小型冷暖房家電をプレゼントする際の注意点

☆安物の冷暖房器具には要注意
家電をプレゼントとして送る人が増えていますが、冷暖房器具をプレゼントする際は注意が必要です。例えば、小型の扇風機や足元におけるファンヒーターなど、近年ではプレゼントとして最適な小型の冷暖房器具もあります。しかし、きちんとしたメーカー品のものならまだ良いのですが、家具屋さんで売っているようなどこのメーカー品か分からない機器には要注意です。私は家具屋さんで売っていた足元を温めるファンヒーターを友人に結婚祝いとして送り、のちにそれがリコールされるという失敗をおかしてしまいました。

☆見た目はオシャレ!でも機能は…!?
家電を贈り物として選ぶ場合、相手が本当に欲しいものをあげた方が良いと言います。私も友人に何が欲しいか確認したところ、「寒い地域に嫁ぐので、足元を暖められる小型ヒーターが欲しい」と言われました。ちゃんと何が欲しいか聞けたので、小型ヒーターさえ選べば失敗はしないと思っていました。また、家電の贈り物で多い失敗例として、見た目やセンスが合わずに使いにくいことがあるとも聞いていました。そのため、なるべくオシャレなものを選びたいと考えていたのです。その後、ある家具店でとてもオシャレでスタイリッシュな小型ヒーターを見つけ、これならどの部屋にでも似合うと思い、見た目重視でそのヒーターを選びました。しかし、のちにヒーターの吹き出し部分に欠陥があることが分かり、リコール対象になってしまいました。

☆見た目より機能性、複数の商品を比べることが大切
自分の失敗から学んだことは「見た目よりも、機能性が高い国産メーカーのヒーターを選ぶべきだった」ということです。贈り物にはある程度の見た目も大切ですが、家電を選ぶのであれば、リコール対象にならないよう、機能性はどうかしっかりと確認することが大切です。壊れにくく、長く使えるものが良いでしょう。それを選ぶには「複数の商品を見比べること」が大切です。自分の場合、家具店で目に入ったヒーターを一目で気に入り、他の商品と比べないで購入してしまいました。自分で使うならそれでも良いのでしょうが、贈り物として購入するなら他の商品も見るべきです。その結果、贈り物としてふさわしいものかどうかが判断でき、相手にとっても嬉しい家電を贈ることができるでしょう。

☆暖房器具のプレゼントは慎重に
小型の冷暖房器具が増えている現在、こうしたものをプレゼントに選ぶ人も増えているようです。冷暖房器具はインテリアにもなるため見た目も大切ですが、肝心な機能性はどうなのか確認することが大切です。万が一、リコール対象などになってしまうと、特に暖房器具の場合は最悪火災の原因にもつながりかねません。信頼できるメーカーかどうか、暖房器具としての実績があるかどうかなど、購入の際は販売員に聞いてみても良いでしょう。

転ばぬ先の杖!

関連記事

紙書籍

  1. 不動産業における法人税、消費税、所得税、固定資産税の失敗しがちな事例ごとに不動産業会計・税務のプロが…
  2. 2015年1月1日に施行された相続税及び贈与税の税制改正により、相続税について定額控除額の引き下げや…
  3. 「税理士が見つけた!(本当は怖い)建設業経理の失敗事例55」は「失敗から学ぶ実務講座シリーズ」の10…
ページ上部へ戻る