回収の目途がつかない売掛金について貸倒損失を計上した

PP08_A09

弊社は、飲食店業を営んでいる法人です。自家製の焼きたてパンが人気を呼び、業績は好調です。パンについては、店舗での食事に出しているほか、他の飲食店にも販売しております。このたび、3年ほど前からパンを販売していた飲食店A社に対する売掛金30万円について、回収の可能性がないと判断し、決算書上、貸倒損失として処理しま
した。
A社は経営不振により売掛金の支払いが遅れるようになったため1年以上前にパンの販売は停止しています。
その際にA社の社長より、「売掛金の返済については資金繰りの都合もあり、毎月1万円ずつを返済します」と約束してもらいました。ところが、弊社の決算期末の3ヶ月前までは毎月1万円の入金がありましたが、それ以降返済が滞っている状態です。A社は営業を続けておりますが、A社の社長とは連絡がつかず、返済の意思がないものと判断しました。
その後、税務調査があり調査官から、「貸倒損失30万円については、回収の可能性がないとは言えないため、損金に算入することは認められません」と言われました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



回収の目途がつかない売掛金について貸倒損失を...

回収の目途がつかない売掛金について貸倒損失を計上した
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る