設立時に名前を借りた株主の遺族から株式の買取請求を受けた

001居酒屋

バブル経済華やかなりし1986年に脱サラして飲食業の法人を設立したAと申します。その後、経営難の時代も何とか乗り切り、おかげさまで今では地元を中心に4店舗を展開するまでに成長することができました。当期も業績は極めて好調なため、5店舗目の出店計画を立てていたところでした。
そんな折、サラリーマン時代の同僚B氏のご子息、という方が突然当社に来られました。すっかり縁遠くなっていたのですが、B氏は数ヶ月前、病気のため他界したそうです。
ご子息が続けた次の話には、さらに驚きました。
「生前は、父が大変にお世話になりました。調べたところ、父は御社の株を少し持っていたようなので、お返しに上がりました。つきましては、適正な価格で買い取っていただきたいのですが」
というのです。
確かにB氏は、私が法人を設立した時に、株主として名義を借りた人ではありますが、実際に資本金を払い込んだのは私だけであり、B氏は一切、払い込みをしていません。
ご子息はじめ遺族の方は、B氏が当社の株主であることすら知らなかった、ということです。今さら当時のいきさつを話しても問題がこじれそうですし、B氏にはお世話になりましたから税理士と相談し、B氏の株式を買い取ることにしました。
これが思わぬ出費となり、新規出店の話は延期せざるをえませんでした。

電子書籍のお買い求めはコチラ



設立時に名前を借りた株主の遺族から株式の買取請...

設立時に名前を借りた株主の遺族から株式の買取請求を受けた
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る