インフルエンザにかかった社員の自宅待機の期間の賃金を払わなかった

PP08_C23

ソフトウェア開発会社の人事担当をしています。先日、従業員Hが季節性インフルエンザにか
かったとのことで本人から電話がありました。当社は非常に忙しい時期であり、他の従業員に感染しては大変です。5日間の自宅待機を命じました。
 ネットで少し調べてみたところ、法律では「病者の就業禁止」といって、伝染病にかかった者の就業を禁止する義務があり、その間の賃金は支払わなくていいようです。ですので、Hが自宅待機をしている5日間については賃金を支払いませんでした。すると、Hは「3日程度で治ったのに、出社させてもらえなかった」と抗議してきました。

電子書籍のお買い求めはコチラ



インフルエンザにかかった社員の自宅待機の期間の賃...

インフルエンザにかかった社員の自宅待機の期間の賃金を払わなかった
価格:50円(税5%込、送料込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. cover09.fw
    不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. cover11
    2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. cover10.fw
    「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る