆で「いつも顔を合わせているからこそ、伝えられない言葉を伝える」ようにするべきだったのです。式のなかで感謝の言葉を伝える意味をまるっきり理解していなかった私は、式場にいた人たちを大いにしらけさせることとなってしまいました。また、当然私が感動的な手紙を読むものと思っていた式場のスタッフさんたちも、それに相応しい舞台を用意してくれたのに、肩透かしの内容となって申し訳なかったと思っています。

☆感謝の手紙は内容をじっくり考える
これから式場で、両親への感謝の手紙を読もうとしている人たちは、とにかく内容をじっくりと考えることをおすすめします。確かに、家族に対して真面目な言葉を綴るのは恥ずかしいものです。しかし、だからといって適当な内容にしてしまったら必ず後悔します。具体的な思い出を取り上げながら、「あのときはごめんね」などの今だから書ける手紙にすれば、両親との絆もますます深まるのではないでしょうか。本番ではスタッフさんたちが手紙を読み上げるのにぴったりのムードを演出してくれるので、意外に照れくささは襲ってこないものです。

☆新しい家庭を築くには今までの家庭に感謝を
考えてみれば、今の自分があるのは両親のおかげです。すてきな男性を見つけ、新しい家庭を築くに至ったのも、両親が大切に私を育ててくれたからなのです。こうした感謝の念は常に抱いていても、表現するチャンスは滅多に訪れません。結婚式でもないと、伝えられない言葉たちだといえるでしょう。新しい人生を踏み出す前には、今まで自分を育ててくれた家族の大切さに思いを馳せることが大切です。そうすることで、両親と同じ温かい気持ちで、夫や生まれてくる子どもに接してみようと思えるのではないでしょうか。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る