自ら退職した従業員が「自分は解雇された」と主張している

PP08_D27-

建設業の会社の人事担当をしています。55歳になる従業員Rに、力仕事を伴う従前の職務ではなく他の軽微な業務へ配置転換をする旨伝えたところ、Rは退職を申し出ました。
 退職の手続きをし、自己都合による退職として離職票も発行したのですが、後日ハローワークからRは解雇だと主張しているとの連絡がありました。失業手当の手続きに行って、そのように言っているそうです。
 会社はRを解雇するつもりはなく、本人が退職すると言ってきたのですから自己都合退職で正しいはずです。解雇を争うことになったら、どうしたらいいのだろうと不安です。

電子書籍のお買い求めはコチラ



自ら退職した従業員が「自分は解雇された」と主張し...

自ら退職した従業員が「自分は解雇された」と主張している
価格:50円(税5%込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る