非適格合併をした子会社の譲渡損益調整資産もそれに該当しない資産も同様に簿価で受入れ処理を行い、申告調整しなかった

PP08_F03

飲食店のグループ会社です。平成22年10月31日付けで親会社A社(合併法人)と子会社B社(被合併法人)は非適格合併により合併をしました。
B社の合併直前の貸借対照表上には、譲渡損益調整資産に該当する資産C(簿価1,800万円、時価2,000万円)と譲渡損益調整資産に該当しない資産D(簿価600万円、時価900万円)があり、A社は、どちらの資産も簿価で受入れ処理を行い、申告調整をせず申告しました。また、B社についてもA社と同様に簿価での引継ぎ処理を行い、申告調整をせず申告しました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



非適格合併をした子会社の譲渡損益調整資産もそれ...

非適格合併をした子会社の譲渡損益調整資産もそれに該当しない資産も同様に簿価で受入れ処理を行い、申告調整しなかった
価格:50円(税込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る