エアコンが原因で壁紙補修!壁紙リフォームの失敗を防ぐには?

☆エアコン取り換えに伴い壁紙の補修費用が発生_x000d_
全面壁紙張り替えリフォームを実施しましたが、その翌年エアコンが故障してしまいました。エアコンの修理費が思いのほか掛かることがわかったので、エアコンを買い替えることにしましたが、最近の機種はコンパクトなものが多く、以前と同じサイズのエアコンが見つかりません。エアコンの裏側は壁紙を張り替えていなかったため、新しいエアコンを設置するとサイズが以前より小さい分、リフォーム前の張り紙が見えてしまう状態です。内装業者にきてもらう必要が生じ、補修費用がかかることになりました。_x000d_
_x000d_
☆エアコンの老朽化が予想以上……以前使用した壁紙が廃盤になっていたアクシデントも。_x000d_
エアコンがまだ故障するとは思っておらず、状態をしっかりと調査していなかったのが失敗の要因です。仮に故障したとしても新しいエアコンを付け替えることで、エアコンの裏側の古い壁は隠せると考えていました。また壁紙を少し張り直す程度の修正は容易だと思い込んでいましたが、以前使用した壁紙が廃盤になっており、似たデザインのものを探すのに四苦八苦する結果に。時間も費用も予想よりもかかってしまいました。_x000d_
_x000d_
☆壁紙の張り替えとエアコンの交換は同時期が理想的?_x000d_
壁紙を張り替える際には、エアコンの交換時期と合わせると合理的です。エアコンの状態をよく考慮しましょう。エアコンをはずすとなると脱着費用がかかりますが、周囲から壁紙を差し込むことで、取り付けたまま張り替える方法もあります。この方法でもエアコンを外すと以前の壁紙が見えてしまうのは変わりませんが、周囲から壁紙を差し込んだ分、古い壁の部分は狭いです。今回のように新しいエアコンがコンパクトになった場合でも、付け替えることでまた古い壁紙を隠せる可能性があります。_x000d_
_x000d_
☆壁紙のトラブルは意外と多い!エアコン以外にも壁に接しているものは要注意_x000d_
壁紙のリフォームはあまりトラブルが起きないように思えるかもしれませんが、油断は禁物です。今回のようなエアコンに関するトラブルはよくあることです。エアコンだけではなく、壁に接しているものはしっかり確認しておきましょう。カーテンレールのように取り外し可能なものはいったん外して、下の部分まで壁紙を張り替えるようにしましょう。壁紙を張り替えることで周囲が綺麗になる分、スイッチプレートの古さがピックアップされることがあるので、同時に交換することをおすすめします。また今回のようなトラブルが発生することを考慮して、工事の際にあまった壁紙は取っておくと安心です。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る