相続に備え、個人所有の土地を会社に売却した

008ディナーショー

飲食店を経営するAと申します。起業して30年、様々なことがありましたが、経営は軌道に乗り、幸いにも長男が私の店を継いでくれることも決まりました。最近は体調が思わしくなく、ちょっと気が早いかもしれませんが、長男への事業継承を考えるようになりました。その第一歩として、会社に賃貸している私の土地(5年以上保有している)を、会社に売却することにしました。
ずいぶん前に購入した土地ですので、かなりの売却益が出て税金を払ったのは痛手でしたが、長期間保有していた土地の売却益に対する税金は20%まで下がった、ということですから、損はしていないだろうと考えていました。
ところが、顧問税理士にこの話をしたところ、
「社長がお持ちの土地は、跡継ぎのご長男に相続されて相続税の取得費加算の特例を使ったほうが、もっと有利だったかもしれません。」
と指摘されました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



相続に備え、個人所有の土地を会社に売却し...

相続に備え、個人所有の土地を会社に売却した
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る