解雇予告手当狙いにひっかかった

PP08_A14-

従業員8人のデザイン会社Aの代表です。業績が伸びて忙しくなったので、事務員としてBさんを採用しました。とても感じがよく頑張ってくれそうだったのですが、入社14日を過ぎてから態度が豹変しました。挨拶や返事もせず、なかなか仕事にとりかかりません。他の従業員が忙しくしているときに、電話もとらないのでつい「やめてしまえ」と言うと、「解雇ですね」と言われました。当社は試用期間を2ヶ月と定めています。しかし、14日を過ぎているので、納得いきませんが、平均賃金30日分の解雇予告手当を支払うことになりました。あとからBさんの履歴書の職歴をよく見てみると、1ヶ月程度で職場を転々としています。

電子書籍のお買い求めはコチラ



解雇予告手当狙いにひっかかった[解雇・...

解雇予告手当狙いにひっかかった
価格:50円(税5%込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る