お客様アンケート好感度1位のスタッフに景品をプレゼントした

PP08_F04

私は都内で法人を設立し、焼肉居酒屋を経営しています。店で扱うお酒や食材は高級なものから安価なものまで取り扱っており、そのような経営戦略が功を奏し幅広い客層から支持を得ています。ただ食材だけではなく接客サービスにも力を入れており、従業員のモチベーションを維持する意味で以下のコンテストを行っておりました。な
お、景品は現金ではなく、仕入れたお酒や食材を景品として渡しています。
○コンテストの内容
来客されたお客様にアンケート用紙を配り、印象の良かった従業員を1名選んでもらう。
○景品の内容
毎月1回、コンテスト優秀者を1人選び表彰し、景品(販売価額で5万円相当のもの)をプレゼントする。
今期も決算が近づき、顧問税理士と打ち合わせをすることになったのですが、その時に初めて上記のコンテストを行っていたことを話したところ、仕入れた商品をコンテストの景品(景品総額は毎月5万円×12ヶ月で60万円相当のものである)として従業員に与える行為は現物給与に該当し、源泉税を徴収する必要があることを指摘されました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



お客様アンケート好感度1位のスタッフに景品をプレ...

お客様アンケート好感度1位のスタッフに景品をプレゼントした
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る