原価から逆算してメニューの単価を決めたのに利益が出ない

PP08_F09

ステーキハウスを経営しているAと申します。開店にあたって、仕入原価率は35%と定め、仕入値に対して35%になるように料理単価も決定しました。
当店の場合、競り市で直接、枝肉(牛をと場でと畜して皮をはぎ、頭部と内臓と肘(ひじ)から下の肢を切り離して左右に半分割された状態の骨付き肉)を購入しています。平均的な仕入価格は1㎏3,500円で、1人前は200gで提供していますから、1人前の原価は700円。メニューの価格は2,000円に設定しています。
ところが実際に営業がはじまると、きちんと原価率を設定したはずなのに利益が出ません。経費をかけすぎているわけでもなく、何が問題だかわからないまま、当期は赤字決算を迎えそうです。

電子書籍のお買い求めはコチラ



原価から逆算してメニューの単価を決めたのに利益...

原価から逆算してメニューの単価を決めたのに利益が出ない
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る