キッチンリフォームの失敗事例

☆キッチンリフォームの失敗事例

キッチンにおける家具の機能的な配置は、効率のよい調理を行うためには必要不可欠な要素です。この部分をおろそかにしてしまったがために、調理に時間と手間がかかるようになった例があります。まず、シンクとコンロの幅が狭いため調理がしにくいというものです。この幅が狭いと、調理スペースが確保されないため料理の具材を扱いにくくなるのです。次に、冷蔵庫と調理スペースの幅が狭く、移動や冷蔵庫の開け閉めが困難になるという問題です。できた料理を運んでもらおうにも、狭くて他の人が入れないといったことに繋がります。

☆なぜキッチンリフォームで失敗するのか

キッチンの配置でミスをする原因として、シミュレーションと実際に使用するときのギャップが挙げられます。配置を考える際にはどのように動くのかイメージするものですが、キッチンは実用性が細かく求められるスペースであるために、イメージとのギャップが生まれやすいのです。具体的かつさまざまな調理シーンを想定してデザインを考えていかないと、いざ使用する際に問題が出てくるのです。

他の配置ミスを誘引するものとしては、サイズの計測不足があります。あらかじめ、どのようなサイズの家具をいれてどのくらいのスペースを確保するかを考慮しないと、何とか冷蔵庫は入ったものの移動がしにくいといった事態になりやすいのです。

☆ミスを減らすために必要なこと

キッチンを改良するためには、入念なシミュレーションと細部にいたるサイズの計測が必要です。そのための対策として、実際に調理活動を行ってイメージを明確にしていくことは有用な手段といえるでしょう。一人で行う日々の調理だけでなく、パーティーなどを想定して複数の人数で調理することもよいかもしれません。自分で実際に行うことで、好みもでてくることもあるでしょう。家具の配置やサイズ感についても具体的に数字を意識して確認しておくことで、イメージがしやすくなります。

☆キッチンの配置には原則があった?

キッチンの主な要素として、シンク・コンロ・冷蔵庫があります。これら3つをつないだスペースをワークトライアングルと呼びます。一般的に、これらの間を2~3歩で行き来できる距離感が一番効率がよいとされています。数字にすると、1辺が1.2~2.5mとされており、この三角の形が正三角形に近いほど作業がしやすいものとなります。
自分の主観ではミスすることもあるかもしれませんが、こうした具体的な数字を知っておくことで、大きなミスを予防することに繋がります。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 空き家は846万戸、総住宅数に占める空き家の割合は13.6%と過去最高を記録し、人口減少であるにもか…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る