妻に月給80万円支払った

PP08_D26

私は都内で飲食店を経営している者(個人事業者)です。
店をオープンした当初は社員が1名いれば十分と思っておりましたが、次第にお客様が増えてきて忙しくなってきたこともあり、今年から妻にも店を手伝ってもらうことにしました。
仕事の役割分担は、私が主に調理関係を担当し、社員と妻が主にホールを担当しています。店での2人の仕事内容及び勤務時間は、ほぼ同じような内容になっておりますが、妻には勤務時間後に家で帳簿もつけてもらっています。
給与は社員が月給25万円で、妻には月給80万円を支給していました。妻に給与を支払うための税務上の手続き(青色事業専従者給与に関する届出)については適正に処理をし、届出書に記載した支給金額の上限については月給80万円としており、限度額を超えたことはありませんでした。
年末が近づき、顧問税理士と打ち合わせをした時に今期の経営報告と併せて妻に対する給与についても報告をしたところ、
「社員の給与(月給25万円)と奥様の給与(月給80万円)との差額が大きすぎる。家で帳簿を付けている作業を勘案しても、税務署から『80万円は高すぎる』と指摘されるかもしれない」と言われました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



妻に月給80万円支払った[飲食...

妻に月給80万円支払った
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る