親族の会社をグループ法人と認識していなかった

社長一族が経営権を握るP社グループは、現在社長一族を頂点とし、持株会社であるP社を始め多くの子会社がP社グループに所属しています。
他者との合弁で設立した会社や、P社から会社分割により設立した会社もあります。またP社グループには属していない社長の弟が経営するQ社グループとも取引があります。その他の親族が経営する会社もあるようですが、社長は、P社グループ各社間の取引状況と持株の関係を考えたことはありませんでした。また、その他の親族の経営する会社については持株関係すら知りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る