新居が傷と汚れでいっぱいに! 粗雑な引っ越し業者に気を付けよう

概要

Aさん夫婦は長く住んでいたアパートから新居の一戸建て住宅への引っ越しを予定していました。新しい生活をスタートするにあたり、すでに家具や家電製品を複数買い替えていたため、居住しているアパートの部屋は手狭な状態になっていました。そのため、Aさん夫婦は大量の荷物の梱包や輸送について素人作業では対処ができないと考え、専門の業者に依頼することを考えました。

失敗事例

Aさん夫婦は荷物の梱包から運搬、さらには作業後の清掃にいたるまですべての作業を行ってくれる業者を探しました。荷物の多さから準備も面倒になると考え、手間をかけずに引っ越しを行うことを希望していました。やがて、すべての作業を作業員が行い、依頼者は一切の手間をかける必要がないプランを提唱しているB業者の存在を知ったAさん夫婦はすぐに連絡を取り、詳しい説明を聞こうと試みましたが、ここで業者の実績や評判の確認を怠るという失敗をしました。
引っ越しに関する問い合わせを受けたB業者は翌日にはAさん夫婦が暮らすアパートを訪れ、一切の作業を業者に任せるプランをしきりに勧めてきました。荷物の梱包から車両への積み込み、新居での荷卸しなどの作業をすべてB業者の作業員が行うのでAさん夫婦は何も手伝う必要がないことをアピールしてきましたが、Aさん夫婦は、荷物の量に対して作業に従事する人員が多いことや車両が大きすぎることが心配でした。特に車両の大きさについては、現在住んでいるアパートも新居である一戸建ても狭い路地に面して建っていたことから横付けができないことを危惧しました。しかしAさん夫婦はB業者の強引なプラン勧誘に押し切られる形で契約を結んでしまい、疑問点を訪ねることができないという失敗をしてしまいました。そのため、引っ越し当日に大きなトラブルに見舞われることになりました。
引っ越し当日、午前中にB業者が訪れましたが作業に使うトラックが大きすぎたためにアパートに横付けできず、約50メートル離れた表通りまで荷物を手作業で運ぶことになりました。荷物の梱包について、Aさん夫婦は一切の作業を業者の人が行うプラン契約を結んでいたことに対して現場に訪れた作業員の人はそのことを把握していなかったことが明らかになりました。そのため、梱包材を営業所からあらためて持ってくる必要が生じてしまい、引っ越し作業が大きく遅れてしまいました。そのため、時間をかかるとの理由で室内には養生が施されず、玄関以外にベランダも開放して荷物を車両に積み込むことになりました。梱包も雑な仕上がりで、緩衝材を使わなかったり包装紙が破れていたりと、荷物を保護する効果が無い状態で乱暴に車両に放り込まれました。作業員はマットが敷かれていない床を土足で行き来していたこともあり、すべての荷物を車両に積み込んだころにはアパートの部屋は壁にいくつもの擦り傷やへこみが生じていた他、床は泥まみれになっていました。新居である一戸建てでの荷卸し作業もアパートと同様に狭い路地にトラックが入れないことから、表通りから離れた位置にある目的地まで荷物を手作業で運ぶことになりました。時間がないとの理由で新居でも養生は行われず、荷物の扱いにいたっては中身が食器類や家電製品であっても力まかせに放り投げておしまいという有り様でした。アパートと同様に壁に無数の傷が生じ、床に至ってはフローリングの目地に汚れた小石が詰まってしまい、床材が割れてしまうトラブルが生じていました。荷物も破損や紛失が複数発生していたため、Aさん夫婦はB業者に対して新居の修繕費と荷物の弁償を請求しました。

正しい対応・解説

Aさん夫婦が引っ越しで大きなトラブルにみまわれた原因はB業者の強引な勧誘に押されてしまい、疑問点の確認ができなかったことでした。荷物の量や新居の立地環境などを踏まえて適切な作業プランを提示できる優良な業者を選ぶことでこの失敗は回避できましたが、Aさん夫婦はB業者の言うがままに契約してしまい、荷物の破損や新居の傷などのトラブルに困る状況に陥ってしまいました。引っ越しを行う場合、複数の業者を比較したうえで自身の荷物の量と作業プランが釣り合っているところを選ぶのが重要なポイントです。また、荷物の扱いや作業内容についても依頼者の預かり品や生活の場を丁寧に扱うことを心がけるのが良い業者の条件なので、作業費の安さや業者の知名度だけで安易に契約を結ばず、必ず事前に評判や実績を確認することが大切です。さらには、実際に業者の事業所や作業内容を自分の目で確認しておくことも効果的です。優良な業者は作業に従事する人が無駄の無い効率的な動きをする他、お互いの意思を共有して業務に当たっているので常に最適な対処ができるようになっています。また、引越作業に使う梱包材などの資材も整頓して保管している傾向があります。引越は新生活を始めるために必要な準備なので、トラブルが発生しない、満足できる結果に繋がる誠実な作業を行う業者に依頼するのが重要です。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  2. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
  3. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
ページ上部へ戻る