開店準備の途中で自己資金が底をついた

自己資金で店を持ちたい、と考えたのが20年以上前。メーカー勤務のサラリーマン生活を送っていましたが、ここにきて資金的に十分になった、と考えて会社を早期退職し、店を持つことを決めました。
店舗の保証金、敷金、家賃などの物件費は事前にリサーチし、内装デザインや厨房設備、電気ガス水道工事費用も早い段階から見積もりを取り、初期の仕入費用もおおざっぱに計算し、さらに予備費として200万円ほど準備をしておりました。
ところが実際に開店の準備にかかると、電気の容量が足りず、思っていたよりも多額の電気工事代がかかってしまったり、店内で使う家具もあまりみすぼらしいものにするわけにもいかず、開店どころか途中で自己資金が底をつく始末。親類に頭を下げてお金を借りることができたのですが、見通しが甘すぎたことに反省しきりです。

電子書籍のお買い求めはコチラ



開店準備の途中で自己資金が底をついた...

開店準備の途中で自己資金が底をついた
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る