リフォームに欠かせないのはコミュニケーション

☆プランや予算も大切ですが
新しいキッチンやバスルーム、収納も新しくつくりたい、リフォームを考え始めると次から次へとやりたいことがでてくるものです。その他に気になるのは費用の面。ほとんどの場合には、プランやお金について家族で話し合いを行うことに多くの時間を費やすことが多いのではないでしょうか。しかし、確かにこれらは重要な要素ではありますが、大切なことは実際に工事が始まってから完了するまで気をぬけないということです。しっかり計画をたて、費用の面もクリアしたのになぜか失敗してしまったということもあります。実は失敗の原因にはコミュニケーションの問題があります。

☆業者さんとのコミュニケーション
計画が決まったら、予算にあったリフォームをお願いできる業者さんを探し、複数社から見積りをとってどの業者さんにお願いするか決める流れになるのではないでしょうか。業者さんが決まった後、営業担当者とのやりとりの中で疑問に思ったところはすぐに質問していますか。特に見積書はしっかりと確認することが大切です。工事内容によっては、別途費用がかかることもあり、気付いたら予算がオーバーしていたという可能性もあります。この時点で営業担当者に不明な点を確認しておかないと後でとりかえしのつかないことになります。

☆工事担当とのコミュニケーション
業者さんの営業担当とは分からないところはしっかり確認し、理解したから大丈夫と思っても、これで終わりではありません。実際に工事を担当するのは、リフォーム会社から委託された別の会社であることも考えられます。そのため、工事中もしっかり工事担当者とコミュニケーションをとることが大切です。例えば、設備や備品の発注ミスで自分が選んだ商品ではなかった、色が違った、ということも起こりえます。施工時にすぐに気付くことができればすぐにやり直しをお願いできますし、工事の工期が延びてしまったりすることを防いでくれるでしょう。

☆家族内でも思い違いは起こるもの
関係する業者の方達とは少し聞きすぎかなと思っても遠慮なく質問することが大切です。工事完了後にちょっとした疑問をそのままにしてしまったことがきっかけでトラブルになるよりはよいのではないでしょうか。さらに、家族がいる場合には同居する配偶者や親とも時間をみつけてコミュニケーションをしておいたほうがよいです。ちょっとした勘違いや思い違いはあるので、お互いにこんなはずではなかったということにならないように気をつけましょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る