ツケが時効になっていた

PP08_A31

バーを経営しているAと申します。当店は基本的に現金またはクレジットカードで飲食代をお支払いいただくことにしておりますが、一部のお客様については、いわゆる「ツケ(売掛金)」も認めておりました。
今年に入り、売掛金扱いにしていたお客様のうち、ある1社(X社)の業績がかなり悪化した、という話を聞きました。実はそのお客様は、1年半前からのツケがずっとお支払いいただけない状態が続いておりました。
ただ、これまで毎月請求書をお送りしておりましたし、売掛金の時効は2年、という話も聞いておりましたので、あと半年のうちに何かできないか、と考えているうちに決算を迎えました。
顧問税理士から売掛金について質問があったため、X社の話をしたところ、「X社への売掛金の一部はすでに時効を迎えていますね」と指摘されました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



ツケが時効になっていた[飲食業...

ツケが時効になっていた
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る