懐石料理をいただく際に知っておきたい香水のマナー

#香水で料理の匂いが台無しに
彼氏との結婚が決まって両家の顔合わせ食事会を行うことになった場合、誰もが素敵な会場で和やかに顔合わせが進むことを期待するのではないでしょうか。しかし、食事会の会場は懐石料理を楽しめるお店など、改まった場所で行われることも多いです。そのため、いつもよりおしゃれをしようと思って香水をつけすぎてしまう人もみられます。香水をつけすぎるとその匂いが通されたお店の個室に充満して、せっかくの料理の匂いが台無しになってしまう可能性があります。大切な食事会で気まずい思いをしないためにも、マナーは事前にしっかり押さえておきましょう。

#懐石料理の基本マナーを知らなかった
懐石料理を味わう機会は普段ほとんどないという人も多いため、マナーを知らないという人もいるのではないでしょうか。基本的なマナーを知らないまま食事会へ足を運ぶと、今回のような失敗を招いてしまう場合があります。特に、結婚前に行う両家の顔合わせ食事会など改まった席では、メイクや服装に気をつかうあまり香水もつけすぎてしまったという人もいるでしょう。また、毎日香水をつけることが習慣になっている人は、懐石料理を楽しむ席でも無意識にいつもと同じ量の香水をつけてしまう場合があります。

#正しいマナーを理解して気持ちよく食事をしよう
懐石料理が出されるお店など、普段あまり利用することがない高級感漂うお店に行く際は、あらかじめ正しいマナーを理解しておくことが大切です。書店に行けば和食のマナーについて詳しく書かれた書籍が置いてありますし、基本的なマナーならネットでも簡単に情報収集することができるでしょう。その他には、両親や親戚、会社の先輩など人生経験豊富な人たちに相談するのも1つの方法です。懐石料理のマナーを分かっていれば、気持ち良く料理を楽しむことができるのではないでしょうか。

#同席する人や料理人の気持ちを考えながら食事を楽しむことが大切
懐石料理は舌だけではなく五感で味わうものなので、料理の匂いを堪能することも楽しみの1つといえるのではないでしょうか。自分の香水の匂いのせいで料理の繊細な匂いを台無しにしてしまっては、同席した人に不快感を与えてしまう場合があります。また、お店で出される一つ一つの料理は、すべて料理人が丹精込めてつくりあげたものばかりです。その味や匂いを台無しにしないのはもちろん、料理人に対して感謝の意を表すためにも、香水はつけすぎないようにすることが大切だといえるでしょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る