長男に店の全ての資産を相続する旨、遺言を書いた

007焼肉屋

中華料理店を経営する法人Tの代表取締役のAと申します。私には妻(B)のほか、子どもが2人(長男C、次男D)おります。このたび、長男Cは私の店を継いでくれることになりました。私が100%所有する当社(T社)の株式は、跡継ぎである長男が全株相続するのが当然と考え、念のため遺言を残すことにしました。
遺言ができあがったので顧問税理士に相談したところ、
「ところでAさんにはT社株式以外の財産はありますか?」
と尋ねられました。他にめぼしい財産がないことを言うと、
「この遺言では長男Cさんは妻Bさんと次男Dさんから遺留分減殺請求を受ける可能性もありますね」
と指摘を受けました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



長男に店の全ての資産を相続する旨、遺言を書...

長男に店の全ての資産を相続する旨、遺言を書いた
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る