和食店を経営する父の会社に、当社のビルを売却した

005モツ鍋店

私は焼き鳥店を経営するA社のオーナー(A社には100%出資)を務めているXと申します。
今期、A社にはかなりの利益が見込まれるため、A社の持つビル(簿価3000万円)を、私の父が100%出資しているB社(和食店を経営)に2500万円で売却することにしました。これでA社の利益を500万円減らすことができ、さらにA社には売却代金2500万円も入ってきて、完璧な決算対策ができた、と思っておりました。
決算を迎え、顧問税理士にビル売却の旨を報告したところ、
「今はグループ間での100%支配グループ内の資産の移転に伴う譲渡損益は、法人税法上繰り延べになります。A社に計上されている売却損500万円は損金に算入できません。」
と指摘されました。
A社とB社の間には資本関係がなく、グループ内法人になるなんて思ってもいませんでした。また、これまではグループ内で資産の売買をしたときでも、譲渡損益を認識していたと思うのですが…。

電子書籍のお買い求めはコチラ



和食店を経営する父の会社に、当社のビルを売...

和食店を経営する父の会社に、当社のビルを売却した
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る