決算期を3月にした

PP08_A08

10年前から飲食業界で働いており、いずれは自分の店を持ちたいと考えていたAと申します。今年1月、大変に良い物件が出たことを機に、法人を設立し起業しました。(この物件、「春は花見と春祭り、夏は花火、秋は紅葉が美しい公園」のほど近くであり、かつ周りにオフィスも多く、ビジネスランチ客も見込めます)おかげさまで店は順調、忙しすぎるくらい忙しい日々でしたが、問題が発生しています。
決算期を3月末日に決めたのですが、3月下旬から4月中旬にかけては花見客に加えて会社の歓送迎会が立て込み、その忙しさのまま5月の春祭りシーズンに突入してしまい、日常の経理処理もままならないまま申告期限が刻一刻と近づいてきてしまいました。
慣れない経理作業は閉店後にこなすしかなく、毎日ほぼ徹夜を続け、日常の忙しさと相まって体をこわしてしまいました。
会社の決算と言えば3月、という印象があったのですが・・・。

電子書籍のお買い求めはコチラ



決算期を3月にした[飲食業経...

決算期を3月にした
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る