これまで30年以上、個人開業医として地域医療に携わってきましたが、このたび医療法人として新たな一歩を踏み出すことにいたしました。新しい法人に対しては、代表者である私が個人診療所を経営していた際に有していた資産など1,300万円の基金を拠出しております。ところが、事務長から「資本金の額又は出資の金額が1,000万円以上だし、院長の個人診療所時代の課税売上も1,000万円以上ですから、初年度から消費税の課税事業者になるのでは」という指摘を受けました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る