リフォーム業者の訪問営業に対する失敗事例

☆好条件を提示された工事が手抜きだった事例
リフォーム業者の営業マンが訪ねて来て「外壁の状態が悪そうなので気になって声をかけさせてもらいました。費用は結構ですので、点検をさせてもらってもよろしいでしょうか」と言うので無料ならと見てもらったところ、「このまま放置していると壁の内部が腐食してしまい、修理費に何百万もかかることになります」と言われました。しかも、「当社なら相場の半額で修復工事が可能です」という話だったのでお願いしたところ、その後1年足らずで塗料の剥離が目立ち始めたのです。業者に電話しても連絡がつかず、結局他の業者に再塗装をお願いすることになりました。

☆悪徳業者の共通パターン
訪問営業がすべて悪いというわけではありませんが、悪質な手口を用いている業者には共通したパターンがあります。言葉巧みに家の中に入り込み、点検と称して不安感をあおった上で、値引きや無料をちらつかせて工事の早期契約に持ち込むというものです。こうした行動を取る業者には注意が必要です。

☆業者は複数の候補から選ぶのが基本
まず、どんなに好条件を提示されてもその場で契約書にサインをしてはいけません。家の修復工事を依頼する際は複数の業者に見積もりを出してもらい、値段だけではなく、工事の方法なども詳しい説明を受けるようにしましょう。その際に、疑問に思った点はメモをしておき、他の業者にも意見を求めるようにすれば、悪質な手口に騙される確率も低くなるでしょう。また、悪徳業者に付け込まれないためには定期的に屋根、外壁、床下、給排水管などの点検を受け、家の現状を把握しておくことも大切です。さらに、契約後におかしいなと感じた場合は、一刻も早く「財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」や「国民生活センター」などに相談をするようにしましょう。

☆業者の基本的な選び方
いざという時に良い業者を選ぶためのポイントを知っていれば、失敗をする確率はぐっと低くなります。まず、国土交通大臣か都道府県知事に建築業の許可を得ていることは最低条件です。次に、ネットなどでリフォーム業者としての経験や実績が豊富にあるかを調べてみましょう。そして、得意とする分野が依頼する内容と合致する業者をピックアップしてください。できれば、トラブルがあった時にすぐに来てもらえるように事業所がなるべく自宅の近くにあるところがベターです。あとは、担当者とじっくり話をして対応は丁寧か、こちらの意図を十分にくみ取ってくれるかなどといった点を確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る