ケガで休職中の従業員が出社してきたが完治していないので休職期間満了退職扱いにした

PP08_A10-

運送業をしているA社の人事担当です。当社のドライバーをしている従業員のRが休日に交通事故にあい、全治3か月の重傷を負いました。当社の就業規則では、私傷病による休職期間を2か月としています。Rは正社員で、特定の職務に就かせるといった労働契約を結んでいるわけではありません。
 Rは休職期間満了の前日に退院し、翌日から出勤しましたが、ケガは完治していません。診断書には「軽作業なら復職可能」とあります。事務作業ならできるでしょうが、ドライバーの仕事はできないと判断したため「休職期間満了で退職扱いとする」と伝えました。しかし本人は「確かに完治はしていないが、十分に仕事はできる。もう少し待ってもらえればドライバーだってできる」と、納得していない様子です。

電子書籍のお買い求めはコチラ



ケガで休職中の従業員が出社してきたが完治していな...

ケガで休職中の従業員が出社してきたが完治していないので休職期間満了退職扱いにした
価格:50円(税5%込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る