就業規則に定めた休職期間を過ぎても復職できない社員を解雇する

PP08_C05

従業員5人の印刷会社です。長年勤めてくれていたNさんが病気で入院することになり、休職しました。就業規則に定めている休職期間は6か月で、復職できない場合は解雇としています。Nさんは6か月を過ぎても復職できないことがわかったので、残念ながら解雇することにしました。これまで会社に貢献してくれていたので可哀想ですが、私たちのような小さな会社は、待ち続けることはできません。休職期間満了の1週間前、わずかですが退職金を上乗せする旨を伝えると、「解雇予告手当はどうなりますか」と聞かれました。 

電子書籍のお買い求めはコチラ



就業規則に定めた休職期間を過ぎても復職できない社...

就業規則に定めた休職期間を過ぎても復職できない社員を解雇する
価格:50円(税5%込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る