領収書に印紙を貼らなかった

PP08_C12

私は都内某所で法人を設立し、和食の飲食店を経営しています。開業してから今年で約5年が過ぎるところです。開業当時は色々と大変でしたが、老舗での長い下積み時代があったため料理の味には自信があり、次第にお客様も増え経営が安定し始めましたので3年ほど前からお昼についてはお弁当のデリバリーサービスを始めました。
デリバリーサービスは開始当初から店舗近辺で事業展開をする大手企業グループと契約し、現在では20社ほどにデリバリーサービスを行っています。
集金の方法については、各社1日あたり30,000円〜50,000円の売上で毎回、配送す
るたびに現金で受領し、1枚の領収書(例えば売上金額が1人当たり800円で50人分の場合には合計40,000円と記載した領収書)を手渡しする手法をとっておりました。
そしてこの度、税務署から「印紙税の調査をしたい」との連絡があり印紙税の調査を受けることになりました。調査に至った経緯は配送先であった大手企業グループの関連会社1社に調査が入り、弊社が発行していた領収書に印紙が貼っていなかったことが判明したという、いわゆる「反面調査」によるものでした。
調査の結果ですが、本来は印紙税の罰金として通常納付する印紙税の3倍の過怠税を納付しなければならない、との指摘を受けました。税務署との交渉により、今回は自主申告扱い(通常納付する印紙税の1.1倍)して3期分の過怠税を支払うことになりましたが、思わぬ出費となってしまいました。
○自己申告扱いとなった過怠税
200円×22日×12ヶ月×3期分×1.1=174,240円

電子書籍のお買い求めはコチラ



領収書に印紙を貼らなかった[飲食...

領収書に印紙を貼らなかった
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る